CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月21日

セミナー:小さな命をまもる暮らしの中の防災

@内容
〜智恵と工夫を学びましょう〜
乳幼児を抱える母親、家族及び子育て支援関係者など、防災の大切さを学び、日常生活の中で災害時の対策に取り組み、自ら実践していくことができることを目的とする。

・暮らしの中の防災術及びグッズの紹介 講師:あんどうりす氏
・日常から備えておきたい抱っことおんぶ 講師:園田正世氏

A開催日時
2016年11月11日(金)10:00〜12:15

B会場
シーパル大船渡

C参加費
無料

D主催・お申込み先
NPO法人こそだてシップ
大船渡市子育て支援センター「すくすくルーム」
TEL・FAX:0192-47-5689

詳しくは、チラシをご覧ください。

20160921155934815_0001.jpg


セミナー:平成28年度 ボランティア養成講座 音声訳教室

@内容
音声訳教室
(音声訳は、視覚障がいなどの方のために、文字を音声に訳する活動です)

A開催日時
2016年11月15日(水)・2016年11月22日(水)・2016年11月29日(水)全3回
※当初の予定と変更になりました。
時間:19:00〜21:00

B会場
大船渡市総合福祉センター学習室

C参加費
無料

D問合せ先・お申込み先
大船渡市社会福祉協議会
電話:0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。




セミナー:平成28年度 ボランティア養成講座 要約筆記教室

@内容
要約筆記教室
(要約筆記は、話されていることを約して「文字」で伝える活動です。)

A開催日時
2016年10月11日(火)・2016年10月18日(火)・2016年10月25日(火) 全3回
時間:19:00〜21:00

B会場
大船渡市総合福祉センター

C参加費
無料

D問合せ先・お申込み先
大船渡市社会福祉協議会
電話:0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。

20160921154109969_0001.jpg


助成金:公益財団法人 日本社会福祉弘済会  平成29年度 社会福祉助成事業


@提供
(公財)日本社会福祉弘済会

A対象となる活動
社会福祉事業でそのテーマや内容に先駆的要素またパイロット性があるもの
事業の目的が明確で、実施後の具体的な成果が充分期待できるもの

(A)集合研修
(B)派遣研修
(C)実践研究
(D)調査研究

B対象となる団体
申請団体は社会福祉事業や福祉施設の運営、福祉活動などを目的とする社会福祉法人、福祉施設、福祉団体などとします。
法人格のない任意団体、グループは市区町村社会福祉協議会の推薦を得て申請してください。
申請は1団体、1事業とします。
反社会的勢力及び反社会的勢力と関係すると認められる法人、団体からの申請は受け付けられません。

C助成金額
助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: なし

D応募期間
2016年11月1日〜2016年12月15日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:第13回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)


@提供
NPO法人 地域精神保健福祉機構・コンボ

A対象となる活動
●困難な状況を克服して社会参加を果たされた精神障害の方々の中から、特に優れた活動をなさっている方を表彰し支援します。また支援者部門では、支援者の方、グループ・団体も表彰します。
●この賞をとおして、精神保健福祉に貢献されている方々の姿を社会に広く紹介することで、医療と社会の環境整備や充実に寄与し、精神障害(特に統合失調症)に関する理解を深める一助となることを目的にしています。

B対象となる団体
●当事者部門
ご自身の自立または地域社会でほかの精神障害者の自立支援活動を、1年以上にわたって行っている方、グループ・団体
●支援者部門
精神障害者の社会参加、自立を支援する活動を1年以上にわたって行っている方、グループ、団体
※氏名の公表及び写真・映像等についてインターネットを含む各種メディアによる紹介をご承諾いただける方に限ります
※法人格の有無は問いません
※後日、賞金の使途について報告していただきます

C助成金額
1,000,000円

D応募期間
2016年12月31日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:スカンジナビア・ニッポン 助成制度


@提供
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団

A対象となる活動
日本と北欧諸国間の相互理解、友好関係に寄与する研究・調査・交流事業に対し個人、団体を問わず次の分野に毎年助成を行なっております。

(学術案件)
人文・社会、医学、自然科学等の各分野及び 北欧諸国の理解促進に寄与する研究・調査案件への助成(大学院生以上)
(教育案件)
交換留学、大学間の交流プログラム等教育に関連する案件への助成
(文化・人的交流案件)
関係諸国間の文化、芸術の紹介、シンポジウム開催等友好関係及び相互理解に寄与する案件への助成

B対象となる団体
応募要項をご確認ください。

C助成金額
1,000,000円

D応募期間
2017年1月16日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:子どもの体験活動・読書活動 平成29年度助成


@提供
(独法)国立青少年教育振興機構

A対象となる活動

子どもを対象とする体験活動や読書活動
◆体験活動
・自然体験活動
子どもたちが自然に触れ親しむ活動を通じて、自然への理解や興味関心を深めること
・科学体験活動
子どもたちが理科や科学に触れ親しむ活動を通じて、科学等への理解や興味関心を深めること
・交流を目的とする活動
子どもたちが異年齢や異世代の交流、地域間の意図的・計画的な交流等を通じて、互いの理解を深めること
・社会奉仕体験活動
子どもたちが社会に積極的にかかわる活動を通じて、思いやりの心や豊かな人間性・社会性を育むこと
・職場体験活動
子どもたちが職業を体験することを通じて、働く意義や目的を探究することや望ましい勤労観・職業観を育むこと
・総合・その他の体験活動
意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動を通じて、子どもたちの総合的な力を育むこと

◆読書活動
子どもたちが本に親しむ活動を通じて、自主的に読書活動に取り組む意欲を育むこと

子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
◆フォーラム等普及活動
体験活動や読書活動の振興方策等を研究協議するフォーラム、体験活動や読書活動の普及啓発を図る講演会などが該当します。
※フォーラムとは、あるテーマをもとに基調講演や公開討論などのプログラムを実施する活動のことです。
◆指導者養成
体験活動や読書活動の指導者・ボランティアとして活動する方を養成する研修会、すでに指導者やボランティアとして活動している方のスキルアップを図る研修会などが該当します。

B対象となる団体
次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。
公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
特定非営利活動法人
国又は地方公共団体
法律により直接に設立された法人
特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

C助成金額
6,000,000円

D応募期間
2016年10月3日〜2016年11月29日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:2016年度助成プログラム 防災減災活動⽀援部⾨


@提供
Yahoo!基金

A対象となる活動
防災減災プログラムの開発
様々な視点や着想、アイデアに基づき、新たな防災減災の取り組みを作り出し、組織や地域を越えて展開可能な形(プログラム、パッケージ、ストーリー、手順、グッズ、コンテンツ、ワークショップ、カリキュラム等)にまとめ上げたものを助成実施後の成果物として期待するコースです。既に成果物の初版が完成してはいるが目立った実績はまだなく、更なる改善に取り組んでいくフェーズと位置付けられるもの

B対象となる団体
応募要項をご確認ください。

C助成金額
100万円

D応募期間
2017年4月〜2018年3月(1年間)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:2016年度東日本大震災復興支援


@提供
Yahoo!基金

A対象となる活動
東日本大震災復興支援部門は、「震災から5年が経過した被災地が直面している課題を解決するための取組みへの支援」を行います。活動内容に応じて「課題解決型」と「コレクティブインパクト型」の2つのコースがあります。

課題解決型
地域や被災者に寄り添い、継続的に課題解決に取り組む活動

コレクティブインパクト型
多機関連携型で新たな手法で試みる活動

B対象となる団体
応募要項をご確認ください

C助成金額
課題解決型
対象期間:2017年4月〜2018年3月(1年間)
助成額:500万円

コレクティブインパクト型
対象期間:2017年4月〜2019年3月(最長2年間)
助成額:1,000万円

D応募期間
2016年10月31日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。