CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月27日

助成金:独立行政法人 日本芸術文化振興会 芸術文化振興基金 芸術の創造・普及活動を援助する助成事業

@提供
独立行政法人 日本芸術文化振興会

A対象となる活動
■ 舞台芸術等の創造普及活動
■舞台芸術創造活動活性化事業
■ 国内映画祭等の活動
■映画製作への支援
■ 地域の文化振興等の活動

詳しくは、HPをご覧ください。


助成金:2017年度 助成金(通常募集)

@提供
日本財団

A対象となる活動
1.海や船に関する事業
2.社会福祉、教育、文化などの事業

B対象となる団体
一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、ボランティア団体など非営利活動・公益事業を行う団体

C助成金額
申請ガイドをご覧ください。

D応募期間
2016年10月3日(月)11:00〜10月31日(月)17:00まで

詳しくは、HPをご覧ください。


簡単手作り体験!楽しい🐇中秋 香港のひんやり月餅

@内容
冷やして食べる月餅手作り体験

A開催日時
2016年10月1日(土)10:00~11:00,14:00~18:00

B会場
サン・リア2階フードコート

C参加料
無料

D問合せ先・お申込み先
NPO法人With you Global-あなたと共に- 090-7358-9013(井上)

詳しくはチラシをご覧ください。
14483857_1111547732261642_1712824293_n.jpg

お知らせ:「2021 Arts Fund」 寄付募集の申請にあたって

@提供
公益社団法人企業メセナ協議会

A対象となる活動
芸術文化振興に資する活動、および芸術・文化による社会創造に寄与する活動。
<重点支援対象>
1)地域文化振興および芸術・文化による地域創造
2)芸術・文化を通じた国際交流および日本文化の国際発信
3)芸術・文化およびこれを通じた社会創造を担う人材育成

B対象となる団体
・公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
・公益を目的とした任意団体で規約などを有し、代表者の定めがあり、芸術・文化を行うもの
・芸術・文化活動を行う個人の場合は、その活動の公益性が認められるもの

D応募期間
年4回(1月20日/4月20日/7月20日/10月20日)

詳しくは、HPをご覧ください。


セミナー:子育てボランティア養成講座


@内容
ファミリーサポートセンターでは子育てしやすいまちづくりに協力してくださる方のためにボランティア養成講座を行います。

A開催日時
2016年10月24日(月)〜11月21日(月)13:30〜16:00
毎週月曜日・全5回
※受付13:00〜13:30
※初日は13:15より開校式を行います。

B会場
大船渡市YSセンター

Cその他
参加費:無料
対象者:大船渡市在住の心身ともに健康な方20人

D主催・お申込み先
社会福祉法人大船渡市社会福祉協議会
ファミリーサポートセンターアドバイザー
電話 0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。

20160927143144597_0001.jpg20160927143427000_0001.jpg




助成金:田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム(第5期)

@提供
公益社団法人日本フィランソロピー協会

A対象となる活動
難病患者さんの療養・就学・就労等、生活の質(QOL)向上のための活動
患者さんおよびそのご家族、支援者の方々の共通課題の解決に向けた活動。
当該団体の所属会員の社会参加を支援する、または啓発する活動。
積極的な社会への啓発活動や当該団体の所属会員の自己啓発活動など、社会とのかかわり合いを継続的に進めている活動。
当該団体の自立や役員・リーダー・相談員の支援や育成が期待できる活動。

B対象となる団体
難病患者団体、およびその支援団体を対象とします。
国内に主たる拠点を有する団体。3年以上の活動実績を有する団体(2017年4月現在)
団体の役員に医師が就任している場合は、応募することができません。
ここでいう難病とは「難病の患者に対する医療等に関する法律」(平成27年1月1日施行)に基づき、 「平成26年10月21日厚生労働省告示第393号」および「平成27年5月13日厚生労働省告示第266号」において「指定難病」と告示された、306疾患を指します。

C助成金額
上限100万円

D応募期間
2016年10月1日(土)〜2016年11月15日(火) ※消印有効

詳しくは、HPをご覧ください。


助成金:公益財団法人日本国際協力財団 2017年度 国際協力NPO助成

@提供
公益財団法人 日本国際協力財団

A目的
発展途上国における農業、教育、医療、福祉等の問題解決のために、現地の人々とともに活動しているNPOに対して、プロジェクト費用の一部を助成してその活動を支援し、もって発展途上国の自立的発展及び福祉の増進に寄与することを目的

B対象となる団体
特定非営利活動促進法(日本のNPO法)により認証されている団体で
かつ次の要件を全て満たす団体に限ります。
1) 発展途上国における援助活動を主たる目的としている団体。
2) プロジェクトを推進する上で、十分な実績を有し、実際に現地で活動できる団体。
3) 原則として、事業実施地域に有力なカウンタパートを有する、または団体スタッフを駐在又は長期に派遣し、主体的に事業実施できる団体。
4) 下記 8.の面接(期日指定)を受けることができる団体

