CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年06月 | Main | 2008年08月»
<< 2008年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
オードリー
うべ探検博覧会のセミナーに参加 (09/24) 小林大地
口蹄疫支援!自転車で埼玉→宮崎へ行く大学生・小林君、防府市へ到着 (08/24) 心の救急ケア
防府市立桑山中学校緊急保護者会 (05/19) おぎちゃん
華城小学校同窓会役員会へ出席 (06/24) Fumie★
男女共同参画をめざしての学習会 (06/13) やすむらふみえ
ブログ講座 (05/31) 同じ講座の参加者より
ブログ講座 (05/31) 防府センタースタッフ
はじめまして (05/31)
最新トラックバック
月別アーカイブ
やまぐち食と緑と水の県民フォーラム協議会 [2008年07月31日(Thu)]

7月31日(木)午前10時30分〜12時、山口県庁会議室で「平成20年度やまぐち食と緑と水の県民フォーラム協議会」が開催されました。

このフォーラムは、農林水産業・農山漁村の有している農林水産物の安定供給という基本的な役割や、県土・自然環境の保全、水源のかん養などの多面的な機能が、将来にわたって最大限に発揮できるよう、地産・地消を中心とした農林漁業者や消費者などの協働による県民運動を推進することを目的に、平成12年に設置されました。
県内各地で農林水産業に取り組んでおられる方や大学、団体、NPO、行政など、31名が参加して会議が開催されました。
各地域での取り組みや企業との連携・協働など、それぞれの取り組みが紹介されると共に、こうした取り組みをどう広げて行くかについて話し合いました。
トークサロンの開催 [2008年07月30日(Wed)]

7月30日(水)18:00〜20:00、山口市のパルトピアやまぐちで、やまぐち県民活動支援センター主催の「トークサロン 指定管理者制度のこれまでと今後」を開催しました。

このトークサロンは、毎年開催している意見交換会を、今回は、指定管理者制度をテーマに開催しました。
2003年9月に地方自治法が一部改正され、これまでの管理委託制度に代わり民間事業者やNPOも指定管理者として公の施設の管理者になる道が開かれました。山口県でも2005年から多くの施設で公募が行われ、指定管理者制度に移行しています。各施設で指定管理者として管理運営が始まって2年が経過しました。今回は、運営する側と行政、また施設利用者の立場から、運営上の気づきや課題等について情報交換し、指定管理者に求められることについて考える意見交換会として開催し、23名の参加がありました。

講 師  山口県人事課 
内 容  ■所轄庁(県)の基調説明(30分)「やまぐち県政出前トーク」
     公の施設の管理に民間の活力を活用する「指定管理者制度」の概要と県の取組  
      ■基調説明についての質疑を含め自由に意見交換(90分)

指定管理者としての苦労や熱き思いなど、様々な意見が出され面白いトークサロンとなりました。


山口県立大学生涯学習推進連携会議 [2008年07月28日(Mon)]

7月28日(月)、午後1時から3時、山口市の山口県立大学生涯学習推進連携会議が開催されました。
この生涯学習推進連携会議は、山口県立大学の特色ある教育機能を解放し、多様な学習機会を提供することにより、地域の専門的体系的生涯学習拠点となることを目指して設置されました。年2回開催され、県立大学の地域共生センター生涯学習部門が運営に当たっています。学外の委員11名、学内の教授・講師12名で構成されています。
今回は、平成20年度の事業などについて、意見交換をしました。
やまぐち地域価値創造セミナーの2日目 [2008年07月27日(Sun)]

やまぐち地域価値創造セミナーの2日目が始まりました。午前中の講義は、竹製家具の商品開発です。
やまぐち地域価値創造セミナー [2008年07月26日(Sat)]

7月26日(土)13:30〜、山口市のパルトピアやまぐち(防長青年館)で山口県立大学主催の「やまぐち地域価値創造セミナー」が開催されました。
4日間の日程で、
1日目、講義、
2日目、実践事例発表、
3日目、現地調査(阿東町)
4日目、提案書つくり
となっています。

1日目は、日本総研の金子和夫氏による「農工商連携についてその方法とプロセス」についての講義です。
青年活動推進コーディネーター養成事業 [2008年07月26日(Sat)]

青年活動推進コーディネーター養成事業が防長青年館で開催されました。

【日本青年団協議会主催
青年活動推進コーディネーター養成事業・
地域別研修(西日本地域)inやまぐち 参加者募集】
−つなげよう ひろげよう 仲間のねがい 地域のきずな−

2008年7月25日(金)〜27日(日)
25日15:00〜受付/16:00開始
27日14:30終了予定
防長青年館(パルトピアやまぐち)(山口市神田町1−80)

これは、青年団体活動、地域活動、ボランティア、NPOなどの活動に携わる者や、
行政とりわけ青年教育や社会教育に携わる者など(概ね中国、四国、九州地域)
を対象にした研修です。

初日、夕方のまち歩きでは、
山口市湯田温泉で活動されている方によるガイドがあり、湯田温泉の魅力を発見しました。

2日目の実践報告では、
山口県内のNPO活動の事例として、
★防府センターの佐伯さん★の発表がありました。

午後には、船方農場の視察があったり、
分科会としてグループに分かれ、熱く語り合う場が
セッティングされています。
*グループ1「地域と若者の現状と課題を考えよう」
*グループ2「地域を活性化するヒントを学ぼう」
*グループ3「組織とリーダーについて考えよう」

研修終了後に、多くの青年活動推進コーディネーターが誕生することを期待しています。

協働推進ミーティングの開催 [2008年07月25日(Fri)]

7月25日(金)18:30〜21:00に協働推進ミーティング「県民の防災意識向上や普及啓発活動について」を県民活動支援センターで開催しました。
今回は、このミーティングのコーディネーターを務めて頂く、山口大学工学部准教授・瀧本浩一先生と事務局側との打合せを中心とした会議となりました。
次回から、NPO・県民活動団体や行政担当者を交えたミーティングを進めて行きます。

テーマ
 暮らしの安心・安全基盤の強化のための県民の防災意識の向上や普及啓発活動等について

目 的
 県民活動団体のアイデアやノウハウ、企業等の人的・物的資源、行政組織が持つ公共資源など、これらの多用な主体を組み合わせた新しい協働や連携について協議・検討する場を設け、協働事例の創出を図ることを目的に開催する。

主 催
 やまぐち県民活動支援センター
 財団法人やまぐち県民活動きらめき財団

運 営
 ・テーマに基づき、継続して4回程度開催する。
 ・ファシリテーターが会議を進行するが、参加者相互の情報交換や運営をスムーズに行うためにアドバイザーを配置し、協働事業の推進や実現を目指す。
ファシリテーター:やまぐち県民活動支援センタースタッフ
アドバイザー:瀧本浩一氏(山口大学工学部准教授)

(1)方向性の確認
  日時:平成20年7月25日(金) 18:30〜21:00
  場所:パルトピアやまぐち(防長青年館) 山口市神田町1-80
  内容:アドバイザーの瀧本浩一氏(山口大学工学部准教授)と防災に関心のあるNPOや行政職員と一緒に、取り組みや方向性について協議を行う。
   ・ミニ講義
   ・防災の現状などについての情報交換
(2)協働の提言
  日時:平成20年9月 5日(金) 18:30〜21:00
  場所:パルトピアやまぐち(防長青年館) 山口市神田町1-80
(3)具体化に向けた協議
  日時:平成20年10月頃を予定  18:30〜21:00
  場所:パルトピアやまぐち(防長青年館) 山口市神田町1-80
(4)成果の確認
  日時:平成20年11月頃を予定  18:30〜21:00
  場所:パルトピアやまぐち(防長青年館) 山口市神田町1-80
参加者 定 員  20名程度

きらめき財団の助成金審査会 [2008年07月24日(Thu)]

7月24日(木)10:00〜17:00、山口市の翠山荘で、財団法人やまぐち県民活動きらめき財団の助成金審査会が開催されましたので、審査員として出席しました。
県民活動スタートアップ助成事業を始め、6項目の分野の助成事業について審査しました。
どの団体も助成金の獲得に向けて事業計画書を作成しておられ、評価を下すのに苦労しました。今回、助成の対象にならなかった団体は、来年に向けて頑張って下さい。
ドリーム・フェスタ2008の紹介 [2008年07月23日(Wed)]
ドリーム・フェスタ2008 親子・アート教室のご案内

防府市市民活動支援センターで、防府JCメンバーから、下記のドリーム・フェスタのPRを依頼されましたので、掲載します。

日 時 8月23日(土)9:00〜12:00

■場 所 防府市スポーツセンター 武道館

■対 象 小学生とその保護者
  ※ただし、『ドリームフェスタ2008』の開会式・閉会式に参加できる方
  開会式(8月22日(金)19:00〜)
  閉会式(8月23日(土)11:45〜)

■定 員 20組(40名)程度 (定員になり次第〆切)

■参加費  1組1000円

■持参物  カッターナイフ、絵の具、筆、筆洗い、ダンボール(使用済みのもので可)

■問合せ・申込先
  (社)防府青年会議所  ☎(0835)23−2978
佐波川流域防災訓練in小野地区が新聞に掲載 [2008年07月22日(Tue)]

7月21日(月)に、防府市小野地区で開催された「佐波川流域防災訓練in小野地区」の様子が、7月22日(火)に山口新聞に掲載されました。

新聞の記事PDF




地元テレビ局の取材もあり、夜のニュースの時間で、訓練の様子が放映されました。
| 次へ