CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年10月 | Main | 2008年12月»
<< 2008年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
オードリー
うべ探検博覧会のセミナーに参加 (09/24) 小林大地
口蹄疫支援!自転車で埼玉→宮崎へ行く大学生・小林君、防府市へ到着 (08/24) 心の救急ケア
防府市立桑山中学校緊急保護者会 (05/19) おぎちゃん
華城小学校同窓会役員会へ出席 (06/24) Fumie★
男女共同参画をめざしての学習会 (06/13) やすむらふみえ
ブログ講座 (05/31) 同じ講座の参加者より
ブログ講座 (05/31) 防府センタースタッフ
はじめまして (05/31)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ドネーションパーティーの団体ブース [2008年11月29日(Sat)]
団体ブースではエントリー団体以外にも様々な団体が展示をしたり、フェアトレード商品の販売をしています。約200名の来場者がありました。
ドネーションエントリー団体紹介 [2008年11月29日(Sat)]
午後からは、ドネーションにエントリーしている6団体がそれぞれの活動を10分で紹介し、応援を求めていました。
ドネーションパーティーのスペシャルゲストトーク [2008年11月29日(Sat)]
ドネーションパーティーの開会行事の後、スペシャルゲストトークとしてNPO法人えひめNPOセンター代表理事の菊池修さんのより、よいパートナーシップをめざして、と題して講演がありました。市民活動の言葉の定義とともに、愛媛県のNPO法人の事業報告書の調査活動を通じて見えてきた課題や問題点などについて、お話しをされました。
ドネーションパーティin電遊会 [2008年11月29日(Sat)]
11月29日、山口市の中国電力山口支社1階の電遊館で山口市市民活動支援センター主催のドネーションパーティin電遊館が開催されました。山口市で活動している市民活動団体を寄付で応援しようということで5年前から始まっています。活動ブース、スローライフバザー、飲食コーナーなど、たくさんの催しがあります。
山陽小野田市市民活動推進検討委員会 [2008年11月28日(Fri)]
11月28日、山陽小野田市の市役所で市民活動推進検討委員会第1回目の会議が開催されました。辞令交付の後、白井市長の挨拶、委員自己紹介を行いました。県民活動支援センターの於土井による協働の説明、その後、正副委員長選出、基本方針の策定方法について説明、質疑応答などを行いました。
おいでませ!山口国体県民きらめきセンター第5運営委員会 [2008年11月27日(Thu)]
11月27日、山口県庁の県民きらめきセンターで、おいでませ!山口国体県民きらめきセンター第5回運営委員会が開催され、委員13名が出席し、来年度の活動に向けてとして、・国体県民運動推進大会について、・情報収集、情報発信等について、・おもてなしの取り組みについて協議しました。
山陽小野田市まちづくり市民会議 [2008年11月26日(Wed)]
11月26日、山陽小野田市の市役所で、まちづくり市民会議〜市民活動支援センター構想部外〜が開催され、市民委員13名が6回に渡り協議した内容を山陽小野田市の白井市長に提言書を提出されました。概要は、山陽小野田市に市民活動支援センターを設置して欲しいという内容です。これを受けて、山陽小野田市では設置に向けて作業が始まります。
記念講演・小山内美江子氏 [2008年11月24日(Mon)]

山口県PTA研修大会の記念講演は、シナリオライターの小山内美江子氏による、〜共に生きる21世紀〜という演題で、子育てを中心に、カンボジアに学校をつくる活動などの話がありました。
和太鼓の演奏 [2008年11月24日(Mon)]

山口県PTA研修大会の活動発表で児童・生徒等による和太鼓の演奏がありました。
山口県PTA研修大会下松大会 [2008年11月24日(Mon)]

11月24日(月・祝)13:00〜16:00、下松市のスターピアくだまつで、平成20年度山口県PTA研修大会下松大会が開催されました。「心豊かな人間性を育むよりよい環境づくりをめざして」をテーマに、研修が進められました。開会行事の後、活動発表として、地域での青少年健全育成、三世代交流、文化振興活動をテーマに、下松市内を拠点として活動する児童・生徒等による和太鼓の演奏がありました。記念講演は、NPO法人JHP・学校をつくる会代表理事、小山内美江子氏による、「共に生きる21世紀〜3年B組金八先生から世界へ〜」でした。
| 次へ