C助成金額
プロジェクト費用総額の30%以上70%以内で50万円〜200万円まで

D応募期間
2016年11月7日(月)から2016年12月7日(水)(必着)

詳しくは、HPをご覧ください。

助成金:2017年度国際協力NPO/NGO助成 特別支援型事業

@提供
公益財団法人 日本国際協力財団

A対象となる活動
・農業・農村開発
・教育振興、人材育成
・医療・保健改善
・生活環境改善
・その他、発展途上国の民生・福祉に寄与するもの

B対象となる団体
日本国内に主な拠点がある非営利の団体で国外での活動実績が3年以上あること。国外(プロジェクト対象国)に事務所又は現地NGOを有し、現地駐在員又は現地スタッフを有していること。

C助成金額
年間500万円〜1,000万円以内

D応募期限
2016年12月9日(金)必着

詳しくは、HPをご覧ください。

助成金:一般財団法人ゆうちょ財団  平成29年度 金融相談等活動助成事業

@提供
一般財団法人ゆうちょ財団

A対象となる活動
高齢者及び大規模災害の被災者ならびに障がいのある人等を対象とした金融相談
及び 金融教育等に関する下記の活動とする。
ア 金融相談会の開催
イ 金融相談員の育成・確保
ウ 金融知識の普及等に関する情報提供
エ 金融トラブル未然防止等に関する情報提供
オ 金融教育教材の作成配布 他

B対象となる団体
助成対象活動を実施又は計画しているNPO法人等(任意団体含む。
営利団体除く)の団体。

C助成金額
10万円

D応募期間
2016年12月5日(月)

詳しくは、HPをご覧ください。



講演:こころのフォーラム2016「ネット・スマホ依存」


@内容
ずっとスマホを見ていませんか?
スマートフォンやパソコンを利用する時間が増えると、睡眠不足や生活リズムを崩してしまう場合があります。スマホ・ネットとの上手な付き合い方を考えてみましょう!

講演「ネット・スマホ依存」
講師:独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター
   中山秀紀 先生(精神科医)

A開催日時
2016年10月15日(土)14:30〜16:30(14時開場)

B会場
カメリアホール多目的ホール

C問合せ先・お申込み先
大船渡市生活福祉部地域福祉課障害福祉係
電話:0192-27-3111(内線183、187)
FAX:0192-26-2299
メール:fukushi@city.ofunato.iwate.jp

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160927134458208_0001.jpg


助成金:多文化共生のまちづくり促進事業

@提供
一般財団法人 自治体国際化協会

A対象となる活動
助成対象団体が実施する多文化共生を推進する事業のうち、
特に重要性、必要性が高く、他団体の範となる事業で、次に掲げるものとする。
1) 医療・保健・福祉支援事業
2) 防災支援事業
3) 教育支援事業
4) 労働環境整備事業
5) 居住支援事業
6) 外国人住民の自立と社会参画支援事業
7) 上記(1)〜(6)の事業実施にあたり必要となる情報の多言語化や日本語学習支
援事業

B対象となる団体
1) 都道府県
2) 市区町村
3) 地域国際化協会
4) 特定非営利活動法人及びその他本事業を実施する能力を有すると当協会が認める
団体(法人格を有するものに限る。)

C助成上限金額
1) 都道府県及び指定都市にあっては、1団体あたり 400 万円とする。
2) 市区町村(指定都市を除く。)、地域国際化協会及び NPO 法人等にあっては、1団
体あたり 300 万円とする。
3) 複数の助成対象団体が共同で行う事業については、その事業を実施する団体の数
にかかわらず、1事業あたり 400 万円とする。

D応募期限
2016年10月31日(月)必着

詳しくは、HPをご覧ください。

助成金:第6回毎日地球未来賞」

@提供
毎日新聞社

A対象となる活動
主に市民・草の根レベルの活動が対象です。地球規模の緊急課題である「食料」「水」「環境」3つの分野のうち1分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動のいずれでも構いません。東日本大震災の被災地、被災者に対するこれらの分野での復興支援活動も対象となりますを顕彰する

B対象となる団体
地球規模の緊急課題である「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決に取り組む団体や個人。
高校生や大学生など若い人の活動を対象にした賞として、次世代応援賞と奨励賞を設けています。

C賞
毎日地球未来賞 1点=賞金150万円
クボタ賞(特別賞) 2点=賞金100万円
※以上3点のうち1点以上は震災復興関連とします。
次世代応援賞 1点=賞金50万
奨励賞 2点=賞金25万円

D応募期間
2016年10月20日(木)

詳しくは、HPをご覧ください。