CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月31日

助成金:2021年度 鳥類保護団体への活動助成部門

@提供
公益信託 サントリー世界愛鳥基金

A対象となる活動
鳥類保護団体の鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的とします。

B対象となる団体
助成金の支給対象となる団体は、自然環境の保全のため野生動植物の保護・繁殖に関する業務を行なうことを主たる目的とする法人または任意団体としますが、各都道府県の鳥類保護担当部署または環境省地方環境事務所等より推薦を受けることができる程度の活動を期待するものです。

C助成金額
10件程度の活動に対して、総額2,000万円

D応募期間
2020年9月30日(水)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2020年07月20日

助成金:第4回 日経ソーシャルビジネスコンテスト

@提供
株式会社 日本経済新聞社

A応募対象
a)今までに活動実績があり2020年度以降も事業の継続を予定しているソーシャルビジネス
b)新規に取り組もうとしているソーシャルビジネスのアイデア

B応募資格
社会的課題の解決を目的とする事業に取り組む個人または法人(学生、社会人、株式会社、一般社団法人、NPO法人など)。

C表彰内容
事業化もしくは事業の発展に向けた支援として、以下を授与します。
日経ソーシャルビジネスコンテスト
大賞         :賞金 100万円、賞盾
特別賞(Covid-19関連):賞金 50万円、賞盾 ※新設
優秀賞        :賞金 50万円、賞盾
学生部門賞      :賞金 10万円、賞盾

D応募期間
2020年9月6日(日)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2020年06月30日

イベント・セミナー:大船渡まちもり大学スピンオフ企画「ふなトーク」街守人の宴

@内容
みんなで飲みながらアフターコロナの飲食店について考えてみます。
「こんなメニューがあったらいいな」「飲食店がこんなだったらいいな」を飲みながら、食べながら話しましょう。

A開催日時
2020年7月5日(日) 13:00〜14:30

B場所
海山酒場(ビアガーデン会場内)

C参加費
無料(事前申込み制)

D定員
20名

E問合せ先・お申込み先
NPO法人おおふなと市民活動センター 
TEL.0192-47-5702
Eメール:shimin@ofunatocity.jp

詳しくは、チラシをご覧ください。


200630_まちもりスピンオフ_web用.png

2020年06月24日

助成金:【株式会社ガハハ】キフフ助成プログラム2020

@提供
株式会社ガハハ

A対象となる活動
NPOの広報実務経験のあるファンドレイザーが、伴走型支援で団体が必要とするサポートをさせていただきます。(例:計画づくりのアドバイスや、既存の支援者データの整備アドバイスなど)
 また、冬募金活動実施後に団体スタッフを交えた振り返りを行い、次の一手を考える場をつくります。申請内容を勘案し、ファンドレイザーの方々とも協議した上で、助成金事務局で最適な担当・役割分担を調整させていただきます。

B対象となる団体・助成金額
Aコース:はじめて冬募金(上限約38万円・1団体)
初めて冬募金の募集を郵送で呼びかける団体を対象としています。

Bコース:もっと冬募金(上限約38万円・1団体)
前年度に冬募金DMを行った実績があり、「DMをいつ、だれに、どのように配ったか」そしてその結果どうなったかの記録を既にお持ちで、今年度さらなる改善を考えている団体を対象としています。

C応募期間
2020年7月17日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2020年06月18日

助成金:2020年度助成事業 ボランティアグループ等が行う事業への助成

@提供
(公財)太陽生命厚生財団

A対象となる活動
財団設立の趣旨・目的である社会福祉の向上に寄与するために、生活福祉分野で地域に根ざし、地道な活動を行なっているボランティアグループ等が実施する事業への助成を継続して実施すると共に、高齢者福祉に関する研究・調査への助成活動を実施したいと考えます。

B対象となる事業
地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO(法人格の有無は不問)
(在宅高齢者等への地域公益事業・生活支援事業を行う社会福祉法人を含みます。)

C助成金額
1件 10万円〜50万円

D応募期間
2020年6月末日

詳しくはホームページをご覧ください。



2020年04月08日

助成金:第14回よみうり子育て応援団大賞

@提供
読売新聞大阪本社

A対象となる活動
 1.活動の特徴、アピールしたい点
 2.活動を始めたきっかけや目的、具体的な内容
 3.大賞希望団体は、受賞したらどのような企画をしたいか、奨励賞希望団体は、選考委員からほ
 しい助言や現在困っている点
 ※優れた子育て支援に取り組む団体を表彰し、発足したばかりのグループも応援

B対象となる団体
子どもや親を対象にした支援活動を行う国内の民間のグループや団体。
活動年数やメンバー数は問わない。

C助成金額
大賞(賞金200万円)1団体
奨励賞(同100万円)2団体
別に、応募団体の中から選考委員特別賞(賞金20万円)

D応募期限
2020年6月10日(水)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2020年03月17日

助成金:真如苑 「こども食堂等活動支援助成」

@提供
真如苑

A対象となる活動
新型コロナウイルス感染症対策としての臨時休校に伴い、社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者の支援を目的として、こども食堂や学習支援などの活動を実施する団体を対象とします。

B対象となる団体
新型コロナウイルス対策として、こども食堂などによる支援活動を現在展開している非営利団体。

C助成金額
・1 団体あたりの助成上限額は 10 万円

D応募期間
2020年3月19日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



2020年03月06日

助成金:2020年度 研究助成「学問の未来を拓く」

@提供
公益財団法人 サントリー文化財団

A対象となる活動
人文学、社会科学の分野において、従来の「研究」や「学問」を問い直す知的冒険に満ちたグループ研究活動の支援を通して、豊かな<知>の発展に貢献することを目指しています。

B対象となる団体
申請代表者・研究メンバーの国籍、所属、年齢は問いません。大学等に所属の研究者だけではなく、多様なバックグラウンドを持った専門家の参加を歓迎します。グループの形式は問いません。研究者による研究はもちろん、実務家や行政官による研究、作家や芸術家による研究、研究者とさまざまな人たちとの共同研究のいずれも申請可能です。


C助成金額
1件につき50万円から300万円の範囲で助成

D応募期間
2020年4月10日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2020年01月30日

イベント:みんなで一緒に学ぼう会〜その70 団体紹介のチラシをつくろう

@内容
=大船渡市内で市民活動をしている団体さん向け=
自団体の活動やPRしたいことなどをまとめ、チラシを作成しませんか。3月8日(日)に行う市民活動まつりや今後の活動にご活用ください。

A開催日時
2020年2月14日(金) 13:00〜16:00

B会場
おおふなと市民活動支援センター(サン・リア2F)

C参加費
無料

D持ち物
パソコン(貸し出し可)、活動写真数枚
※(データを持ち帰りたい方はUSBを持参ください。)

E問合せ先・お申込み先
おおふなと市民活動支援センター TEL/FAX:0192-47-5702

詳しくは、チラシまたは、ホームページをご覧ください。

20200130151652392_0001.jpg


2020年01月24日

イベント:ピカソのママ集まれ


@内容
私たち『とまり木』は障害のある子供の育児中のママたちが少しでもはっぴーになれる場所を作りたくて動きだしました!子供のキニナル…を同じ境遇のママ達とコーヒーを飲みながら、女性としての居場所を確保しながらお話をするだけで、普段話せないこと吐き出してママ自身元気になりましょう♪そして子育てをさらに楽しく親子共にはっぴーな人生を送られたらと思っています!また、障害の有無にかかわらず、成長や個性に不安を感じている、こまったちゃんママも大歓迎です!親が元気なら子も元気!!!

A開催日時
2020年2月25日(火) 10:00〜12:00

B会場
大船渡キリスト教会2階

C参加費
500円

D主催団体
障害児ママ支援団体 とまり木

E問合せ先・お申込み先
代表  山崎   080-1846-6274

詳しくは、チラシをご覧ください。

とまり木.jpg





2019年10月29日

助成金:「未来につなぐふるさと基金」2020年度公募

@提供
公益財団法人 パブリックリソース財団/キヤノンマーケティングジャパン株式会社

A趣旨
パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログラムを協働で実施する団体を募集しています。

協働団体が実施する市民参加型プログラムを支援するとともに、協働団体から提供された写真や動画などを、キヤノンホームページ内の生物多様性サイトから発信します。

B対象となる活動
生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する市民参加型プログラム
@【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
 (例)米や野菜の生育環境の学習
A【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
 (例)自然探検ツアー、昆虫の観察
B【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
 (例)生き物観察マップづくり、生き物フォトコンテストや写真展の開催
C【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動
 (例)里山の保全や干潟の清掃

C助成金額
1団体あたり50万円

D応募期限
2019年11月1日(金)〜2020年1月10日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:第15回 アステラス・スターライトパートナー患者会助成

@提供
アステラス スターライトパートナー

A趣旨
アステラス製薬株式会社は「先端・信頼の医薬で世界の人々の健康に貢献する」を経営理念として事業活動を行っていますが、患者さん個々を取り巻く環境は異なり、この中には医療では解決できない問題も数多く存在しています。私たちは、薬づくりという事業活動とともに社会貢献活動も重要な企業活動であると考えており、患者さん・患者さん家族への支援として患者会支援(スターライトパートナー)活動を行っています。
この活動は患者会が自立・自主性が発揮できるよう側面的支援に取り組み、患者会の持続的発展を促すことを目的としています。
本助成は患者会が主体となって活動する、患者さん・患者さん家族同士が支え合う活動、病気への理解を深める活動、会の持続的発展につながる活動などを支援の対象としております。

B対象となる団体
患者または患者家族の会、患者会の連合組織、患者支援団体等で、以下の対象疾患・領域の団体が助成対象となります。
指定難病*、臓器移植医療、泌尿器疾患、自己免疫疾患、循環器系疾患
内分泌・代謝疾患、腎疾患、筋骨格系疾患、血液および造血器疾患、感染症、呼吸器系疾患
消化器系疾患、中枢神経系疾患
*ここでいう指定難病とは「難病の患者に対する医療等に関する法律 第5条第1項」において令和元年7月1日までに「指定難病」と告示された333疾患を指します。

C対象となる活動
以下の(A)(B)の活動が助成対象となります。
団体の年間事業全般に対しての支援は行いません。

(A):社会に向けた疾患啓発・医療関連情報などを発信するイベントもしくは事業
<活動例>
・一般社会に向けた疾患啓発イベント、市民公開講座、シンポジウム
・学会における患者セミナー開催やブース出展
・社会の幅広い患者の利益につながる疾患実態調査や患者用ガイドブックの作成、疾患情報を発信するホームページの作成など

(B):主に会員向けに疾患・医療知識習得を目的に行うイベントもしくは事業、会の人材育成を目的とした活動
<活動例>
・会員向けに行う医療講演会、医療相談会、勉強会(但し、総会は除く)
・会員の疾患・医療知識の向上を目的とした学会や研究会への会員派遣
・会のピアサポート力向上を目的としたピアサポート研修会
・会の役員、リーダー育成を目的とした他団体開催イベントへの研修派遣など
 尚、行政や医療機関・医療関係者と共催するイベント企画等は助成の対象外となります。

D助成金額
助成総額:1000万円

E応募期限
2019年12月23日(月)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2019年09月11日

助成金:スポーツチャレンジ助成事業

@提供
公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団

A体験分野
世界にはばたく逞しい人材育成を目的に、アスリート、指導者、審判、スポーツジャーナリストなど、スポーツに関連する幅広い分野から、我が国のスポーツの普及・振興や競技水準向上につながる、高い志、明確な目的・目標、そして具体的なプロセスを持ち、チャレンジスピリット、フロンティアスピリットあふれる方を募集しています。

B対象となる団体
【アドバンスド】 世界選手権など国際レベルでの実績を有する、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体 、
【ベーシック】 世界選手権など国際レベルを目指す、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体
【ジュニア】 ジュニア世代の国際大会での実績を有する、中学1年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体

C助成金額
アドバンスド:上限150万円
ベーシック:上限100万円
ジュニア:上限50万円

D応募期限
2019年10月31日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



2018年12月25日

セミナー:名医にきく!第3弾 糖尿病の最前線

@内容
糖尿病にならないために、糖尿病を悪化させないために、最新研究でわかってきた体との付き合い方についてお伝えします。

A開催日時
2019年1月23日 (水) 午後2時〜3時 (開場午後1時30分)

B会場
総合福祉センター (大船渡警察署となり)

C講師
えんどう消化器科内科クリニック 院長 遠藤稔弥 先生

D申込方法
電話(平日9:00-17:00) 0192-27-1581
FAX(24時間) 0192-27-1589
件名を「講演会参加」とし、@氏名(フリガナ)、A生年月日、B電話番号を記載の上お申し込みください。

E問合せ先・お申込み先
大船渡市生活福祉部健康推進課
電話 0192-27-1581

詳しくは、チラシをご覧ください。

20181225103520173_0001.jpg

2018年12月11日

お知らせ:技術課題で困っていませんか?

@内容
1.大学との共同研究 2.受託研究 3.技術相談 4.大学設置の装置利用、分析、試験の依頼 5.研究者の紹介・面談希望 (専門知識の提供希望) 6.大学技術シーズとのマッチング 7.産学連携一般の質問など 8.その他

A技術相談分野
1.物質・エネルギー 2.デザイン工学 3.機械・制御・輸送 4.材料機能性物資 5.土木・都市 6.生活・環境 7.通信・エレクトロニクス 8.情報画像 9.分析・計測技術 10.バイオ 11.園芸・食品 12.教育 13.その他

B問合せ先・お申込み先
岩手大学 三陸復興・地域創成推進機構  梅谷宛
TEL:090-2886-8887 FAX:0193-55-5691
E-mail:umeya@iwate-u.ac.jp

詳しくは、ホームページをご覧ください。

20181211120249865_0002.jpg



2018年11月30日

イベント:みんなの学校inほんまるキャンパス

@内容
今回は市内NPOの5団体を先生役に迎え、まちなか広場交流施設ほんまるの家で開校。各団体が地域課題解決のために日ごろから取り組んでいる活動などを教えていただきます。

A開催日
2018年12月15日(土)16日(日)

B会場
交流施設 ほんまるの家

C参加費
500円(高校生以下無料)

D申込締切日
2018年12月10日(月)

E問合せ先・お申込み先
陸前高田まちづくり協働センター
電話 0192-47-4776
FAX 0192-47-4778
E-mail rtkyodo@gmail.com

詳しくは、チラシまたはホームページを」ご覧ください。

20181130102516113_0001.jpg

20181130104030841_0001.jpg


2018年03月27日

イベント:第5回 碁石海岸で囲碁まつり

@内容
新幹線囲碁列車/囲碁まつり・音楽祭・アート祭/全国・台湾・韓国盲学校囲碁大会/囲碁神社参拝

A開催日時
2018年5月12日(土)〜5月14日(月)

B会場
リアスホール 他

C主催団体
碁石海岸で囲碁まつり実行委員会・全国盲学校囲碁大会実行委員会

Dお申込み先
大和田 東江
電話:090-8250-3085
FAX:0192-29-3577

詳しくは、チラシをご覧ください。

20180326171807856_0001.jpg



2017年12月15日

セミナー:【平成29年度】いわて三陸復興フォーラム

@内容
東日本大震災津波からの復興の情報を発信することにより震災の風化を防止するとともに、復興を担う個人や団体など多様な主体が復興について学び合うことにより、復興や地域づくりの更なる推進につなげていくため、「いわて三陸復興フォーラム」を開催します。

A開催内容
・内陸報告会(1日目)2018年1月26日(金)
 時間:13時15分から16時00分まで
 会場:エスポワールいわて大ホール(定員200名) 
 
被災者の心と体のケア、コミュニティ支援などに関する基調報告と全国自治体からの派遣応援職員による報告を行います。
 〇基調報告
    大船渡保健健康福祉環境センター 技術主幹兼保健課長 
    花崎 洋子(はなさき ようこ) 氏

    元釜石市平田弟6仮設団地自治会 事務局長 
    菊池 隆(きくち たかし)氏

・沿岸報告会(1日目)2018年1月26日(金)
 時間:10時30分から15時30分まで
 場所:大船渡市及び陸前高田市内
 
震災から7年目を迎えた被災地の「いま」伝えるため、無料送迎バスによる防潮堤工事現場の見学や復興の先を見据えた新たな取組の紹介、災害公営住宅入居者との懇談等からなる「沿岸報告会」を開催します。

・全体会(2日目)2018年1月27日(土)
 時間:13:30〜17:00
 場所:エスポワールいわて大ホール
 テーマ:復興の希望未来予想図を語る
 開催概要 
 1.開会・知事挨拶
   達増 拓也 (岩手県知事)
 2.基調講演(60分) 
  演題:「プラチナ社会の実現と復興」 
   株式会社三菱総合研究所 理事長/小宮山 宏 氏
3.合唱披露
   岩手県立不来方高等学校 音楽部
4.パネルディスカッション(120分) 
テーマ: 希望をつなぐ地域防災とコミュニティ
【パネリスト】
 ■ 公益社団法人中越防災安全機構 マネージャー/山崎 麻里子 氏
 ■ 大槌町安渡町内会 会長/佐々木 慶一 氏
 ■ 釜石リージョナルコーディネーター(釜援隊) 統括マネジメント/二宮 雄岳 氏
 ■ 大槌町 震災検証室長/小山 雄士 氏
 
【総合司会/コーディネーター】 
 ■ 元めんこいテレビアナウンサー/坂口 奈央 氏
5.閉会
<交流会> 
 時間: 17:30〜19:00  
 会場: エスポワールいわて1階イベントホール

Bお申込み先
お申込みに付きましてはホームページをご覧ください。

chirashizz.jpg

2017年12月06日

イベント:水泳教室

@内容・日時・定員
水泳教室 参加者募集
・ラクラク教室
 毎週火曜日 10:00〜11:00
 1月16日〜3月6日 全8回
 定員40名

・イキイキ教室
 毎週水曜日 10:00〜11:00
 1月17日〜3月7日 全8回
 定員40名

・スイスイ水泳教室
 毎週木曜日 10:00〜11:00
 1月18日〜3月8日 全8回
 定員40名

・リラックス水泳教室
 毎週木曜日 18:30〜19:30
 1月18日〜3月8日 全8回
 定員40名

・チャレンジ水泳教室
 毎週金曜日 10:00〜11:00
 1月19日〜3月9日 全8回
 定員40名

・児童水泳教室
 小学2年生〜6年生対象
 毎週土曜日
 1) 9:30〜10:30
 2)10:30〜11:30
 1月20日〜3月10日 全13回
 定員 1)40名、2)25名

A受講料
1教室 1,000円
 ※プール利用料別途、回数券がお得です

B問合せ先・お申込み先
社会福祉法人 大船渡市社会福祉協議会
TEL:0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。

H29-3_swimmingSchool.jpg





2017年06月07日

お知らせ:介護のおしごと 職場体験してみませんか?


@内容
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター

A実施期間
平成29年4月〜平成30年3月
(申込受付は平成30年2月末まで)

B体験期間
1人年1回 2~5日間
1日概ね 6~8時間以内

C体験先
岩手県内の高齢者介護施設・事業所で 申込者が希望するところ

D問合せ先・お申込み先
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター
担当(佐々木)019-601-7062 / 019-637-9612

詳しくは、パンフレットをご覧ください。
介護職場体験-001.jpg介護職場体験-002.jpg