CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
十三夜のお供えは、串団子 [2019年10月15日(Tue)]

 9月13日の十五夜から、28日経ち、10月11日は十三夜でした。
子どもたちは、新入学児説明会のため、給食なしの早帰りです。
プラネタリウムに行き、満天の星を見て、月と星の話を聞きました。(プラネタリウムの様子は、この後のブログを読んでください)

 4時前に帰宅すると、台風が近づいているため、雨が降りだしました。
月が出ない十三夜ですが、お団子と頂いたさつまいも、みかん、ススキをお供えしました。
今回のお団子は、中国・四国地方の月見団子=串団子にしました。
「えっ?串団子?」
と驚かれた人もいるのでは・・・・

 9月の時に、お団子を調べていて発見したのです。クラブで作っている月見団子は、関東地方のお団子だということを・・・。日本には、いろいろな月見団子があるようです。
 関西では、里芋を模した細長いお団子を、あんこでくるんだものがポピュラーです。

P1020494.jpg


名古屋は、白とピンクと茶色、三色で里芋型。ういろうのような食感だそうです。
静岡はへそもちに、あんこを添えて・・・
中国・四国地方は、串団子タイプ。
沖縄は、フキャギという、お餅のまわりに小豆をくっつけたもの。

これらの写真を紹介して、皆でみかんとみたらし団子をいただきました。余ったお団子を分けようと、
「お団子食べる人?」と聞くと、皆が手を挙げます。さっきまで、温かったお団子は柔らかくて、おいしかったです。           K

P1020493.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL