CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
【お知らせ】おはなしを囲んで [2020年11月27日(Fri)]
 こんにちは。
 NPO法人こどもとおはなしの家では今年も「おはなしを囲んで」を下記日程にて開催いたします。

 今年は、語りを2部構成でおこないます。
 第1部は土曜の会 第2部は藤本富美子さんです。
 
 
 記

 日 時 12月6日(日) 
     開場10:00  開演10:30
 会 場 Lフォルテ はなみずき
 対 象 成人のかた
 参加費 無料 
 事前申し込みをお願いします


 申し込み、問い合わせ先 
      NPO法人こどもとおはなしの家
      〒366-0051深谷市上柴町東5-18-1 
      TEL/FAX 048-574-9665

おはなしを囲んで令和2年.pdf
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
椿公園で [2020年11月27日(Fri)]
 
 今日は、1,2年生がクラブに帰ってくると、すぐに椿公園へ行きました。11月中旬とは思えないほど、暖かい日差しが降り注いでいます。

 2年生の男の子たちは、サッカーをし、女の子たちは葉っぱをお皿に、たくさんの木の実を拾い集めていました。

20201127-1.png

 1年生のMくんは虫が大好きで、探し回って採れたものをいつも見せてくれます。
 「ほら、かたつむりがいたよ」と、小さい手のひらの上にはかわいいかたつむりが。

20201127-2.png

 次に、Mくんが「あれ、採りたいんだけど」と高い木の上を指します。
 職員が「何がいるの?」と聞くと、「セミのぬけがら」と言うので、目を凝らして見ても、なかなか見つかりません。
 「ほら、あそこ!」と教えてくれ、葉っぱに隠れたセミの抜け殻をやっと見つけることができました。
 すごい観察力です。

 20201127-3.png

 他の1年生はブランコで揃ってこぎ出すために、「いっせーのーで!」と声を合わせていました。

20201127-4.png

その後、2組に分かれるためにじゃんけんをすることに。
 「じゃんけんホイ!」と1人が声を出します。他の3人は黙ってジャンケンをすると、声を出していたK君が「みんな声出せよ!」と大声で話します。
 すると、他の3人は「今、コロナだから」と答えました。

 コロナ禍で子どもたちは規制されることが多く、遊びの中にも影響していることを不憫に思いました。(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
本にふれて [2020年11月26日(Thu)]

 秋も深まり校庭の銀杏並木も美しいです。

 一年生は、外遊びが大好きです。私たちも子どもの気持ちの発散と体を動かす時間として、外遊びを大切にしています。また、同様に本に触れ合う時間も大切にしています。

 2学期に入り、読み語りは、絵本中心から、少しずつ、読み物に近いもの、文字は大きく、挿絵もあり、文が長い本を選び、読んでいます。

 はじめに「ふたりはともだち」(アーナルド・ローベル作 三木卓訳 文化出版局)(この本は教科書にのっています)

20201126.png


 かえる君とがま君の短いお話し(5話)です。私が気をつけていることは、全員が同じ本を楽しむこと。
 お休みで聴いていないおはなしがあった時、必ず子どもたちにことわって...
 「○○君がお休みだったので、この前の所を読むね。」といっても嫌だという声はありません。
 そして、前回の「すいえい」と題名を読むと、内容を知っている子は、がま君の水着のはなしをしますが、また、静かに一緒に聴いています。
 反応はそれぞれですが、2回読んでもらうことを楽しんでいるようでした。

 現在は、「ふたりはいっしょ」(アーナルド・ローベル作 三木卓訳 文化出版局)を読んでいます。
 前作と同じかえる君とがま君のお話しです。(SA)

20201126-1.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
久しぶりのサッカー [2020年11月11日(Wed)]

 学校から帰ってくるとすぐに準備をして、校庭へ遊びに出かけます。

 最近、テニスをしていた男の子達は、今日は久しぶりにサッカーをやるそう。
 学校に着くと、ゴールはみな使用中でした。そこで、男の子達は、広めの場所を見つけて、リフティングをしたり、どれだけ高く蹴れるかなどを競いました。

20201110-2.png

 そのうち、高く蹴ったボールを、他の子がヘディングで受け始め、「えー!!ムリ!ムリ!!」と言いつつも、みな上手に返していきます。

 次はゴールキーパーの練習。誰の所へ行くのか、みんなドキドキしながら構えます。

 「あー!!違う所 行っちゃった!!」「次、誰の所?」「ふっふっふー」

 たまに6年生がアドバイスしたりと、なんともにぎやかです。

20201110.png

 職員の「帰るよー」の声に、少し聞こえないふりをして名残惜しそうにボールを片付けていました。(TA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
11月のお誕生会 [2020年11月11日(Wed)]

 今日は、本館のお誕生会。
 
 コロナ禍で、1,2年生だけの小さい誕生会。けれど皆、元気よく、ハッピーバースデーを歌って、「○○ちゃん おめでとう」おめでとうと祝いました。

 一番のお楽しみのおやつは、お誕生者のリクエストで「マクドナルドのフライドポテト」。まだ温かいポテトに、皆大喜びのニコニコ笑顔でおいしくいただきました。
 
 それから、おはなし「うたうふくろ」を聞きました。
 母の深い愛と知恵を感じてほしいと語っていくと、しっかりとおはなしについてきてくれました。にこにこして、はっとして、良かったね。とお誕生会は、終わりました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
読み聞かせボランティア講座 第1回 [2020年11月09日(Mon)]

 11月5日(木)13:00から、NPO法人こどもとおはなしの家主催による、子どもゆめ基金助成事業「読み聞かせボランティア講座」を開催しました。

 講師にうらわ本の会の近藤幸子さんを迎え、市内の学校で読み聞かせボランティアをしている方々を対象に、読み聞かせボランティアの心構えなどをお話していただきました。講座の中では、実際に講師の近藤さんが絵本を読み、本の持ち方、めくり方、声の出し方などを具体的に話してくださいました。

 その後、2名の参加者が絵本を読み、講評や参加者同士の意見交換などをおこないました。短い時間ではありましたが、とても有意義な講座となりました。


20201109.png
 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「スリー・ツー・ワン・GO シュー!!!」〜コマ回し編 [2020年11月06日(Fri)]

 先日、子ども達から、新しい、けん玉やコマのリクエストがありました。

 早速、届いたばかりのコマを手に、気持ちの良い秋空のもと、歓声をあげながら、腕前を競いあっています。

20201106-1.png

 ”クルクル”と器用にひもを巻きつけると、しなやかに腕を伸ばし、軽快に、コマを地面へ飛ばしていきます。

 みごとに着地したコマは、ドリルのようにグルグルと土を掘りながら、勢いよく回転しています。

20201106-2.png

 さらに、回転しているコマにひもをからませ、”ピョーン”と、手のひらに乗せかえるという、難易度の高い技も披露してくれます。

20201106-3.png

 1年生は、まだ、上手にひもを巻くことができず、しょんぼり・・・
 そこで2年生の登場です!優しく巻き方を教えてくれます。さすが、頼りになる先輩です!!

 ほほえましい光景を目にし、心あたたまる瞬間でした。
 失敗しても、あきらめずに、何度も何度も挑戦する子ども達・・・
”きっと、明日は、もっと上手になるね!!”(KN)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL