CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月13日

助成金:第4回赤松良子ジェンダー平等基金

@提供
国際女性の地位協会

A対象となる活動
赤松良子ジェンダー平等基金は、女性差別撤廃条約の研究・普及を目的とする国際女性の地位協会が、その事業の一環として、ジェンダー平等、女性のエンパワーメント、女性の権利の実現等のための活動や調査研究等への助成を行うものです。

B対象となる団体
女性差別撤廃条約の精神に合致し、ジェンダー平等、女性のエンパワーメント、女性の権利の実現等を目指す活動や調査研究等を行う個人または団体・グループ

C助成金額
30万円

D応募期間
2020年3月31日(火)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:令和2年度「緑と水の森林ファンド」公募事業

@提供
公益社団法人 国土緑化推進機構

A対象となる活動
・普及啓発:森林・緑・水に対する国民の認識を深めるための普及啓発活動
・調査研究:地域材の利用・山村資源の有効活用や森林の公益的機能の増進に係る調査研究
・活動基盤の整備:森林づくり活動を通した農山村と都市住民等との交流促進
・国際交流:国内で開催される森林に関する国際会議への支援、海外情報の収集

B対象となる団体
・民間の非営利団体
・非営利の法人
・個人(調査研究に限る)

C助成金額
団体100万円、個人70万円

D応募期間
2020年3月15日(日)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:令和元年豪雨・台風等の被害に関わる活動支援(第4期)

@提供
公益財団法人 日本財団

A対象となる活動
台風19号の被害に対して支援活動を行うNPOやボランティア団体に対して、次の通り活動資金を支援します。
・専門的な支援を行うNPO等の活動(水害復旧、家屋の修繕作業に係る技能を有する分野など)
・特別なニーズ(障害者・高齢者・乳幼児・外国人などの要配慮者)に対する専門性を活かした活動
・当該被災地に拠点を置き、地域に根ざした支援を行う活動
・2018年の被災地から当該被災地へ災害支援の経験を踏まえた支援を行う活動
・その他(ボラバス、学生によるボランティア等)

B対象となる団体
・災害支援に実績(過去3回以上、1回当たり1カ月以上)のあるNPO等
・当該被災地に拠点のあるNPO等(台風19号における災害救助法が適用された以下の都県。具体的には、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県並びに千葉県)(内閣府11月1日(金)18時半公表時点)
・2018年の被災地に拠点があり災害支援に実績のあるNPO等(西日本豪雨、北海道胆振東部地震、大阪北部地震等)(※実績の回数等は問いません)、その他、地元からの要請などに応えて活動を行う団体等(地元からの要請内容について明記してください。)

C助成金額
1事業あたり上限100万円 補助率100%

D応募期間
2020年3月3日(火)まで(決定は審査の上、随時行います)

詳しくは、ホームページをご覧ください。