CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
鈴木こころノート
(一社)愛媛県摂食障害支援機構で代表をしている、鈴木こころのブログです。
自助グループ『リボンの会』、啓発活動『マゼンタリボン運動』、就労支援事業『オフィスパートナー湊町ブランチ』や講演活動のことなどをつづっています。
摂食障害をキーワードに、社会の中の『生きづらさ』をテーマとして取り組んでいます。
« 宇和島市訪問(2/3) | Main | 収穫には立ち会えないかもしれないが(2/10) »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
マゼンタリボン、国会へ(2/4)[2020年02月04日(Tue)]



昨日、
マゼンタリボンがリボン
国会の衆議院予算委員会で紹介されました。

国会4.jpg

国会1.jpg

国会3.jpg

国会2.jpg




当事者やご家族が
生きやすく
希望が持てる社会になりますようにぴかぴか(新しい)


「マゼンタリボン」はもう
私たち、愛媛県摂食障害支援機構の手を離れ
世の中の皆さんが話題に出してくださることで
理解がすすんでいくのだと、
そういう時期に入ったのだと、思います。




マゼンタリボンの願い・・・
医療・福祉・行政・学校・企業・地域社会にくまなく
バランスがとれた形で
摂食障害への理解やケアがすすみますようにぴかぴか(新しい)

それだけは、願います。





今は亡き当事者や
今ほど摂食障害に理解が少なかった時代に、必死で自助グループを守ってきた先輩達の・・
声なき声をつないできた先人たちの・・

そして、
今、各地で頑張っている当事者やご家族の・・

納得のいく社会が
皆さんのご協力のもと
少しでも近づいていければ
これほど有り難いことはありません。






一方で私は
摂食障害の人特有の!?(笑)鋭い“触覚”で感じることがあって・・・

このことが、
お金儲けの道具にされたり
競争社会や
権力争いの種には
絶対になってほしくないな、
と思ったりしています。







それはそうと、

とにもかくにも、


摂食障害に光を当て、
ご尽力いただいた皆様、
本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)







【内部の話になりますが…】
こうやってマゼンタリボンを取り上げていただいたことで、

このリボンの製作に携わっている
オフィスパートナーのみんなには、
自分が毎日作っているリボン
いつも間近で見ているリボンが、
テレビに映り
そして、身につけてくださっているところを見ることができ、
価値ある経験をさせていただきました。

また、私個人にとっても今回のことは、
未知の世界で
戸惑い苦しみながら、
「啓発活動をする」ということは
“こう広まり”
“このように戸惑い”
“こんなにも苦しいことがあるんだ”、ということを知ることができ
経験値が上がりました。

軽い気持ちではできないことを認識したことと
これからマゼンタリボンの“言い出しっぺ”として、多くの立場の人たちの中で、責任をどう果たしていくのかということを
考えていかねばなりません。
大人としての道を学ばせてもらっています。




先人に聞いていた苦労や歴史を思い出すにつれ、

世の中のみなさんが
摂食障害に目を向けてくださることは
歴史的なことなんだと思いますひらめきひらめきひらめき






みなさん、
摂食障害のこと
よろしくお願いしますひらめき






Posted by 佐野 at 00:50 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/officepartner/archive/211
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました
 
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
https://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml