CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

佐多岬ウォータージュニア

九州最南端、南大隅町立大泊小学校から「水に賢い子どもを育む年間活動型プログラム」(略称「水プロ」)に取り組む子供たちの日常を、暖かくユニークな視点で紹介します。心温まるひとときをお過ごし下さい。


2006CANPAN団体ブログ賞☆受賞
九州ウェブサイト大賞2007優秀賞受賞
第8回インターネット活用教育実践コンクール
  朝日新聞社賞受賞
◇ 小学館「BE-PAL」2008年3月号掲載 ◇
NEW実践事例アイデア集Vol.16掲載 ◇


<< 2006年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/odomari-es/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/odomari-es/index2_0.xml
JWord
カテゴリアーカイブ
ネタは新鮮!最新記事
うれしい!コメント
岡田
第66回大泊小学校卒業式及び大泊小閉校式について (03/22) 岡田
第66回大泊小学校卒業式及び大泊小閉校式について (03/22)
第66回大泊小学校卒業式及び大泊小閉校式について (03/18) 大泊っ子
お別れ遠足♪ (03/11) 猫たん
仲良し体育♪ (03/04) 猫たん
仲良し体育♪ (02/28) 猫たん
健康タイム♪ (02/28) 猫たん
御崎祭り♪ (02/28) 元職員で〜す
健康タイム♪ (02/21) S.T.
御崎祭り♪ (02/20)
フロリダ情報 [2006年06月30日(Fri)]
佐多岬のある鹿児島県大隅半島は、誰が言い出したか知りませんが、「日本のフロリダ」と呼ばれています。そんな大隅半島をあれこれ紹介する新コーナー「フロリダ情報」!です。勝手に始めたけどどうなるのかな?
1回目は、お隣の錦江町は「神川の大滝」です。
近くまでいって目と耳で楽しみました。今日は蒸し暑かったので、水しぶきが気持ち良かった。この川には国の天然記念物のカワゴロモがあります。岩肌から天然水が湧き出しており、今日もペットボトルにお持ち帰り!近くの温泉は…この続きはまた今度。
ちょっとかすんでますが・・ [2006年06月29日(Thu)]

遠くの方に小さくかすんでいる山が見えますか。
右側からつきだした半島の先に山が見えませんか。

さつま富士と呼ばれる開聞岳です。
根占に出張した帰りに撮影しました。

携帯電話のカメラだし、見事に逆光で
見づらいですね。

こんどコンディションがいいときに
またとってきますね。

ちなみに撮影ポイントは
大泊から佐多伊佐敷へむかう峠にある
ふれあいパーク佐多の展望台です。
ほんの小さな・・・ [2006年06月29日(Thu)]
音符校庭の隅に咲くサボテンの花です。
今日一日お仕事お疲れ様でした。







明日も頑張りましょう。金曜日だ=ジョッキ
かわいいでしょ! [2006年06月29日(Thu)]
かわいいでしょ。
うちの一員猿君たちです。
仲むつまじい姿ですねえ。


こんどはほら
こうたいしたりして・・


ちびざるはねちゃったのかな・・


体育倉庫の屋根の上でも
おなかを見せてますよ・・
のんびりモードですねえ・・


フェンスの上でも・・


なんだかほんわかムードでしょ・・
ほんとうはもっとほんわかした
写真もあるんですが・・
アップすると、当局に取り締まられて
ブログ閉鎖になったりしたら
たいへんだから、
これぐらいにしときますね。
読み聞かせ出前授業! [2006年06月28日(Wed)]
梅雨前線の影響で雨が降り続く一日でしたが
昨日に続いて本日も出前授業が行われました。

本日行ったのは、「読み聞かせの会」です。
錦江町から小梅枝三千代さんに
お越し頂き、子ども達に読み聞かせを
していただきました。


まず小さなぬいぐるみなどの小道具を
上手に使われて
子ども達をぐっと引きつけます。
さすがに、にこやかな表情ですよね。
この小熊の他にも
ねずみや野菜、きれいな石もありましたよ。


積み上げ話もありました。
はじめからはなしがどんどんつながって
長くなっていくお話です。
同じような積み上げ話で
「これはのみのピコ」
も読んでくださいましたよ。


ちょっと疲れてきたところで
歌を歌って指の体操です。


最後はロシアのお話を
絵本なしで
語ってくださいました。

45分間があっという間に
過ぎてしまいました。
日本の話、イギリスの話
中国の話、ロシアの話など
いろんな国の話を披露してくださいました。


蒸し暑い中で汗を
おかきになりながら
45分間がんばってくださいました。

子ども達も私たち職員も
すてきな声とお話につつまれて
すごした1時間です。

読書月間もあとわずか
子ども達がすてきな本に出会えるように
していきたいとおもいます。
地球温暖化出前授業 [2006年06月28日(Wed)]
子供たちは,「水プロ」で海だけでなく,ついに地球環境をも学ぶこととなりました。

それは,
環境再生保全機構地球環境基金助成金事業
「気象予報士・気象キャスターによる地球環境出前授業」〓音量拍手
です。
今回大泊小が,鹿児島県で1校選ばれました。光栄です。クローバー

わざわざ東京から気象予報士の鶴田さんが授業をするために,やってきてくれました。
まず,授業では地球温暖化の解説をしました。二酸化炭素のこと,気温の上昇のことなどを小学生にとてもわかりやすい口調で説明されました。特に,プロジェクタで見せるヒマラヤ山脈の氷河の変化,ツバル島の海水面上昇問題が環境の大きな変化をとらえやすかったです。また,様々なクイズが子供の興味を引き,飽きさせない授業構成でした。



後半は,空気と二酸化炭素を入れたボックスに電球で熱を加え,その温度変化を読み取る実験をしました。この実験で二酸化炭素の暖まりやすさがわかり,二酸化炭素が増えることで地球に温室効果が生じていることが実証できました。





では,どんなときに二酸化炭素が増えているのか,私たちは今後の生活でどんな工夫をし,どんなことに気をつけていけばよいのかを考えていきました。

最後に記念写真をぱちり。カメラ



この様子は新聞社が取材してくれましたので,また紹介されることでしょう。
ニューアイテム [2006年06月26日(Mon)]
大泊小学校がB&Gと連携して水プロの活動をしているのはご存じですねはてな

今日,その水プロ活動を大きくバックアップするニューアイテムが投入されましたびっくり

なんだと思いますはてな




そう,デジカメですカメラ

しかも・・・防水カエル

こんな写真が撮れちゃいますOK


水中の泡もくっきり泳ぐ


ちなみに彼は大泊小の水の名手です泳ぐ


あっそうそう〓7/7には目の前の海でスキンダイビングが計画されてます

きれ〜いな海をこのニューアイテムを使ってお知らせしますね笑顔
学校に出前? [2006年06月26日(Mon)]
出前と言っても,取る訳じゃありません。
「出前授業」というもので,外部の方が授業をしに来てくださるのです。
それが今週は2日間。
出前を2日続けてとるの?って感じです。

明日の出前授業は,東京からゲストをお呼びしました。九州で2校だけ。鹿児島県では大泊小ただ1校です。
「地球温暖化に関する出前授業」
NPO法人 気象キャスターネットワーク ご協力です。

明後日は,隣町からゲストをお呼びしました。
「読み聞かせ出前授業」
本の読み聞かせの専門家がお越しくださいます。

楽しみですね。子供たち,本当に幸せですよね。いろんな方から学べます。
危険箇所マップ [2006年06月25日(Sun)]
昨日,今日と2日間,大泊海岸でセミナーをやっています。
B&Gの水辺の活動推進セミナーです。本校の2名の先生も休日返上で参加されています。
大泊は,真夏のような暑さで,晴天。海辺の活動にもってこいの気候です。

ところで,大泊校区は言わずとしれた観光地。国立公園の中に位置しています。
不審者対策も大切だけど,自然災害も気をつけなくてはいけません。まだ梅雨明けでもないので,子供たちには登下校時のがけ崩れ等に注意させています。



これは,毎年作成している危険箇所マップです。養護のH先生が作ってくれました。カラフルで視覚に訴え,とてもわかりやすいです。これを全保護者をはじめ,地域の方や役所等に配布しています。
作成にあたっては,学校の職員と保護者と合同で現地視察をした結果を反映させています。何より危険箇所を共通認識するということが大切です。行政側もよく動いてくれ,昨年指摘していた「カーブミラーの破損」「トンネル内の手すりの破損」「側溝のふた」などが改善されました。
漂流ビンに思いをはせて [2006年06月24日(Sat)]
子供たちが毎年流している,漂流ビンについてですが,以前3年ぶりにアメリカのオレゴン州に流れ着いたという話題を提供しました。
そしてこの話題は,鹿児島の「南日本新聞」と「読売新聞」鹿児島地方版に取り上げられたこともブログ上で報告したところです。
すると今回愛知の方からコメントがあり,「中日新聞」でごらんになったとのこと。黒潮の流れに関係のある地域に情報が流れるのでしょうか。うれしいことです。
他の地域の方で「漂流ビン」の話題を地元紙等でごらんになった方,大泊小学校へぜひご一報くださいね。

さて,今回はおなじみG先生の「漂流ビン」ネタの授業を紹介します。


ビンの中に入れた手紙とオレゴン州からの返事の手紙を示します。
漂流ビンという単語から思い浮かぶ言葉を連想します。これはウェビングといって,連想される言葉を線で結んで記していく方法でやりました。(水プロ1回目で学習しました。)
そのあと,子供たちに調べたいこと,興味を持ったことなどをあげさせ,グループでの問題解決学習に入る方向へ持って行きました。
8名の子供たちが調べたい内容は大きく2つに分かれました。


1つは,黒潮の流れはどうなっているのか。
もう1つは,オレゴン州ってどんなところなのか。

このことは,今後夏休みの課題として調査していきたいと考えています。




| 次へ
ナイスなプロフィール

大泊小学校さんの画像
大泊小学校
プロフィール
ブログ
CANPANブログ大賞2006
九州ウェブサイト大賞2007優秀賞だよ!
第8回インターネット活用教育実践コンクール朝日新聞社賞もらったよ!うれぴー!
お世話になってます!
携帯で,いつでもどこでも佐多岬ウォータージュニアを見よう!
携帯電話用QRコード
見忘れたのはいつ?
月別MVA(article)は?