CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
鈴木こころノート
(一社)愛媛県摂食障害支援機構で代表をしている、鈴木こころのブログです。
自助グループ『リボンの会』、啓発活動『マゼンタリボン運動』、就労支援事業『オフィスパートナー湊町ブランチ』や講演活動のことなどをつづっています。
摂食障害をキーワードに、社会の中の『生きづらさ』をテーマとして取り組んでいます。
« 2020年02月 | Main | 2020年04月 »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
もうこうなったら吐き出すしかない。一応公にしてもいいレベルには我慢しとるけど。(3/29)[2020年03月29日(Sun)]






マゼンタリボン運動の件、

裏切られたと感じた
決定的なことが何個かあって


本当につらいです。




いま思うことは
「あの要望書に
協会さんの名前を出さなかったらよかった」
「そもそも
公明党さんに要望書を出さなければこんなことにはならなかった」と、
思うようになりました。



人を信じると、
裏切られる。
乗っ取られる。

人を信じて
困っている。助けてと言っても
ほったらかしにされていたこと。

そして、大事に大事にしていた
摂食障害への愛情や活動も
簡単に壊されることを知りました。





一番つらかったのは、
それが、当事者の家族の立場の人に操作されていたことを知った時でした。





その人の行動で
私は要らぬ人を疑ったり、
怒ったりもし、
体調を崩し
すべてを疑うようになってしまっていて、

この数か月、
なんとかしようと力になってくれようとした?方もいましたが、
結局、その人もいい迷惑だったと思います。




そして
私たちはいいように使われただけだったという感想が残っています。




プロジェクトというものは、信頼が必要。
仲介人は、ちゃんと伝えることが必要。
誰かが筋が通らないことをしたり、乗っ取りがあったら、うまくはいかない。
今回こういうことが問題点だったことがわかった。

通常の社会ではこんなことありえんのだがな。。。とも思う。





冷静にそう思ったところで悲しみは消えず、体力も奪われたままで
やっぱりつらい。

私たちの活動は
本当に命がけ
一生懸命でやってきた活動だったので
本当に今回のことはつらいです。





Posted by 佐野 at 21:48 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
これもまた、かなしい思い出(3/29)[2020年03月29日(Sun)]




私たちマゼンタリボン運動をはじめた
愛媛県摂食障害支援機構が目指していた、

『摂食障害(食べることに困っている)人たちに
どこも欠けるところなく助けがいき届きますように・・・』の模型図。

image2.jpeg


image2221.jpeg


image441.jpeg


imag44e2.jpeg


image551.jpeg


image6662.jpeg



image771.jpeg


↓[つなぐ]技術や[つなぐ]考え方が、一律のものではないということ。
image551.jpeg


これは、私たちが17年間、当事者団体として
当事者に向き合い、社会的背景をしり
どんなタイプの当事者にもケアがいき届くようにと
考えためてきた大切なものでした。






これを見せたら、
私たちに「このモデルをお借りてもいいですか?」みたいな配慮もなく、
簡単に「このまま使うと思う。(自分の団体の)誰に絵を書いてもらおうか」と
私たちの目の前で乗っ取る発言をする人もいた。





これもいつか、あたかも自分のノウハウだと語られ、乗っ取られるんだろう…
さみしいなぁと思う。








この図はね、
紙ペラ一枚、誰でもできる工作だけれど、
(そして、まだまだ改良の余地がある内容だけれど、)

いろんなタイプの人たちの、
それぞれの生きづらさにおもいを馳せて作ったもので
この、それぞれの「棒人間」一人ひとりに愛情があったんです。
この空白、空間にも願いが込められていたものだったのです。


私たちと同じくらいの愛情や熱意で
摂食障害に取り組んでくれる人に使ってほしいものでした。






Posted by 佐野 at 01:30 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
信頼を裏切られたこと(3/28)[2020年03月28日(Sat)]





国会でマゼンタリボンが取り上げられてから
何度もブログには書いたけれど、、、

最近になって特に
何か変だなと思うことがたくさんあって


実はこの2週間ほど
本当のことが何なのかを確かめるために
いろんな人に会って話をきいていました。







これは去年の11月に当団体から、
公明党政策要望懇談会に提出した要望書です。

image1.jpeg






今月の頭??
公明党内でプロジェクトチームが立ち上がる?(立ち上がった??)らしいのだけれど、

今日までの1か月、
この動きのきっかけとなった私たちには、
正確な情報を伝えられず、あいまいなままにされていて、

公明党さんと日本摂食障害協会さんとは、いろいろやりとりしていたらしく、
協会さんには先月末、プロジェクトチームのメンバーの名前も知らせていたらしい。
そして、その内容も具体的に進んでいたらしい。




最初に要望書を提出した私たちには
“蚊帳の外扱い”になっていたんだなぁと
改めてわかりました。

私たちは、要望書を出したら用済みだったらしい。



ここ数日の面会で、詳細ががわかってきて、
最近ぬぐいきれなかった「乗っ取られている」という感覚も
間違いではなかったと感じる点がいくつもあり、
私たち愛媛県摂食障害支援機構は、
“マゼンタリボン”というわかりやすいシンボルを作っていたから
利用されてただけだったみたい。


政治家さんにも
お医者さんたちにも。





伝えていたのにな…





自分に都合のいいことだけを取っていって、
私たちがどんなに苦痛を訴えようとも、
とぼけているの?と思うくらい自分本位に見えた。



かなしかった。






Posted by 佐野 at 23:55 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
心配(3/24)[2020年03月24日(Tue)]




摂食障害の環境がよくなったらいいなと
はじめたマゼンタリボン運動。

国会で取り上げられてから
全国(中央とよばれるところ)での動きに
なんだか不信感が募ってきている。




私たち(マゼンタリボン運動をはじめたものとして。当事者団体からはじまった組織、当事者の意見を持っているものとして。)ができることはしているけれど、
なぜか、私たちは置き去りにされているみたい。
意見すらきいてくれようとしない。
なんで?
私たちの意見は迷惑なのか?とさえ感じる。



そもそも、
この活動、うちからはじまったものなのになぁ・・・
政治家の目についたきっかけも、
うちが要望書を提出したことからはじまったものなのになぁ・・・

それなのに、私たちは、なんだか置き去り。
マゼンタリボンのマークだけ使われる感じ。





2/4のブログに書いたように

*************
今は亡き当事者や
今ほど摂食障害に理解が少なかった時代に、必死で自助グループを守ってきた先輩達の・・
声なき声をつないできた先人たちの・・

そして、
今、各地で頑張っている当事者やご家族の・・

納得のいく社会が
皆さんのご協力のもと
少しでも近づいていければ
これほど有り難いことはありません。



一方で私は
摂食障害の人特有の!?(笑)鋭い“触覚”で感じることがあって・・・

このことが、
お金儲けの道具にされたり
競争社会や
権力争いの種には
絶対になってほしくないな、
と思ったりしています。
*************


2/4に心配していた通りの状態になってしまっているのかと
不安です。






Posted by 佐野 at 18:39 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
松山市役所の掲示物(3/12)[2020年03月12日(Thu)]





image77772.jpeg

image77771.jpeg








Posted by 佐野 at 04:24 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
マゼンタリボンをつけてくれている人がいた!(3/11)[2020年03月11日(Wed)]






まちで、私の知りあいではない、

マゼンタリボンをつけている人を見かけて

大興奮exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号1)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)exclamation×2exclamation×2exclamation×2

exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)ー(長音記号2)ー(長音記号2)








すれ違ってから数秒、、、
追いかけようかと思ったけど、、、
ストーカーになったらいけないので、
断念。。。






うれしかったなぁわーい(嬉しい顔)リボン







マゼンタリボン
つけてくださって
ありがとうございますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






Posted by 佐野 at 22:41 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
マゼンタリボン各地に発送(3/10)[2020年03月10日(Tue)]





マゼンタリボン
買ってくれて
ありがとうございますリボンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

55.jpeg


各地に出発わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)









いつか
もっとマゼンタリボン市場?が大きくなって、、

全国の志願者で
作れるようになったらいいですねリボンわーい(嬉しい顔)




マゼンタリボンは、規格が決まっているので、
そのときは、直伝の講習会開催いたします(笑)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)






Posted by 佐野 at 01:23 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
今治市議会(3/9)[2020年03月09日(Mon)]







今日は
今治市議会での様子を
渡部豊市議会議員さんが
教えてくれましたひらめき


今治市議会のインターネット中継
(渡部豊議員の質問1:03:32〜)
(摂食障害の質問1:03:36〜)


渡部さん
事前に私たち愛媛県摂食障害支援機構の人たちに会いに来てくれて
話をきいてくれました。


話してみて、

渡部議員さん、
摂食障害の人の“本当に”困っている感覚、
心のひだがわかる方でした。
ありがたい。

そんな方が
摂食障害の質問をしてくれたことがありがたかったです。



今治市議会で
摂食障害の質問が出たことは
たぶん史上はじめてだったと思います。
市役所の方には
お騒がせして
申し訳ないなと思いつつ、

でも、
摂食障害のことは
市民のために絶対に必要なことだから
お騒がせしたいと思います。







私の・・・?
私たちの責任が持てる範囲・・・

○○ちゃんとか△△ちゃんとかの、
“個人”の摂食障害は治せないけれど、

摂食障害を取り巻く環境は良くすることはできると思う。
一ミリでも・・・

そんな気持ちでいます。
愛媛県摂食障害支援機構、がんばるよ手(グー)exclamation×2






渡部さん、
私たちの代弁をありがとうございました。

今治市の皆さん
ありがとうございました。








Posted by 佐野 at 23:15 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
すごいね、この言葉(3/8)[2020年03月08日(Sun)]





この土日もまた
寝たきりだった。。。ドコモポイント

平日仕事だと
何とか、やらねば・・と起き上がれる状態。
いつまで続くのかな、これふらふら






でも、
寝たきりでも
インスタグラムは
のぞくことはことはできるひらめき

私は
マゼンタリボン運動のインスタグラムを担当するようになって、
拒食症で入院して頑張っている人たちや
過食の記録をつけている人たちの日常に触れ、、

それって、摂食あるあるだよなぁと思ったり、
お目にかかったことはないけれど、
生きている感覚を
一緒に味わわせてもらったりしています。




寝たきりでも、
インスタグラムをのぞくことはでき、
今日は
すごくいい言葉に出会いました。


『何も咲かない冬の日には、
下へ下へと根を伸ばせ』



すごいね、この言葉。






摂食障害の人たちの言葉には
ハッとさせられることが
多いんです。

それが好き。







Posted by 佐野 at 23:48 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
やらなきゃよかったと思ってしまう(3/4)[2020年03月04日(Wed)]




マゼンタリボンが国会議員さんのところにいってから
私の日常は変わりました。


ここに細かくは書けないけれど、
誤解のまま進んでいるようでならない。
(一部の議員さんはわかろうとしてくれる人もいるけれど)

一週間に何度も
人かえ、品かえ、新たな動きがやってきて
おもいは伝わってないまま進む現実。


疲れる。
意思疎通なんて、基本ない。


真意が伝わってないまま進んでいる現実は
私は耐えられず、相当ストレス。



そのせいで私は
日常生活がままならなくなっていて、
健康状態も日ごとに悪くなっていることもあって

やっぱこの世は
弱肉強食だなぁとつくづく感じる。


せっかく、摂食障害から回復し、大人としての義務を果たせるようになって、
後輩の摂食障害の環境をよくしようと思い動いていたら
自分がまた病気になりそう。

「こんな社会活動はやるもんではないな…」と本気で思う時がある。
つらい。

去年11月に、わけわからずお誘いのまま、議員さんの会議に参加しなければ、
摂食障害のことが国会で取り上げられることもなかった。
行かなければよかったと思うし、
そもそも
マゼンタリボンも作らなきゃよかった、とさえ思ってしまう。





そんな中でも救われることは、

松山市で、太田幸伸議員が昨日、
市議会でマゼンタリボンのことを取り上げてくれ、
マゼンタリボンの核の部分をきちんと訴えてくれるなど、

地元の議員さんはきちんと顔を合わせて話を聞いてくれます。

松山市議会中継ページ
※動画の41分52秒からです。

おおたさん、ひゃくてんexclamation×2ぴかぴか(新しい)
たぶん、相当勉強してくれているんだと思う。
摂食障害の理解促進に的確で必要な質問をありがとうございますexclamation×2ぴかぴか(新しい)







松山市や愛媛県内ではありがたい一方、
国会議員さん、どうしたんだ…と思う。

ぶっちゃけいうと、
何人もで、次から次に、そんなに急いでどうしたんだ?と思う。
言っとくけど、
今進もうとしていることは、
少なくともマゼンタリボン運動をしている私たちがお願いしたことではないよ。


なにふりかまわず進めようとする国会議員さん、
内部事情、何があるのかわかりませんが・・・
かなしい現実だな、と思う。






Posted by 佐野 at 22:46 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
https://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml