• もっと見る

日本語教室「大館にほんごCOCOの会」

日本語学習者のためのボランティアグループです。
大館市移住交流課の事業のお手伝いをしています。
秋田県大館市に2002年4月発足。来年で20周年を迎えます。
コロナウイルス肺炎感染の拡大防止の中、大館在住の外国籍市民のみなさんも不安な日々の中、マス着用、手指消毒して勉強に取り組んでいます。日本語教室でも何かの形でお手伝いできればと思っております。

大館にほんごCOCOの会の「COCO」とは?

comfortable 心地よい; 安楽[気楽]な 
communication 伝達, 通信, 手段;.
の頭文字からとりました


ゆかた茶会 [2011年08月07日(Sun)]

夏休みに入る前の最後の授業は、ゆかた茶会でした。
二年ぶり、三回目のゆかた会です。
三回目の生徒さんもいますが初めての人もいます。
お姑さんから買ってもらったり、姉妹からのお下がりのゆかたを持ってきた人もいました。

お母さんたちが、着付けをしている間は、保育士さんと遊びます。



みんな、うれしそう! 早速写真の撮りあいっこ。




茶道の体験。

甘いお菓子の後にいただく抹茶はおいしいですね!







平成23新年度スタート [2011年04月16日(Sat)]
北日本大震災を被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

地震から一月経った4月13日に日本語教室が始まりました。
大館は震度4ぐらいでそれほどの被害はなかったのですが、本当に驚きましたね、この一カ月の余震でいつも揺れているような感じで落ち着かないものでした。
いつも新学期始りは、生徒さんは少な目ですが今回は13名とほとんどの生徒さんが来ました。

福島原発の事故を恐れて、一時帰国したロシア出身の生徒さんもいました。
小さい子供さんの事を考えて実家から呼び戻されたのかもしれません。。

また、この日はネパール出身のスニタさんが初めて勉強に来てくれました。
ご主人の経営するインド料理のレストランをお手伝いしています。
1歳の子供さんは保育園に預けているそうです。 
もう二年位住んでいるのでお話は聞くのも話すのもよく分かり、日常会話はとてもお上手でした。
実は、先にこのレストランのコックさんも勉強に来ています。やはり、会話は大丈夫ですが基礎的な事をしっかり勉強したいと来ていました。


この日は、地元新聞社の取材があり、翌日掲載されました。

中国出身の新入生 [2011年02月28日(Mon)]
先週は新入生が3人でした

 日本在住二年になるという、中国の男性一人とネパールの男性二人の方が教室に

初めて、やってきました。

どちらも、地元企業で就業しているとの事でした。

中国の方は企業での研修、研究者ということで、通訳の方に恵まれて日本語は特に

頻繁に使う機会もなく暮らしてきたようです。

 最近になり、企業主の要望でやはり会話を習得してほしいとの事で日本語の勉強を決心してきたとの事です。

                 (同じく中国出身の麗子さんと通訳の会社の方と)

ネパールの方はインドカレーの飲食店勤務の方たちでした。

ネパールのインドカレーって、!?
一人は独学で日常会話は不便しないくらい話せますが、もう一人の方は読み書きの「初級」からスタートのようです。。

日本語COCOの会では基本的には日本人の配偶者として在住する人、と言うのが条件です。

しかし、是非にと大館市からの要望もあり来ることになったのです。

お嫁さん、という女性の生徒さんが多い中で、みなさんと仲良く勉強できればいいなと思います。

2011 三学期始まりました [2011年02月11日(Fri)]
新年明けましておめでとうございます

1月19日、三学期が始まりました。 今年も元気に日本語の勉強、がんばりましょう!


管理人(私)は参加できなかったのでどんな様子だったのか詳しくはお知らせできませんが、いつも参加者は少なめです。

翌週の26日は、なんと北アフリカのチュニジアからの生徒さんが来て早速体験入学で勉強しました。
東京の日本語教室で一年勉強してきたそうで、お話もよく分かっているようでした。
ただ、大館市内ではなく、大葛(おおくぞ)というかなりの遠い地域に住んでいるそうです。
交通も不便なので当分は、自分でテキストで勉強をするとのことでした。
今年は雪も多いので大変だと思います。
新年度スタート!! [2010年04月30日(Fri)]
みんな元気〜!太陽  4月21日(水)
先週、4月14日。 4週間ぶりに、にほんご教室の授業再開しました。

春節(中国のお正月)で帰国していた麗子さんとチー君も元気に登場。私の顔を見ても泣かなくなりました。
ミックんとあいこちゃん。えみりちゃんも皆元気に帰ってきました。 子供さんのいる生徒さんの方が熱心に勉強するみたいです。この日は、いつも利用している研修室が使えなかったので混雑した感じでの授業になりました。
日本語指導の勉強をしたいというボランティアの人や大館在住一年という中国人学習者など新規のメンバーも参加したので特ににぎやかだったと思います。

第9号 COCO新聞できました [2010年03月29日(Mon)]
平成21年度の日本語教室、COCOの会の行事が無事終了しました。
勉強会、遠足や料理教室など最後のお楽しみ会を含めて37回ありました。
今年はアイコちゃんを連れてきていたフィリピン出身ののママが一日も休まず勉強に来ていました。修了式に皆勤賞として、素敵なペンが贈られました。アイコちゃんもママと一緒にうれしそうでした。
21年度のCOCO新聞もでき、学習者やお世話になった方々に送付しました。




第9号COCO新聞はこちら

2010.3coconews.pdf
2010年日本語教室始動! [2010年02月10日(Wed)]
    新年おめでとう!、なんて言ってるうちに
                  2月になってしまいました―

大館日本語COCOの会の勉強も始まり、やっと普段の授業モードになってきました。

小さい子供をつれて頑張ってくる人たちもいます。

今は、多い時で5人、託児ルームで仲良く遊んで待っています。

先週、新しく勉強する方が、子供さん二人とご主人と見学に来ました。

ご主人の仕事の関係でアフガニスタンから来日の方です。

生活言語はウルドゥー語、英語も少しわかります。

「アッサーム・アライクム」 (おはよう、こんにちは、こんばんは)と、

こちらから挨拶するとびっくりしていました。(、日本語教室に興味を持ってもらいた

かったので、事前に調べました。『管理人』)

次回から子供さんと一緒に来て、他の国の人たちとも仲良くして、

秋田の生活を楽しいものにして欲しいと思います。








もうすぐ冬休み [2009年12月18日(Fri)]
「二学期も残り、二回の教室で冬休み」

今年の新型インフルエンザもこの日本語教室には蔓延することもなく、

二学期を終えようとしています。

12月9日は終業式記念写真の予定日でした。

ミュージーランドへ帰国することになった、サマンサさんに着物を着てもらいたいと着付けをしました。

短い期間の日本滞在でしたが、楽しい思い出になればいいのですが、

本人はとてもうれしそうでした。
日本語教室の引っ越し [2009年11月03日(Tue)]
参画センターの移転に伴いにほんごCOCOの会も引っ越ししました

旧正札デパートをリホームしていた、北部男女参画センターが完成し引っ越ししました。

玄関はポーチから一つ目のドアを開けると、アメリカ映画「HACHI」の

大きな縫いぐるみが迎えてくれます。


風除室に続いて、二つ目のドアから入るとすぐ、左手に事務室、受

付、正面にロビー、活動室、研修室となり、今までより広くなり、ずっと

使いやすい感じです。

託児室も広くなり、子供たちもゆったりと遊んでいます。


月曜の夜、水曜昼の週、二回教室として利用しています。



新学期始まる! [2009年09月18日(Fri)]
教室が引っ越しします。
日本語教室の会場として使っている参画センターが9月いっぱいで引っ越します。
老朽化による建物が解体され、市営住宅として新築されます。
日本語教室COCOの会はセンター開設と同時にお世話になり、七年間経ちました。
教室の壁にはお別れのメッセージが書かれています。
タイ語、タガログ語、ハングル、などたくさん書かれていました。
活動室、研修室、託児室など本当にお世話になりました。
この日は、トイレや水道、などもう使えませんでしたが、最後の授業を受けました。

10月からは改築した、旧正札デパートで新しくスタートです。
| 次へ
プロフィール

ドリーさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/odatenihongo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/odatenihongo/index2_0.xml