CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
天国と地獄 [2017年08月29日(Tue)]

 2年生の男の子3人が、砂場に砂の壁や穴を掘ったりと、まるで砦のような大きな作品を作っていた。それぞれが分担し、深い穴やドーナッツ型の山、砂の壁に仕切られた小部屋を一生懸命に作っている。

P1010745.jpg 

 「遊園地かな?」と声をかけると、
 一斉に「違うよ。アリの刑務所だよ。」 
 「ここは、きのこのサクサク地獄。」と深い穴を、「トレーニングする所もあるよ。」と細かく仕切られた砂の壁を指さす。

 しばらくたつと、「天国も作ったよ。」
 見てみると、苔を敷き詰めた緑色の部屋ができていた。
 
 「天国と地獄にしようよ。」とひとりが話すと、「いいね。」とそれからの3人は、せっせせっせと苔を運んでは、小さな天国?に苔をしいていた。
 緑の苔と黒い砂で天国と地獄に変化し大作となる。

P1010748.jpg

 「帰るよ。」の声かけに、「こわすぞー!!」とためらうこともなく、元通りにしていた。(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
お月とお星 [2017年08月29日(Tue)]

 監修 川崎 洋
 語り 鈴木サツ
 絵  朝倉 摂

 このお話は、継母と継子、そして異母姉妹のお話ですが、「シンデレラ」や「こめふくあわふく」と違い、妹が姉を助ける、心が温かくなる話です。

 このお話に出会ったのは、遠野の語部屋で鈴木サツさんの語りを聞いたときでした。心に残り、次の年、また聞きに行くと、鈴木さんは語部屋にはもう出ないと知り、がっかりしている時に、この本を見つけました。
 
 本を読むと鈴木さんの温かい語りがよみがえります。方言が多いのですが、訳も出ているので理解できます。

 私もいつか語れたらと思っています。(I)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
9月のおはなし会 [2017年08月29日(Tue)]
こんにちは
 9月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:9月2日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
  
     1.「かしこいモリー」        大矢千雅子さん
        
     2.「ローザとバジル」        福島千恵子さん

     3.「子どもと馬」          小幡 洋子さん



   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