CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月17日

お知らせ:令和2年度「新しい東北」復興・創生顕彰

@内容
「新しい東北」の創造に向けて、被災地の地域課題(被災による人口減少、産業の空洞化、コミュニティの衰退等)を克服するために取り組んでいる個人・団体とします。

A応募対象
「新しい東北」の創造に向けて、被災地の地域課題(被災による人口減少、産業の空洞化、コミュニティの衰退等)を克服するために取り組んでいる個人・団体とします※。

●被災地の地域課題を解決する取組(例)
・ 住民が中心となって、地域の魅力向上に向けた企画やイベントを実施する取組
・ ソーシャルビジネスを通じて、生業や雇用を創出する取組
・ 災害公営住宅、仮設住宅等におけるコミュニティ形成に向けた取組
・ 文化、芸術、スポーツ等の力を活用して、復興に向けた新たな動きを創出する取組

B応募期間
2020年9月1日(火)〜9月30日(水)

C応募方法
応募は、自薦・他薦を問いません。他薦の場合は、推薦する個人・団体の同意を得るものとします。応募フォーム内の必要事項を御記入の上、事業報告書、パンフレット等の取組の内容・状況が把握できる資料を併せて御提出ください。応募フォームから資料をアップロードしていただくか、資料を事務局へ9月30日(水)必着で郵送してください。

D応募条件
1 推薦する個人・団体は、次の事項を満たしている必要があります。
(1)個人・団体は、少なくとも直近1年間(令和元年9月〜令和2年8月)において、課題に取り組むべく活動を行っており、今後も継続して活動していく予定にしていること。
(2)ある取組に対し、複数の個人・団体が関与している場合、当該取組において、推薦する個人・団体が中心的役割を果たしていること。
(3)個人・団体は、過去に復興庁が主催する表彰・顕彰(「新しい東北」復興・創生顕彰、「新しい東北」復興ビジネスコンテスト、「産業復興事例」顕彰等)により、表彰・顕彰されていないこと。
(4)個人・団体は、国・地方公共団体及びその職員ではないこと。
2 推薦する個人・団体の取組は、次の事項を満たしている必要があります。

(1)東日本大震災または東京電力福島第一原発事故をきっかけとして発生した課題を克服するための取組であること。
(2)施設整備等のいわゆるハード面の取組でないこと。

E問合せ先・お申込み先
「新しい東北」復興・創生顕彰運営事務局
(ハリウコミュニケーションズ株式会社内)
〒984-0011 宮城県仙台市若林区六丁の目西町2番12号
TEL:022-288-5011 FAX:022-288-7600 MAIL:newtohoku@zundanet.co.jp

詳しくは、ホームページをご覧ください。