CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
鈴木こころノート
(一社)愛媛県摂食障害支援機構で代表をしている、鈴木こころのブログです。
自助グループ『リボンの会』、啓発活動『マゼンタリボン運動』、就労支援事業『オフィスパートナー湊町ブランチ』や講演活動のことなどをつづっています。
摂食障害をキーワードに、社会の中の『生きづらさ』をテーマとして取り組んでいます。
« 2020年07月 | Main | 2020年09月 »
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
マゼンタリボン。行政から問い合わせがある、の巻(8/31)[2020年08月31日(Mon)]






最近、マゼンタリボンや摂食障害について
行政からの問い合わせがチラホラあるリボン

(と言っても、まだまだ愛媛県内が大半だけど。)





それでも確実に・・・
着実に・・・
着々と広がっているひらめきひらめきひらめき



うれしいねわーい(嬉しい顔)








今日連絡のあったマゼンタリボン注文については、

明日、オフィスパートナーの有志で
発送作業をしましょうわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)






Posted by 佐野 at 18:10 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
自分に〈インプット〉の時間を(8/30)[2020年08月30日(Sun)]




ここ数年、
とても忙しく、
周りから、「そんなに忙しくすると倒れるでー」「もう少し休まんと・・・」と言われても
[自分のため]に時間をとることをしてなかった。




最近、やっと限界が来て・・
(なんと、わかりの遅い奴あせあせ(飛び散る汗)

これではいかんと、
自分のしたい勉強を最近少しずつしている。



《自分のためだけに》<インプット>ができる時間が必要だと、
ようやくわかったひらめき







どんだけ、人のために何かしたいと願っていても、
自分のメンテナンスができていなければ、
自分が自分で自家中毒を起こすダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



少し、自分の建て直しを図れるよう日常生活の心持ちを見直したいですわーい(嬉しい顔)exclamation×2






Posted by 佐野 at 01:19 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
オフィスパートナー、C型に向けて(8/29)[2020年08月29日(Sat)]




最近は、

オフィスパートナーが
メンバーにとって、
本当に、人生のステップアップに意味のある居所になるために

何ができるか、
真剣に考えていましたexclamationぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



今週は、ずっと考えていたよ・・・ひらめき






スタッフとも共有したりもしてるよ。



新たな秘策・・・
今、私が考えていることは、もしかしたら既存の福祉施設の一般的考え方ではなく、
企業寄りの考え方かもしれないけれど、
ちょっと秘策があるんだ・・・(NHK『プロフェッショナル』的たくらみ(大きく出たなぁ笑)わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)





今はまだ世の中にない、<就労継続支援型事業所>を目指して、試行錯誤していこうと思うよ。

ひきこもり、ニート、軽度発達障害、摂食障害には、
絶対に必要だと思うから。





今を生きる、未来あるメンバーたち(私たち)が

生きていてよかった、
オフィスパートナーに来てよかった、
と思える居所にしていくね・・プレゼント






Posted by 佐野 at 22:53 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
自助グループ仲間&先輩と話ができて超うれしい(8/28)[2020年08月28日(Fri)]




これまで年末からいろいろしんどいこともあったけど、
このエピソードをきっかけに、

苦しい時に、助け協力してくれる人を認識できたり、

遠く離れた自助グループの仲間(戦友?)たちと話せて

しあわせだなぁと思う。






そして、また人生の先輩、自助グループの先輩に救われる。
生かされた。


何だかんだといって、
私は、摂食障害にまつわることで生かされている。


ふしぎな話。




Posted by 佐野 at 23:23 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
記号で表すと(8/27)[2020年08月27日(Thu)]




私の脳内、
記号で表すと、

【私の命<摂食障害のこと】だな。






完全に、どっかおかしい(大笑)わーい(嬉しい顔)






Posted by 佐野 at 23:58 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
ご報告4(8/27)[2020年08月27日(Thu)]





公明党さんとの進捗状況についてのご報告ですひらめき


この間
プロジェクトチームの座長の熊野さんと交わした約束通り、
当事者団体の意見を聞いてくれるよう

少しずつ話が進んでいます。



(特に)署名をしてくださった皆様、
ご心配をおかけしていますが、ご安心ください。わーい(嬉しい顔)







あれから、協力していただいた方からは、
「こころさん、死ぬんじゃないんか、と思った」とか、
「おつかれさん」とか
「私たちのためにありがとう」とか
「もう当事者の声を聞いてくれるなんて、あきらめたほうがいいんじゃないのか・・世の中やっぱりそういうものだよ・・・」とか

ともにその痛みをわかちあってくれたからこその言葉をかけていただいていました。
本当にありがとうございます。






そしてやってきた今回の吉報。





公明党さん。
特に
熊野さん、
石田政調会長、
約束を守ってくださってありがとうございます。



私がこれまで、泣いて騒いで・・・
こりゃどうしたのものかと
内心困ったこともあったと思います。


私がこれまで訴えてきた願いは、私個人が利益を得るためのものではない。
今泣いている当事者がいることや、
これまでさんざん泣いてきて、今や世の中を信じられなくなってしまっている当事者や、
そのご家族の、
本当の声を聴いてほしかった、という願いが少しでも通じたなら、

恥をさらしてでも訴えた甲斐があり、本当に報われます。



そして、
署名をしてくださった皆さんも報われると思います。





まずは、
約束を守って、進めてくれようと動いてくださって、
ありがとうございます。






Posted by 佐野 at 23:56 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
今日はリボンの会(8/23)[2020年08月23日(Sun)]





今日はリボンの会ミーティングの日でしたリボン

閉会すると決めてから、
なぜだか、参加者一人一人に意味のあるミーティングが繰り広げられています。



私が何かをしているわけではないのに、
参加者が作り上げているミーティング、
本当に、このグループダイナミクス、すごいんですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)





言葉では言い表せない。

来て見て!!って言いたいところだけれど、
ここは、普通に食べる人禁制だから、見てももらえない。




私の人生で一番の自慢のリボンの会を知ってもらえなくて
残念だなぁ・・って思うけど、




ひとつわかっていることがある。
自助グループの魅力をお伝えできる言葉を持ちました。



それは、グループの中に
「おかげさま」と「おたがいさま」の空気が流れていること。

それがあるなしで、大違いのミーティングになるの。









魅力が伝えられないから、
今日久々に見上げた、事務所の壁に貼っている賞状をごらんください。
image1.jpeg

賞状は単なる紙だけど、いろんなドラマがありました。


Posted by 佐野 at 19:17 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
これは、酒飲みながら思ったことだよ・愛媛松山は先進地!編(8/22)[2020年08月22日(Sat)]



最近気づいたのは、

この数か月の《違和感》。

あの《屈辱感》は何だったのか、
どういう要素があってこんな屈辱を感じ続けたのだろうかということ。



この数か月、
「当事者団体」という立場の扱われ方の低さに
ショックを受けていたんだなぁとようやく気づきましたひらめき







愛媛や松山で活動している時は、
こんな屈辱感はなくて、

私たちのことを<市民活動団体のひとつ>=<地域の資源>として見てくれていたから、
だいたい、対等に扱ってくれた。

良くも悪くも、この数か月の違和感は、
私がそれに慣れてしまってたから感じたものだった、と気づいた。




まぁ、
屈辱といえば、
17年前にリボンの会をはじめた時にちょっとだけ、
病院にチラシを配りに回った時に
「(摂食障害の回復支援を自分ら医者でもできんのに)当事者に何ができる」と言われた時くらいかな。


でも、
当事者団体を続け、3年もすれば、
病院から「チラシが足りなくなったからください」と言われるようになって、

立場が上も下もなく扱ってくれてきた。






そう考えると、
愛媛や松山は、たぶん、先進地かも。

本当に、すごいことだと思うよ。

全国的にみても、すごいことだと思うよ。




そういや、15年くらい前にね、
福祉(社協)の仕事をしている時、京都の研修に行って言われたことある。
「松山では、公共の施設で、自助グループを応援、貸館もしてくれるんですよ」と私。
京都社協の方「摂食障害に?」「うちでも先進地だと言われているのに、四国で??」
その当時、京都社協さんは、本当に何もかもが先進地でした。(いまの状況がわからなくて、こんな言い方になってしまいすみません。)







松山は先進地ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



この、マイノリティを“受け入れる”姿勢は、
はじめにたたかってくれた人たちがいたこと、
そして、周りの人々が振り返る柔軟性を持っていたいう、
愛媛や松山の、地域風土からなしえたことだと思うけど、

最初に私たちを受け入れてくれたコムズの皆さん。
そして、私たちの団体を<地域資源>だという認識で、取り入れようと意識改革?をした医療関係者の方たち。
地域社会がすごかった。




私は、とてもラッキーな先進地で活動できていたんだなぁ、と
今回の、とてつもなく屈辱的な違和感でそう気づきました。







Posted by 佐野 at 02:18 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
これは、酒飲みながら思ったことだよ・思い出し編(8/22)[2020年08月22日(Sat)]


思い出したけど、


署名を集めている時期に、
障害福祉を勉強してきた、医療、福祉、教育分野のお仕事をしている人たちに


「こころさんの言っていることを聞いていたら、
国連の障害者権利条約を策定された際の「私たち抜きに私たちのことを決めないで」という
スローガンが思い浮かぶよ。」

と言われてた。

それも何人もに言われてた。





私はそういう勉強はしていないからわからないけれど、
「ふぅぅん、そうなんだ」って聞いていた。





Posted by 佐野 at 02:10 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
これは、酒飲みながら思ったことだよ(8/22)[2020年08月22日(Sat)]


(今から書くことは、夜中酒飲みながら勝手な思考回路で思ったことだよ。
てきとーにものがなしく思ってたことだから、そんなふうに受け取って。)





最近、心が定まらずどーしよーもなく、夜中に酒を飲む。

全然手についてないお坊さんの勉強をと、せめてもお経をイヤホンで聞いていると、

昼間とは違った感覚で思うことがある。



健全な学生らしく、「全然勉強できてないから、今年のお経の試験できるかな・・」とか焦りも出てくるけれど、

今はそんな焦りに浸かることもままならず、



酒飲んでも
寝ても覚めても、

今は一番に
ここ数か月、いろいろと苦しんでいる一連のこと、
「あれは一体どういうことだったんだ?」と思い悩んでしまっているよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)





私の周りで起こった一部始終の事柄なら、時系列で説明できる。




でも、
今はもう、
苦しみはそれではなくて、




なんでこうなったの?運命なの?
何の巡りあわせ??
みたいなレベルの“問い”と“その意味”を考えてしまっている。



この理不尽な顛末には、
事実、たぶん、意味はない。



でもね、
何で“その意味”まで考えてしまうかって、

答えを求めなきゃいられないかって、



信じていたのにことごとく裏切られたからなんだ。
手のひら返しとも感じる思いをしたからなんだ。

助けを求めていたのに、それも、長い間ほったらかしにされていたからなんだ。





何か月も、そういう状態が続くと、人は病む。
健康な人でも、病む。


日常生活レベルで、《人を信じる》ということに、支障が出ている。

私は今、そういう状態に陥っているからさ。




せめて、“意味”や“理由”があってほしいと願ってしまう。



その意味や理由も、「そりゃしかたないよね〜」と納得できるものがないのも知っていながらも、
自動的に考え込むことが多いよ。


そして、
傷ついた人なら誰しも(私でなくても)こういうカラクリで病んでいくことも、理解している。






ただ、もう怒りはない。
怒るエネルギーがない、というより、
怒ってもしかたない次元のところに行っているのだろうな、と思う。


だけど、
真実は曲がらないでほしいし、
私を含めそれに関わったあらゆる立場の人が、よかったね、と言える流れや結果になってほしいと、頑固に頑固に思っているよ。





*******

でね、
前置きが長くなったねど、





今日は、新たに、

悔しかったのは、
私だけでないな。とか思った。





たぶん、太田さんもだな。
ある意味、石田政調会長もかな。とか。



私(たち)とは違う立場、違う捉え方かもしれないけどね。




太田さんや
石田政調会長とは直接お話させてもらって

まごころを感じたから、




そう思った。





そしてまた思う。

なんでこうなったかな・・ってもうやだ〜(悲しい顔)







酒が止まらんね(笑)
酒飲みながら泣くと、頭が痛いんだふらふら






Posted by 佐野 at 01:45 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
https://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml