CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
11月のおはなしの会 [2019年10月31日(Thu)]
こんにちは
 11月のおはなしの会を次の通り開催します。みなさまのお越しをお待ちしています。

   日時:11月2日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
 
     1.「三枚のお札」          山下 千津子さん

     2.「ふしぎなオルガン」       小幡 洋子さん   

     3.「小石投げの名人タオ・カム」   鹿島 由美子さん    
       
     4.「石の裁判」           福島 千恵子さん


   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
さつまいもの食べ比べ [2019年10月29日(Tue)]

 今日は大雨のため、子ども達はびしょ濡れで学校から帰ってきました。

 帰ってきた途端に「さつまいも臭い〜」
 今日のおやつは保護者の方から頂いたさつまいもを蒸かしました。

 おやつの時間に、子ども達は味の食べ比べをしていました。

 「かぼちゃの味がする」「甘くて皮がほろにがーい」(安納芋)
 「ほくほくしてやわらかーい」「こっちは、焼き芋って感じ」(紅あずま)
 「私はこっちが好き」と子ども達の感想はそれぞれでした。

 たくさん食べて、お腹いっぱいです「ごちそうさまでした。」

20191029.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
タグラグビー [2019年10月25日(Fri)]

 10月21日、東小学校学童4室が合同で、ラグビー体験イベントを行いました。
 
 当日は、天気にも恵まれ、70名程の子ども達が、深谷少年ラグビースクール15名のコーチの指導を受け、今、感心の高まっている、ラグビーに挑戦・・・

 子ども達が「おもしろそう!」「やってみたい」と思う”ゴールキック”や”リフト体験”。交代すると、「もっとやりたーい」「えー」と声が出ます。

 後半、体育館では、全員2人1組になって、タグを取り合うトーナメント戦を行いました。皆真剣にねらいを定めて、腰のタグを取りにいきます。負けた子は、負けた違う子どもと組んで、取り合います。

 トーナメントは3人の決勝戦になり、周りの子ども達も大声援を送りました。3位は3年男子、2位は6年男子、1位は6年女子でした。

 その後、タグラグビーのチーム戦。初めての体験で、ルールも今聞いたばかりです。でも、「タッチされたよ!」「ボールを上に投げるんだよ」と、声をかけ合って夢中になって、ボールを追っていきます。

20191025.png

 男の子、女の子、学年、体の大きさ、何も関係ない。子ども達は、ただ楽しくて、楽しくて、喜んでいました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
跳べたよー [2019年10月21日(Mon)]

 めっきり涼しくなってきましたね。
 クラブの子どもたちは外遊びをおもいっきりでき、ますます元気に過ごしています。

 一年生は外遊びに行く時「長縄持ってねー」「忘れないでよー」と、長縄跳びを楽しみにしています。
 公園に着くと、さっそく6人で始めましたが、「誰が回す?」「私、跳びたい」「ぼくも・・・」と回し手が決まらず、困っていました。

 「順番に回したら?」とアドバイスすると、「それなら僕が回す」と、志願者も出てきました。

 初めは誰も跳べず、「どうして〜」「この辺で跳ぶ?」と縄の中央に×印をつけたり、入るタイミングで「はい」と声かけをしたり、試行錯誤していましたが、1人跳べ、2人跳べ、最後は全員跳ぶことができました。「跳べた 跳べた!」と大喜びしていました。(I)

20191021.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
10月のお誕生会 [2019年10月16日(Wed)]

 運動会と親善運動会も終わり、気持ちの良い秋晴れの日が続いています。

 さて、10月10日(木)、10月のお誕生会。
 お誕生者は、2年生のN君、1名です。司会は5年生のIさん。

 Iさんが「10月のお誕生者はN君です。」と紹介すると「10月はひとりなんだぁ〜」の声。
 少しはにかみながらもN君は嬉しそうです。
 そして、♪ハッピー・バースデイ♪♪の歌のプレゼント。今回は「みなさん〜♪」ではなく、下の名前で『ハッピー・バースデイ〇○くん〜』の大合唱となりました。

 ゲームは「みんなでコピー」
 班に分かれ、リーダーの描いた絵を代表者が見て、グループのみんなに伝え、もとになった絵を再現できるかを競います。
 代表者は、各班3名。30秒づつ順番に絵を見て、伝えます。
 伝え方も班によってまちまちで。。。
 ある班は、指差しをしながら「ここが山で・・・」とか、
 またある班は、「右側に家!」「どんなの?」「屋根が三角で・・・」とか。

20191016-1.png

 最後に、リーダーの絵と各班で描きあげた絵を全員で見比べます。なかなかジャッジをつけることができず、いくつ正しく描けたかで決まり、優勝は、2班となりました。
 決め手は、細かい所や配置も正確だったことでしょう。

 素ばなしは『ブドーリネク(チェコの昔話)「おはなしろうそく1.東京子ども図書館より」』

20191016-2.png

 おやつはプリンアラモードでした。(SA)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
秋のプラネタリウム [2019年10月16日(Wed)]

