CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
12月のお誕生会 [2020年12月28日(Mon)]

 12月25日(金)、1〜3年生のお誕生会がありました。
 お誕生者は1年生O君、2年生Kさん、3年生S君の3名です。(当日は2学期の終業式ということもあり、O君とKさんはお休みでした)
 司会は3年生のKさん。会場は本館。
 子ども達は、(コロナ感染対策のため)二つの部屋に分かれたままで、誕生会をおこないます。

 司会者が3年生のS君の名前を呼び、お誕生会の始まりです。ゲームはできないので、3年生のN君が「なぞなぞ」を出してくれました。問題は全部で4問。
 
 「次の問題は、『アラスカでくじをひいたら何がでるかな?』」
 子ども達は「アラカ?」
 N君「おしい〜」
 子ども達「ラス? スカ!!」
 N君「あたり」

 しかし、答えが「スカ」と言われても、みんなピンときません。
 
 N君が「くじのはずれのことだよ」
 子ども達「へぇー」

 今の子ども達は「スカ」という言葉は聞き慣れない、使うことのない言葉のようです。

 素ばなしは小幡さんの「ろうそく」。(子どもに語るアンデルセンのお話(松岡享子/編こぐま社)クリスマスにぴったりのお話しで、一年生もよく聴いていました。

 おやつは、洋風デザート(ティラミス系、チーズ系、チョコ系、ピーチババロア系から各々好きなものを選んで食べていました。(SA)

20201228.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
英会話のクリスマス会 [2020年12月25日(Fri)]

20201225.png

12月24日木曜日の英会話は、クリスマス会。
Ms.カーラは、サンタクロースの衣装でやってきました。皆で、「赤い帽子が可愛いね」と話していたら・・・

4年生のK君が猛スピードで本館に走ってきて、持ち帰った大きな荷物から衣装のようなものを取り出して、サッと羽織りました。
「えっ、なに?」 
学校のクリスマス会用に作ったというその衣装は、胴の部分には折り紙で折ったサンタクロースが1段ごとに並び、バック(背中)にはゴリラのイラスト。
「凝っている!!」

20201225-2.png

もちろん、ゴリラは自分をアピール。めがねや顔につけるものも、すべて手作り。

この日の英会話は、Ms.カーラがとってくれた写真をつかって、すてきなフォトフレームを作りました。フレームの上の部分には、きれいな文字で英単語がつづられていました。   K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
たまにはみんなで! [2020年12月17日(Thu)]

 暗くなるのが早くなり、外遊びの時間も短くなってきました。新棟の男の子達は、「遊ぶ時間が20分以上あったらサッカー。短かったら他のことをしよう。」と行く前から決めていました。

 校庭に着くと、「ギリギリサッカーができる!!」と急いでゴールに向かう男の子たち。

 女の子たちは、最近縄跳びを使って「上下(うえした)どっち」など、色々な遊びをしていて、今日も、1人が回してその周りをみんなが跳んでいました。

20201217-3.JPG

 それを見ていた3年生。「まぜてー」「いいよー」と輪に加わりました。すると・・・ 
 遠くでサッカーをしていた男の子たちも少しずつ近づいて、様子をみながらボールを蹴っていましたが、入れてもらえたようです。

 今まで、女の子ばかりの時は、できるだけ低く回していたので「きゃ〜♪きゃ〜♪」だった声が、男の子が回すと速くて高めなので、楽しそうだけど、「キャー!!キャー!!」と悲鳴に近い声に変わっていました。

20201217-4.jpg

 しばらく一緒に遊んでいましたが、突然「やめるー」と風のように去っていく男の子たち。
 
 「今のは何だったんだろう・・・」とビックリ顔の女の子たちは、また笑い声いっぱいで遊びはじめました。(TA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
お誕生日会 [2020年12月17日(Thu)]

 今後のクラブでの生活も残すところ2週間ほどになりました。
 コロナに振り回された一年でしたね。

 さて、今日の新棟では、お誕生日会がありました。
 お誕生者は5年生のHくん。
 コロナ前まで恒例だった、好きなカードを引いて、質問に答えるゲームはなし。
 
 「ゲームはないよ」と職員が言うと、「えー!!」とみんな残念そう。
 
 「じゃあ、しりとりしよう」、いうことで、6年生のNくんが「普通のしりとりじゃつまらないから、テーマを決めよう」と提案してくれました。
 そこで、みんなで考えて、テーマを「食べ物」に決定。誕生者のHくんからスタートし、最後は職員も参加して終了。
 みんなマスクをして、静かに答えてくれました。

 そしてお誕生日カードを渡して、みんなでハッピーバースデー♪の歌を歌いました。

 次に職員のOさんが、クリスマスのおはなし「誰が鐘を鳴らしたか」を語りました。
20201217.png


 おやつはシフォンケーキとおかき。
 みんなで静かにいただきました。
20201217-2.png


 帰りがけに、Hくんに「お誕生日プレゼントは、おうちの人にもうお願いしてあるの?」と聞くと、「うーん、まだ」と言います。お誕生日プレゼント、何がもらえるのか楽しみですね。素敵な一年になりますように。(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
”おはなしを囲んで” [2020年12月09日(Wed)]

 春から待ち望んだおはなし会。
 藤本富美子さんをお迎えして、たっぷりとおはなしを楽しむことができました。

 第1部、土曜の会の「みそかい橋」から、第2部藤本さんの「だれが鐘をならしたか」まで、流れるようにおはなしが進み、あっと言う間に終わりの時間になりました。
 とても1時間30分も時が流れていたとは思えませんでした。

 本当におはなしの世界にいっていたのかもしれません。それぞれのおはなしが、そのままの形ですっとからだに入ってきて、とても気持ちよくなりました。

 「詩、最初の質問」の朗読も新鮮で、作者 長田弘さんの心が感じられました。

 今、コロナ禍の中、人々のやさしい心の大切さを痛感しました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
持久走記録会 [2020年12月07日(Mon)]

 こんにちは。一段と寒くなってきましたね。

 先週の金曜日は東小の持久走記録会でした。今年はコロナの影響で学校行事も中止や縮小しておこなわれています。持久走記録会も土曜参観の予定から平日無観客へ変更しておこなわれました。

 10月におこなわれた平日の学年毎の運動会は、保護者の姿は全く見られませんでしたが、持久走記録会では、校庭の南側のフェンス越しに20〜30人ほどの保護者が、お互いに距離をとり、静かに応援していました。

 校庭を見ると、走路になにやら文字の書かれた白い旗が置かれていました。
 帰ってきた子どもたちに聞いたところ、今年はコロナで保護者の応援がないからと、生徒全員が旗を作り、メッセージやクラスのスローガンを書いて走路に並べたそうです。
 
20201207.png

 どの子も一生懸命に頑張って走っている姿は、いつ見てもとても感動します。また、こんなにも頑張れるんだね!と、とても頼もしく、嬉しく思います。
 今年もみんな頑張って走ったね!!
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL