CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月21日

助成金:2018年度 暴力団排除事業に関する助成

@提供
公益財団法人 日工組社会安全研究財団

A対象となる事業
助成対象となる暴力団排除事業(以下「暴排事業」という。)は、次の2事業です。
一の団体が、(1)と(2)の両事業について同時に応募することを認めています。
(1) 暴排活動事業
 暴力団事務所の進出阻止・撤去に向けた各種活動
(2) 暴排訴訟事業
  暴力団事務所の進出阻止・撤去を求める訴訟活動

B対象となる団体
(1) 暴排事業の活動実績を有する、市町村における地域の住民で構成された団体(以下「助成対象団体」という。)とします。
(2) 助成対象団体は、次の要件を満たさなければなりません。
 ア. 団体としての意思を決定し、執行する能力を有すること。
 イ. 団体を代表する者についての定めがあること。
 ウ. 団体としての適正な経理機能を有していること。

C助成金額
1件あたりの上限額は、次のとおりです。
100万円以下の申請であっても、審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
 (1) 暴排活動事業:100万円
 (2) 暴排訴訟事業:100万円

D応募期間
2019 年 3 月 29 日(金)まで

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:第2回 NPOによるICTサービス活用自慢大会

@提供
特定非営利活動法人 NPOサポートセンター

A内容
本大会は以下の内容での募集を行い、大賞を審査の上で決定し、表彰します。
NPO等が、自組織の業務において、「ICTサービスをこんなに活用している」ということを自慢(アピール)していただきます。
<対象の業務範囲>
業務範囲の指定はありません。どのような業務でも対象となります。

<対象となるICTサービス>
国内で利用することができるICTサービスが対象となります。
※提供元、開発元は、海外でもかまいません
※全てを自団体独自に開発しているなど、他団体での利用ができないサービスは対象となりません
(一般に利用できるサービスの一部を独自にカスタマイズしている場合は対象となります)

B応募対象
(1)日本国内に活動拠点を持つNPO等の社会貢献・社会課題解決を目的としている組織であること
※活動分野や、法人格の種類等の組織形態は問いません
(2)プレゼン時の発表資料の公開に承諾いただけること(応募書類は、非公開です)
(3)プレゼンテーションおよび表彰式に出席できること
プレゼンテーションおよび表彰式の開催概要
日時:2019年4月20日(土)午後
場所:都内会場

C賞金
審査の結果、大賞に選ばれた応募団体には、以下の賞金と賞状を贈呈します。
大賞:30万円

D応募期間
2019年2月2日(土)

詳しくは、ホームページをご覧ください。