 今日は、就学児健診のため、学校は午前中だけです。

 職員が出かける準備をしていると・・・

 子ども達が元気いっぱい「ただいまー!」の声。
 続けて、「プラネタリウム、行くの?」「いつ行くの?」「電車乗る?」とあっちこっちから話しかけられます。

 「そう。今から行くから、水筒忘れないでね。」

 「はーい!!」ワクワクした返事です。

 プラネタリウムに入ると、「どこが見やすいかな?」と悩みながら、座る場所を決めます。

 今日は、ちょうど夏の星座と秋の星座が見られるそうで、いつもとは違う説明に、興味津々です。

 おはなしでは、月をテーマに2つ。

 『月に行ったアポロ11号』と『月にのぼったじょうが』おはなしが終わると、明け方の空になります。すると、今度は冬の星座が見えてきました。盛りだくさんの内容に、「ペガサスじゃなくて、ペガススともいうんだね」「夏も冬も三角形なのに、秋は四角形なんだね」

 展示物もゆっくり見ることができて、「土星、小さい!!」「地球がこれだから、大きいじゃん」「そうか!」今日は多くの発見があり、大満足な1日でした。(TA)

20191016.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
十三夜のお供えは、串団子 [2019年10月15日(Tue)]

 9月13日の十五夜から、28日経ち、10月11日は十三夜でした。
子どもたちは、新入学児説明会のため、給食なしの早帰りです。
プラネタリウムに行き、満天の星を見て、月と星の話を聞きました。(プラネタリウムの様子は、この後のブログを読んでください)

 4時前に帰宅すると、台風が近づいているため、雨が降りだしました。
月が出ない十三夜ですが、お団子と頂いたさつまいも、みかん、ススキをお供えしました。
今回のお団子は、中国・四国地方の月見団子=串団子にしました。
「えっ?串団子?」
と驚かれた人もいるのでは・・・・

 9月の時に、お団子を調べていて発見したのです。クラブで作っている月見団子は、関東地方のお団子だということを・・・。日本には、いろいろな月見団子があるようです。
 関西では、里芋を模した細長いお団子を、あんこでくるんだものがポピュラーです。

P1020494.jpg


名古屋は、白とピンクと茶色、三色で里芋型。ういろうのような食感だそうです。
静岡はへそもちに、あんこを添えて・・・
中国・四国地方は、串団子タイプ。
沖縄は、フキャギという、お餅のまわりに小豆をくっつけたもの。

これらの写真を紹介して、皆でみかんとみたらし団子をいただきました。余ったお団子を分けようと、
「お団子食べる人?」と聞くと、皆が手を挙げます。さっきまで、温かったお団子は柔らかくて、おいしかったです。           K

P1020493.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
令和2年度 入室説明会のお知らせ [2019年10月11日(Fri)]

 令和2年度入室説明会を下記の通りおこないます。

 日時 第1回 11月10日(日)10時〜11時
    第2回 11月16日(土)10時〜11時

 場所 深谷市上柴町東5丁目18番地1
    こどもとおはなしの家
    (電話574−9665)

 対象 令和2年度新入学児童・保護者

 *事前申し込みの必要はありません。お子さんと一緒にお越しください。 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
読み聞かせ学習会 [2019年10月03日(Thu)]

 おはようございます。今日は涼しいですね。

 9月30日(月)、講師に近藤幸子さんを迎え、読み聞かせ学習会をおこないました。ドリームのメンバーをはじめ、20名を超える方々にご参加いただきました。

20190930.png


 4人のお子さんを育てた経験から地域で子育てする大切さや、家庭文庫、長年続けられている読み聞かせボランティアの経験などを、お話しくださいました。

今日は私にとって印象深かった言葉をいくつか書かせていただきます。

 一つ目は、ボランティアとは、「相手が望んでいることに対して、応えるのがボランティア」だという言葉です。ともすれば、自己満足に終わってしまうことがあるということをしっかり認識しなければならないと思いました。

 ふたつ目は、「子どもが図書館で選んでくる本にケチをつけない」という言葉。とても耳が痛い言葉でした。私自身、ついつい「またこれ?」「ほんとうに 読めるの?」など、聞いてしまうことがあるからです。
 
 みっつ目は、「質問攻めにしない、自由を尊重する」という言葉。
 「絵本を読んであげた時に(読み聞かせ以外でも)読み終わってから、「あの時どう思った?」「あたなならどうする?」などと決して聞かないこと。聞いている時の態度を責めないこと。」
 「子どもは「読んでもらったら、感想をいわなければならない」「読んでもらっている時は集中して、静かに聞かないとならない」と思うと、絵本がどんどん嫌いになってしまうのよ。絵本は楽しいものでしょう。」とおっしゃっていて、「あぁ〜、本当にそうだなぁ」と改めて思いました。


 今回近藤さんの話を聞いて、子どもともっともっと楽しく本を読もうと思いました。
Posted by こどもとおはなしの家 at 03:00 | この記事のURL
10月のおはなし会 [2019年10月01日(Tue)]
こんにちは
 10月のおはなしの会を次の通り開催します。みなさまのお越しをお待ちしています。

   日時:10月5日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
  
     1.「ねずみのすもう」        福島 千恵子さん

     2.「エパミナンダス」        鹿島 由美子さん   

     3.「すずめのおくりもの」      山下 千津子さん    
      
     4.「モモの木をたすけた女の子」   小幡 洋子さん


   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