CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
分散登校日 [2020年05月29日(Fri)]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休校が3月から始まり、はや3ヶ月が過ぎようとしています。
 今月、東小では、21日・22日、28日・29日の1日ずつで、地区別に2つのグループに分かれて、分散登校がありました。

 分散登校日の今日、登室した子ども達に「久しぶりに学校に行ってどうだった?」と聞くと、「友達や先生に会えてうれしかった!」と言っていました。

 新棟では、登室者3名。小学校の校庭でバスケをし、その後、学習。休校中の課題プリントやみる学に取り組みます。
 そして、自由時間に折り紙で各自自由に作品を作りました。
 1人ずつ作品名、工夫したところを発表してくれました。
 Hさんの「火の精ホウオウ」は黄色い羽をくっつけて、まさに空中を飛んでいるように見えました。
 Nくんの「三段階のバラ」は花びらを大中小とパーツを細かく分けて作りました。
 「普通のとちがうダイヤ」は、背面がパカッと開くように工夫されていました。

 Kくんの「ねじりひこうき」は作っては飛ばしを繰り返し何度も試行錯誤して作りました。
 「動物の顔」はキツネだそうです。本当にキツネに見えますね。

20200529.png

 3人の創作プレゼンに感心しました。拍手(パチパチ)(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「ちはやふる」と 百人一首 [2020年05月20日(Wed)]


20200520.png

 コミックス「ちはやふる」をご存知ですか?
新棟では、1月に全42巻を買い、女子はわずかな時間をみつけて、読んでいました。

 内容は、小学6年生の時に、福井から東京に引っ越してきた転校生の新(あらた)によって、千早と太一は競技カルタを知り、その世界にのめり込んでいくという体育会系?の話。
 中学・高校にカルタ部ができるなど、その影響は大です。(ちなみに、上柴中にもカルタ部ができ、競技会では袴を着用しているような)

 そして、コミックスでは、毎号百人一首の歌が解説入りで、紹介されます。
新棟では、百人一首の歌の世界を理解しようと、漫画付き百人一首も一緒に買い求めました。
こちらは、休校中の折、6年生が借りていきました。
その後、43巻発刊、今月13日には44巻が発売され、現在5年生に貸し出し中です。


 ここでちょっと、題名となっている歌を紹介します。(たいへんな美男子だったそうな)
                       在原業平
  ちはやふる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは


 その後、高学年から薦められた現代語の「清少納言」(キラリ女子なごんちゃん)や星新一訳「竹取物語」、「新選組1・2」など、小学生にも読みやすい本を揃え、皆で読みまわしています。                            K   
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
夏の準備 [2020年05月19日(Tue)]

 コロナウイルスによる休校が決まって、2ヵ月が過ぎました。子どもたちが来ていた頃はまだ肌寒くて、新棟は絨毯を敷いていました。

 5月に入ってから、気温が30度近くなる日も多くなってきたので、エアコンや扇風機の掃除をしたり、絨毯を片付けたりと、段々夏仕様になってきました。

20200519-2.png

 みんなが元気に登室できる日を楽しみにしています。(TA)

4月30日、新棟の玄関横に、ミニトマトを植えました。こんなに大きくなりました。
20200519.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
新しい絵本紹介 [2020年05月18日(Mon)]

 題名「いのちのいれもの」 サンマーク出版
 文  小菅正夫
 絵  堀川真

 この絵本は3年生のTさんからのリクエストです。
 Tさんは、3年生の教科書に載っていた、表紙の写真を見て、読んでみたいと思ったようです。
 
 作者は、旭川動物園元名誉園長の小菅氏です。

 主人公のトコちゃんは、家族(父・母・兄・祖父母)と旭川に引っ越してきました。トコちゃんは遠足で旭川動物園に行きました。
 その時アムールトラは、やせていて元気がありません。
 ある日、家族と一緒に動物園に行ったトコちゃんは、アムールトラが死んだと知り、涙がこぼれました。
 トコちゃんは「死んでどこに行ったの?」と動物園の園長さんに問いかけると・・・。

 続きは、ぜひ絵本を読んでみてください。(SA)

20200518.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL