CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。
なお、本ブログに掲載している情報はオープンデータではありませんので、ご注意願います。


いただきファーム(JA北いぶき青年部事業)が行われました [2016年11月17日(Thu)]
 この日、沼田小学校で小学校の2〜4時間目(9:20〜)にJA北いぶき青年部主催でイベント炊飯「いただきファーム」が行われました。
 例年この事業は、新米ができ農作業も落ち着いてくるこの時期に、JA北いぶき青年部のご協力をいただき実施しされています。
 今年は、小学5年生の農業体験授業で春に田植えし、立派に育った稲を収穫・はさ掛けで天日干ししてから精米したお米と沼田産の野菜を使用し、全校児童で青年部の指導を受けながら、おにぎりと豚汁を作ることになりました。児童たちは悪戦苦闘しながら野菜を切り分け、その材料で青年部が豚汁を作っている間、青年部が作成した映像でクイズを交えながら農業の学習を行いました。
 そのあと、炊き上がった熱々のお米でおにぎりを作り、豚汁と共に給食の時間においしくいただきました。
 
 JA北いぶき青年部の皆様、大変ありがとうございました!

IMG_4956.jpg

IMG_4957.jpg
手を切らないように慎重に・・・
IMG_4966.jpg
沼田町の農業について青年部の皆さんからたくさん教えてもらいました。
IMG_4971.jpg
クイズを交えながら楽しく農業についてお勉強!
農業体験(脱穀・籾摺り)を行いました。 [2016年10月27日(Thu)]
 この日、13:20から小学5年生の農業体験学習(脱穀・籾摺り)が行われました。
 9月27日に刈取り、はさがけをしていた「ななつぼし」ですが、JA北いぶき沼田の青年部の方や、JA北いぶきの職員、役場農業商工課の職員による指導のもと「脱穀機」と「籾摺り器」を使って、児童自らの手で脱穀と籾摺りを行ないました。
 児童たちは、雨こそ降っていませんでしたが非常に低い気温の中、一生懸命に取り組んでいました。
 今年の農業体験学習は今回で終了となりますが、児童たちは、単に米を作りの学習だけではなく、たくさんの手間暇が掛かって自分たちが食べるお米になっていることを感じ、お米の大切さを学びました。
 今年の学習で出来た「玄米」は、このあと精米機で精米し、11月17日に行われる「いただきファーム」で試食することとなっています。今から楽しみです。

s-IMG_7899.jpg
▲穂先からゆっくりと丁寧に脱穀しました。

s-IMG_7885.jpg
▲みんなの知っているお米にどんどん近づいていきます。

s-IMG_4350.jpg
▲玄米です。みんな頑張りました!
沼田小学校6年生が地層学習を行いました [2016年09月29日(Thu)]
沼田小学校の6年生27名が、理科の学習として化石体験館を見学した後、実際に化石が見つかった幌新太刀別川(ホロニタチベツガワ)へ行って、地層観察と化石発掘を体験しました。

received_673394852815452.jpeg

まずはじめに、幌新にある化石体験館へ行き、学芸員から沼田町で見つかった化石の話を聞きました。沼田町からは、クビナガリュウをはじめ、カイギュウや全町8mのクジラなど、たくさんの化石が見つかっていることを聞きました。

さらに、それらが幅広い時代から見つかっていることは、北海道の中でもとても珍しいことだと聞き、小学生たちは大変驚いていました。

KIMG1939.jpg

40分ほどかけて沼田の化石について学習した後、いよいよ発掘現場に向かいました。幌新太刀別川は例年9月には雨の影響で発掘出来ないことが多いのですが、今年は雨のピークが8月だったため、この日の天気と合わせて大変よい条件で発掘をすることが出来ました。

約1時間ほど、ハンマーとタガネを使い発掘作業をおこないました。中には直径15cmほどの大きなタカハシホタテを採取出来た生徒もいて、その瞬間大歓声が上がりました。

ほぼ全員が化石を見つけることができ、沼田町の太古の世界に触れることができた生徒たちは、皆満足げな表情でバスに乗り、学校へと帰っていきました。
農業体験(稲刈り)を行いました。 [2016年09月27日(Tue)]
 この日、13:20から小学5年生の稲刈りの農業体験学習が行われました。
 春に自分たちの手で田植えを行い、夏の間に田んぼに関する色々なことを学習し、いよいよ収穫のときを迎えました。
 児童たちはJA北いぶきの職員の皆さん達に鎌を使っての稲刈りの注意点についてご指導をいただきながら作業をしました。
 晴天にも恵まれましたが、春にはぬかるんでいた田んぼも、すっかり水も切れて硬くひび割れ、作業がし易い状態でした。
 こども達は5月20日に植えた「ななつぼし」という品種の稲を丁寧に刈り取り、10株ごとに紐で結んでまとめ、全て刈り終えた後、小学校に移動し、校舎の軒先に設置された「はさがけ」用の鉄パイプに隙間なく稲穂を干しました。
 稲穂が良く乾いたあと機械で脱穀され、11月に行われる「いただきファーム」で試食することとなっています。今から楽しみですね。
 作業後に児童たちから大きなの声で「ありがとうございました!」と職員の皆さんへお礼の言葉がありました。

IMG_0023.jpg
作業前に稲の前で集合写真
IMG_0015.jpg
農協の職員の方より稲刈りの方法を教えてもらっています。鎌を使うので気を付けて!
IMG_0035.jpg
みんな真剣に作業しています。
IMG_0044.jpg
あと少し!がんばって!
IMG_0045.jpg
稲刈り終了。あとは「はさがけ」です。
IMG_0050.jpg
隙間なく稲穂を干していきます。
IMG_0056.jpg
作業終了。11月の試食が楽しみです!
農業体験 稲刈り前の学習をしました [2016年09月05日(Mon)]
 この日、10:10から小学5年生の農業体験 稲刈り前の学習を行いました。
 今回は農業改良普及センターと北いぶき農業協同組合の皆様のご協力を頂き、いよいよ9月下旬に迫った稲刈りを前に、米の貯蔵・乾燥・精米についての学習と、5月に児童たち自らが田植えした稲の観察等を行いました。
 はじめに児童たちはスノークールライスファクトリーの見学をし、籾(米)の貯蔵のために1,500tもの雪を施設に蓄え、それを用いる事で米をゆっくりと乾燥させ、雪中米の旨みを引き出していることを学びました。
 ファクトリー見学の後は、圃場で稲の観察をしながら、圃場にいる虫についても学びました。

IMG_0032.jpg
▲2,500tもの籾(米)が貯蔵されていると聞き、ビックリ!

IMG_0053.jpg
▲どんな虫がいたのかな?

IMG_0058.jpg
▲最後に全員で、はいポーズ!

 次はいよいよ稲刈りです。
 今日の学習で更に米に詳しくなった児童たちは、9月下旬の稲刈りを楽しみにしている様子でした。
農業体験の中間学習をしました [2016年07月13日(Wed)]
 この日9:20から小学5年生の農業体験の中間学習を行いました。
 今回は土地改良区・農業改良普及センター・農協青年部の皆様のご協力を頂き、「水」の役割や「防除」について、実際にダムやラジコンヘリ(ラジヘリ)・田んぼ等を見ながらの学習です。
 幌新ダムでは、説明のあとの質問で、ダムの深さは?(満水時約20m)体積は?(約284,000㎥)等の多くの質問が寄せられました。
 その後、子ども達が田植えをした圃場に場所を移し、ラジヘリによる模擬防除の様子を見学し、ラジヘリによる防除は薬剤が広範囲に散布されないように行うので環境にやさしいことや、ラジヘリの値段が約1,500万円もすることを知り、おどろいていました。
 最後には、田んぼの生き物や雑草についても学びながら、田んぼ様子を真剣に見つめていました。

IMG_2524.jpg
▲幌新ダムで農業における水の役割を学んでいます

IMG_2582.jpg
▲「すごい!」興奮気味です!!

IMG_2589.jpg
▲精米方法についても学習しました

IMG_2600.jpg
▲最後に集合写真です。楽しく農業を学習できました。
かけっこ教室3日目 [2016年05月22日(Sun)]
 この日10:00から、沼田小学校グラウンドで小学生高学年を対象に「かけっこ教室」の3日目を開催しました。
 最終日となる3日目、今日も準備運動・アップをした後、ラダーでポンポンジャンプ、マイクロハードルダッシュを行い、今日の測定に向けスタートダッシュの練習をしました。
 松野指導士からクラウチングで地面にうまく力を伝えるためのフォームを教えてもらった子どもたちは測定に向け臨戦態勢!
 その後に行った「チューブダッシュ」では大人にチューブで引っ張ってもらい、普段体験できない足の回転とスピードを体験(引っ張る大人が大変でした)
 少し休憩して、いよいよ100mタイム測定の時間。緊張する子どもたち。結果は如何に?

 練習の疲れもあり、少しタイムが落ちた子もいましたが、タイムが縮まり大喜びする子も多数いました!

 来週は運動会本番!松野指導士からは「3日ですぐに速くなるものではなりません。勉強と一緒で家での練習が大事です。3日間で習ったことを家でも練習してください!」とのお話の後、みんなで記念撮影。運動会が楽しみです!

IMG_1776.jpg
クラウチングのフォームを作るため倒れこむ練習。支える方との信頼関係が大事です(笑)

IMG_1777.jpg
足の位置や手の付き方を学びます。

IMG_1786.jpg
最後にみんなで記念撮影。運動会が楽しみ!
かけっこ教室2日目 [2016年05月21日(Sat)]
 この日10:00から、沼田小学校グラウンドで小学生高学年を対象に「かけっこ教室」の2日目を開催しました。
 昨日に引き続き、はじめに準備体操・アップをした後、ダイナミックストレッチを用いた松野指導士の指導がはじまり、続いてラダーを使った「ポンポンジャンプ」とマイクロハードルを使ったダッシュなど、速く走るための技術を身に付けました。
 いよいよ明日は100mを測定します。みんな速くなってるといいですね!

IMG_1715.jpg
さー、今日も頑張っていきましょう!

IMG_1736.jpg
ポンポンジャンプで地球を蹴っ飛ばして!

IMG_1774.jpg
歩幅を合わせてダッシュ!みんな速い!!


かけっこ教室を開催しました。 [2016年05月20日(Fri)]
 この日16:00から、沼田小学校グラウンドで小学生高学年を対象に「かけっこ教室」を開催しました。
 小学校では5月28日(土)に中学校と合同の運動会が予定されていますが、それを前に子供たちに速く走るためのコツや、そのための体の使い方などを知ってもらうことを目的に、教育委員会が町の松野健康運動指導士を講師として実施しました。
 はじめに準備体操・アップをした後、自分の実力を知るため、早速2人1組づつ100mのタイムを測定しました。「○○ちゃんに勝った!」「やった16秒台!」とよろこぶ子も結果に納得いかず悔しがる子もいました。 
 その後、ダイナミックストレッチを用いた松野指導士の指導がはじまり、子ども達に「高く飛ぶには下に強く蹴ること、速く走るには後ろに強く蹴ることを意識して…」とポイントを教え、それを意識させるのため運動をしました。
 最後に○×ゲームを模した競争をしてこの日は終了。この教室は本日を含め明日・明後日の3日間で実施します。最終日には本当に速くなったか100mを測定します。どんな結果がまっているのか?今から楽しみです。

IMG_1683.jpg
100mを何秒で走れるか測定。負けないぞ!

IMG_1697.jpg
松野指導士の熱のこもった指導。子供たちも真剣です!

IMG_1712.jpg
最後は○×ゲームで競争!すごく盛り上がりました。
農業体験(田植え)を行いました [2016年05月20日(Fri)]
IMG_1662.jpg
▲みんなでまっすぐ植えることができました!

 この日10:30から小学5年生の農業体験学習が行われました。12日の事前学習に熱心に取り組んだおかげもあって?? 非常に良い天気に恵まれた中での田植え体験となりました。
はじめのうちは、素足で田んぼに入るのに躊躇していた子ども達も、いざ入ってみると「気持ちいい〜!!」とか「いや〜久しぶりの感覚!(農家の息子さん)」等と声を上げ、土の感覚を楽しんでいました。

IMG_1610.jpg
▲一生懸命植えています。

JA北いぶきの職員や役場農業商工課職員の指導のもと「ななつぼし」の苗を5a程の圃場に丁寧に植えましたが、途中で転んでしまった子や、顔を泥だらけにしてしまった子、メガネを落としてしまうJA職員さんも居て、終始なごやかな雰囲気でした。

IMG_1623.jpg
▲やってしまいました。

 今回、金平町長も田植え体験の場に来られ、沼田農業の将来を担う子ども達を激励し、自らも田植え作業をしました。
 農業体験は、この後7月中旬に中間学習を予定しており、今回植えた苗の成長具合や、田植え後の作業、農業用水について学習する予定です。お米が出来るまでの道のりは、まだまだ続きます。