CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月08日

助成金:環境保全プロジェクト助成


@提供
公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団
 
A対象となる活動
対象となるプロジェクト
次の3つの条件を満たすプロジェクトが対象となります。
@活動の内容((i)、(ii)のいずれかの部門に該当)
i) 地域の環境保全に関する活動部門:
原則として、国内において「自然保護」「環境教育」「リサイクル」などの分野で、実践的活動を行うもの
ii) 気候変動問題の普及啓発に関する活動部門:
原則として、気候変動問題(動向や対応等)に関する情報提供や普及啓発(講座・セミナーの開催、出版物の発行等)を行なうもの
A2016年度中に開始予定のもの(すでに開始されているプロジェクトも対象)

B継続性、発展性を持つプロジェクトであり、その成果が公益のために貢献するもの

B対象となる団体
次の2の条件を満たす団体が対象となります。
@2016年12月末時点で公益法人、NPO法人または任意団体としての環境保全活動実績が2年以上あること
A助成対象となったプロジェクトの実施状況および収支状況について適正に報告できること
 (助成実施後、活動報告書等を作成いただきます)

C助成金額
プロジェクトにつき20万円を上限とします。(総額は300万円を予定)
・ 地域の環境保全に関する活動部門:10件程度
・ 気候変動問題の普及啓発に関する活動部門:5件程度

D応募期間
2016年10月31日(月)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:公益財団法人 大阪コミュニティ財団 2017年度助成


@提供
公益財団法人 大阪コミュニティ財団

A対象となる活動
1年以上の活動実績を有する非営利団体(法人格の有無は問いません)が、2017年4月1日から2018年3月31日までの間に、実施を予定している公益に資する事業。

B対象となる団体
応募要項をご確認ください。

C助成金額
助成限度額
助成割合に限度は設けませんが、自己資金をできるだけご用意ください。これまでに同様の申請事業で助成を受けておられる場合は、採択金額が申請金額より削減される場合もあります。
なお、「助成する基金の種類・分野・助成金額」(6ページ以降に掲載)に示されている分野ごとに助成できる金額を上限とします。
各基金からの助成額等
当財団では、一つの申請事業に対して複数分野からの基金を充当することはありません。事業をいずれか一つの分野にあてはめ、当該分野にある基金から助成します。
また、同じ分野の基金でも、助成できる事業内容が必ずしも同じではありませんし、対象地域が限定されているものがありますので、6ページ以降の各基金の「助成分野」、「助成総額」、「対象地域」をよくご覧の上、申請してください。

D応募期間
2016年11月30日(水)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:一般財団法人日本メイスン財団 平成29年度助成金


@提供
一般財団法人日本メイスン財団

A対象となる活動
@社会的弱者、障がい児(者)の医療、自立、福祉向上を目的とした各種のボランティア活動
A上記に関連する機器、施設の改善、備品購入資金の援助
*特に児童を対象とする直接的支援プロジェクトを重視します。

B対象となる団体
@助成対象者は非営利法人、慈善団体とし、個人及び営利法人は除きます。
A人件費等の一般管理費は助成の対象となりません。
B申請案件に対する事業計画があり、助成金の使途が明確であること。
Cその他、申請書記載要領および添付資料が完備していること。
D設立又は事業開始後2年以上活動の実績があり、活動内容を明らかにできる書類等の資料があること。

C助成金額
応募要項をご確認ください。

D応募期間
2016年10月31日(月)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。