CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
鈴木こころノート
(一社)愛媛県摂食障害支援機構で代表をしている、鈴木こころのブログです。
自助グループ『リボンの会』、啓発活動『マゼンタリボン運動』、就労支援事業『オフィスパートナー湊町ブランチ』や講演活動のことなどをつづっています。
摂食障害をキーワードに、社会の中の『生きづらさ』をテーマとして取り組んでいます。
« あけましておめでとうございます(1/1) | Main | 機構、4歳の誕生日(1/5) »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
生きる根源のことばたち(1/3)[2020年01月03日(Fri)]





私は昨年から
マゼンタリボン運動(摂食障害への理解をすすめる活動)の取り組みで
インスタグラムをするようになりました。
#旅するマゼンタリボン




そのインスタグラムの中で

「生きていたら
今年もよろしくお願いします」

という言葉に出会いました。



もしかしたら、この言葉は
自分が今年一年、生きられるのだろうか、という不安から出てきた言葉なのかもしれないが、

私には
「生きていたら」というフレーズ

すごいなぁと感じた。





摂食障害の人たちからは
『人間の根源』
『生きている根源』の言葉が
たくさん発せられていると常々感じる。

哲学のことばにきこえる。

私は
摂食障害の活動をやっていて
このことに一番
惹きつけられる。







「摂食障害は厄介な病気」と言われることが多いですが、

見方を変えれば、

摂食障害は
たくさんの大切なことを私たちに教えてくれるメッセージなのだと思います。






Posted by 佐野 at 01:12 | あれこれ | この記事のURL | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/officepartner/archive/190
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました
 
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
https://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml