CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月13日

助成金:(公財)花王芸術・科学財団 芸術文化活動の助成(美術展覧会(絵画・版画・彫刻等)への助成)

@提供
(公財)花王芸術・科学財団

A対象となる活動
日本の美術館・博物館もしくは、団体が企画、開催する絵画・版画・彫刻等の展覧会で、企画性に富み、芸術的、社会的に価値の高いもの。但し、外国で開催されるものは、日本で企画するものに限ります。2年連続して助成は受けられません。

高度の芸術水準を有し、純粋な芸術活動であるために採算の取れにくい活動。
平成30年4月〜平成31年3月末までの1年間に実施されるもの。
当財団の助成は、事業に対する助成であり、団体等の管理運営費、パソコン・デジタルカメラ等の機材購入は助成の対象にはなりません。また、作家の制作活動費も対象になりません。

B助成金額
1件あたりの限度額を100万円とし、応募された企画の規模、 内容等を勘案して、個々に額を決定します。

C応募期間
2017年10月1日〜2017年11月10日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:(公財)花王芸術・科学財団 芸術文化部門(美術に関する研究への助成(出版助成))

@提供
(公財)花王芸術・科学財団

A対象となる活動
美術に関する研究成果の出版に対して助成をします。(2件程度)
対象範囲は 西洋美術史、日本・東洋美術史、現代美術、芸術運営・支援などの研究。
所属機関の長または美術関係者の推薦を要します(学会含む)。
但し、出版予定の草稿がほぼ完成していることを前提とします。
<注意> 画集・展覧会図録、シンポジウム等の報告書、翻訳は対象外とします。

B助成金額
助成金額は、1件あたり100万円を上限とし、助成決定から2年以内に出版がされない場合は返金とします。

C応募期間
2017年11月10日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:(公財)花王芸術・科学財団 芸術文化部門(音楽公演(オーケストラ・オペラ・室内楽等)への助成)

@提供
(公財)花王芸術・科学財団

A対象となる活動
オーケストラ・オペラ・室内楽等の日本のプロの音楽団体が主催する創造的な音楽公演。また、それに伴う文化芸術の普及及び育成も含みます。
いずれも外国で開催されるものは、日本で企画し外国で公演するものに限ります。
原則として4年連続して助成は受けられません。
高度の芸術水準を有し、純粋な芸術活動であるために、採算の取れにくい活動。
平成30年4月〜平成31年3月末までの1年間に実施されるもの。

B助成金額
1件あたりの限度額を100万円

C応募期間
2017年10月1日〜2017年11月10日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:(公財)花王芸術・科学財団 芸術文化部門(音楽に関する研究への助成)

@提供
(公財)花王芸術・科学財団

A対象となる活動
平成30年4月〜平成31年3月末までの1年間の、音楽を対象とする専門的研究活動。

B対象となる団体
個人の研究に対する助成であり、一般の奨学金ではありません。

C助成金額
1件あたりの限度額を100万円

D応募期間
2017年10月1日〜2017年11月10日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:毎日新聞社 第7回毎日地球未来賞

@提供
毎日新聞社

A対象となる活動
地球規模の緊急課題である「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決に取り組む団体や個人を顕彰する「第7回毎日地球未来賞」の授賞候補を募集します。
3つの分野のうち1分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動のいずれでも構いません。東日本大震災の被災地、被災者に対するこれらの分野での復興支援活動も対象となります。 

B対象となる団体
自薦、他薦のどちらでも受け付けます。主に市民・草の根レベルの活動が対象です。

C賞
毎日地球未来賞 1点=賞金150万円
クボタ賞(特別賞) 2点=賞金100万円
※以上3点のうち1点以上は震災復興関連とします。

次世代応援賞 1点=賞金50万
奨励賞 2点=賞金25万円

D応募期間
2017年10月10日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:日米センター公募助成プログラム

@提供
国際交流基金日米センター

A対象となる活動
(カテゴリーA) 知的交流分野:政策指向型事業
日米の非営利団体(大学、シンクタンク、NPO等)が共同して実施する取組で、社会科学分野における現代のグローバルな課題解決に向けた日米共同の政策研究/対話プロジェクトを支援します。

(カテゴリーB) 地域・草の根交流分野:対日理解促進/ネットワーク形成型事業
(米国からの申請のみ)
米国の団体が実施する市民レベルの対日理解・日米交流の促進を目的としたネットワーク形成及び組織基盤強化、並びに学校教育課程や地域における対日理解促進事業を支援します

B対象となる団体
日本または米国の非営利団体(大学、研究所、シンクタンク、NPO等)
 ※日本からの申請の場合は、助成対象とならない団体(国立大学や政府機関等)がありますので、詳細をガイドライン(6ページ)でご確認ください。
 ※米国からの申請の場合は、米国内国歳入法(IRS)の501(c)(3)に定められた資格を有する必要があります。

C助成金額
助成額の上限は300万円程度で、プロジェクト費用の全額を助成することはありません。
総事業費の20%以上を日米センター以外の資金(自己資金、他の助成金等)により賄われていることを条件とします。日米センターでは資金面でも日米間のパートナーシップを重視しているので、特に米国における財源確保が期待されます。

D応募期間
2017年12月1日

詳しくは、ホームページをご覧ください。

イベント:平成29年度高齢者の地域活動交流会及び「ご近所支え合い活動助成金」など各種助成金説明会

@内容
平成29年度
高齢者の地域活動交流会及び「ご近所支え合い活動助成金」など各種助成金説明会開催のお知らせ

A開催日時・会場
  [盛 岡] 平成29年10月12日(木) アイーナ 6階 団体活動室2
  [久 慈] 平成29年10月17日(火) 久慈地区合同庁舎 1階 健康増進室
  [釜 石] 平成29年10月19日(木) 釜石地区合同庁舎 2階 相談室4
  [二 戸] 平成29年10月25日(水) 二戸地区合同庁舎 1階 大会議室
  [大船渡] 平成29年10月31日(火) 大船渡地区合同庁舎 4階 大会議室
  [奥 州] 平成29年11月 2日(木) 奥州地区合同庁舎分庁舎 2階 第3相談室

B当日のスケジュール
13:30〜14:15
  「ご近所支え合い活動助成金」及び県内外の助成金情報について
14:15〜15:00
  情報交換会
   〜県内の活動事例の紹介、情報交換等〜
15:00〜15:30
  個別相談(希望の方のみ)

Cお問合せ・申し込み先
〒020-0045盛岡市盛岡駅西通1‐7‐1アイーナ6階
岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンター
TEL019‐606-1774 FAX019‐606-1765
メール koreisha-hfk@aiina.jp 

詳しくは、ホームページをご覧ください。





イベント:こころのフォーラム2017

@内容
講演「家族・当事者・精神科医の三つの立場を経験した私から、皆様にお伝えしたいこと」
〜心の病の正しい理解のために〜

A開催日時
平成29年9月17日(日)午前10時〜11時30分
(9時30分 開場)

B会場
大船渡市総合福祉センター 大会議室
(大船渡市盛町下館下14-1)

C対象
市内在住・在勤・在学の方、および関係者

Dお問合せ・申し込み先
大船渡市生活福祉部地域福祉課障害福祉係
〒022-8501 大船渡市盛町字宇津野沢15
[TEL]0192-27-3111(内線:183・187)
[FAX]0192-26-2299
[メール]ofu_fukushi@city.ofunato.iwate.jp

詳しくは、チラシをご覧ください。
20170913112327541.jpg
20170913112334472.jpg




イベント:仮設住宅から新しい生活へ〜見通しのある転居のために〜

@内容
<平成29年度 岩手県高齢者等サポート拠点職員等研修事業>
応急仮設住宅等からの移行期における対応

A開催日・会場
9/19(火)釜石PIT(釜石市保健福祉センターから釜石PITに変更となりました)
9/20(水)陸前高田市コミュニティホール

B時間
いづれも9:30〜16:30

C定員
60名

Dお問合せ・申し込み先
特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンター(担当:若井・佐々木)
〒981-0932 宮城県仙台市青葉区木町16-30
電話 022-727-8730 ファクス 022-727-8737 
E-mail kenshu@clc-japan.com

詳しくは、チラシをご覧ください。
20170913112309613.jpg
20170913112315957.jpg




イベント:大船渡伝道師養成講座 第4回「みんなで碁石海岸を取材しよう!」

@内容
大船渡に関する取材記事を一緒に「おおふなこポータル」に投稿してみましょう!という講座です。
ワクワクする記事を投稿して、大船渡伝道師になりましょう! 

A開催日時
2017年10月7日(土)10時00分〜12時00分(受付9時45分より)

B会場
碁石海岸インフォメーションほか

C参加費
無料

D持ち物
お手持ちのスマートフォンまたはタブレット

E申込方法
こちらの専用フォームよりお申込みください。
右向き三角1お申込みフォーム

詳しくは、ホームページまたはチラシをご覧ください。

201709おおふなこポータル.jpg