CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
奄美大島 (3) (02/08) 皆川
奄美大島 (3) (02/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) ミセスミヤ
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19) 藤戸 紘子
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19) ミセスミヤ
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/18) 石塚 美代
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/18) 菊間富江
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/18) 荒川 健三
令和2年三井台南窓会新年会(1) (01/17)
最新トラックバック
月別アーカイブ
2017 神代秋のバラ(2) [2017年11月11日(Sat)]
2017 神代秋のバラ(2)


13_DSC7286.jpg



14_DSC7288.jpg



15_DSC7292.jpg



16_DSC7295.jpg



17_DSC7303.jpg



18_DSC7306.jpg



19_DSC7308.jpg



20_DSC7312.jpg



21_DSC7314.jpg



22_DSC7316.jpg



23_DSC7323.jpg



24_DSC7325.jpg

終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 神代秋のバラ(1) [2017年11月10日(Fri)]
2017 神代秋のバラ(1)

今年、神代植物園の秋のバラは例年の出来にくらべ、痛みがひどいと思います。
しかしそこはバラ、気品に溢れるバラを求め、愛好者が外人も含めてどっと押し寄せていました。


1_DSC7234.jpg



2_DSC7238.jpg



3_DSC7240.jpg



4_DSC7249.jpg



5_DSC7258.jpg



6_DSC7261.jpg



7_DSC7263.jpg



8_DSC7270.jpg



9_DSC7275.jpg



10_DSC7279.jpg



11_DSC7281.jpg



12_DSC7284.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
映画「激突!」 [2017年11月09日(Thu)]
映画「激突!」


自動車は使い方次第では凶器になります。テロリストが、歩道や自転車専用道路で車を走らせ大勢の人を死傷させる事件が頻繁に起きています。テロリストでなくても、頭のおかしい人や怒りに狂った人が運転すると危険です。
クラクションを鳴らされたからと怒って嫌がらせをする運転手も増えています。以前私も無茶な割込みをされて「危ないよ」とクラクションを鳴らしたら、その車が突然目の前で停車し進路を妨害されるということを経験しました。
kikenn1.jpg

自動車を運転すると人格が変わる人もいます。昔、ディズニーのアニメ映画で、普通は虫も殺せないおとなしい人が、ハンドルを握ると人が変わったように乱暴になるという漫画を見たことがあります。

アメリカで1971年に製作された映画「激突!」は、そんな自動車同士のトラブルを描いています。
平凡なサラリーマンがハイウエイで大型のタンクローリーを追い越します。気が付くと、後ろからタンクローリーが追いかけてきます。どうぞと先に行かせると、のろのろ運転で進路を邪魔します。車を止めて一休みしてから行くと、そのタンクローリーが待ち受けています。
この執拗なタンクローリーと、逃げ回るセールスマンの車だけの話ですが、一度見たら忘れられない映画です。
激突2.JPG

監督は26歳のスティーブン・スピルバーグで、この映画で才能を認められたそうで、さすがと思いました。原題はDUEL、決闘という意味で、まさに2台の車の決闘です。
激突.JPG

日本でも最近、嫌がらせをする運転手が現れ、死者まででています。TVで見ましたが、些細な事で切れる運転手が多いので、要注意です。

日本の事件から、この映画を思い出し、11月の南窓会映画会で取り上げます。ぜひ大勢の方がご覧になり、参考にしてください。
11月26日(日曜日)午後2時から
南平東地区センター、入場無料、予約不要
映画「激突!」日本語字幕

皆川眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
北海道東部周遊(13) [2017年11月08日(Wed)]
北海道東部周遊(13)

キムアネップ岬


1_DSF7440.jpg



2_DSF7444.jpg



3_DSF7445.jpg



4_DSF7447.jpg



5_DSF7449.jpg



6_DSF7454.jpg



7_DSF7455.jpg



8_DSF7458.jpg



9_DSF7470.jpg



10_DSF7475.jpg


キムアネップ岬をおわり、広大なサンゴ草の植栽群生を誇る能取湖へと移ります。

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(12) [2017年11月07日(Tue)]
北海道東部周遊(12)

コムケ湖-3

21_DSF7416.jpg



22_DSF7419.jpg



23_DSF7421.jpg



24_DSF7420.jpg



25_DSF7422.jpg



26_DSF7423.jpg



27_DSF7425.jpg



28_DSF7426.jpg



29_DSF7427.jpg


コムケ湖を終りキムアネップ岬へと続きます。
コムケ湖、キムアネップ、能取湖はいずれもサロマ湖の周辺で共通点があり、こんどの旅は時期的にサンゴ草を見学する旅でした。


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(11) [2017年11月06日(Mon)]
北海道東部周遊(11)

コムケ湖-2

11_DSF7396.jpg



12_DSF7399.jpg



13_DSF7451.jpg



14_DSF7400.jpg



15_DSF7402.jpg



16_DSF7403.jpg



17_DSF7404.jpg



18_DSF7406.jpg



19_DSF7407.jpg



20_DSF7413.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(10) [2017年11月05日(Sun)]
北海道東部周遊(10)

コムケ湖-1

紋別市のオホーツク海に面しサロマ湖の北西14km〜15kmにあるコムケ湖は面積4,84㎢
平均水深1.2mの湖で、ここにもサンゴ草があり地元の人たちにより大切に保護されています。
私達が訪れたとき、地元ボランティヤの方が3名くらい出て案内してくれました。


1_DSF7375.jpg



2_DSF7376.jpg



3_DSF7380.jpg



4_DSF7381.jpg



5_DSF7384.jpg



6_DSF7385.jpg



7_DSF7386.jpg



8_DSF7388.jpg



9_DSF7389.jpg



10_DSF7390.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
うまくいっている人の考え方 [2017年11月05日(Sun)]
51ft8oFLZvL._SX316_BO1,204,203,200_.jpg


人生がうまくいっている人の特徴は「自尊心」が高いことだと著者はいう。
自尊心とは、自分を大切にしようとする心だ。
自尊心のある人は常に自信に満ちあふれ、失敗やまちがいを犯しても、
それを前向きにとらえて次のステップの土台にする心の余裕がある。
人生のほとんどすべての局面に自尊心は大きな影響を与えることになる。

本書で著者は自尊心を高める方法を100項目紹介している。
これを読めば、自信を身につけ、素晴らしい人間関係を築き、毎日が楽しく過ごせるはずだ。どこから読んでもいい。そして、できることから実践しよう。
昨晩一気に読みました。面白かったです。 明平暢男

Posted by 明平暢男 at 08:41
北海道東部周遊(9) [2017年11月04日(Sat)]
北海道東部周遊(9)

えんがる公園-2



11_DSF7344.jpg



12_DSF7345.jpg



13_DSF7348.jpg



14_DSF7350.jpg



15_DSF7352.jpg



16_DSF7354.jpg



17_DSF7358.jpg



18_DSF7360.jpg



19_DSF7362.jpg



20_DSF7365.jpg


えんがる公園を終り次は“コムケ湖”へと続きます


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(8) [2017年11月03日(Fri)]
北海道東部周遊(8)

えんがる公園-1


紋別郡遠軽町丸大にある太陽の丘と称する山のなだらかな斜面を利用して開設した“えんがる公園”は観光パンフレットによると広さは百万平方メートル(1km四方)の広大な敷地に1000万本のコスモスとあり、事前に見た最盛期のコスモスの写真に圧倒され大いなる期待をもって訪れたのですが、度重なる台風の襲来と気候の変化のため圧倒的な景観は見られず、まことに残念でした。しかしコスモスの種類の豊富なことはわかったし、それが例年のように咲き誇る様子も想像できました。



1_DSF7326.jpg



2_DSF7328.jpg



3_DSF7329.jpg



4_DSF7331.jpg



5_DSF7332.jpg



6_DSF7337.jpg



7_DSF7338.jpg



8_DSF7340.jpg



9_DSF7341.jpg



10_DSF7343.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(7) [2017年11月02日(Thu)]
北海道東部周遊(7)

山彦の滝-2


11_DSF7298.jpg



12_DSF7302.jpg



13_DSF7303.jpg



14_DSF7305.jpg



15_DSF7306.jpg



16_DSF7308.jpg



17_DSF7311.jpg



18_DSF7315.jpg



19_DSF7317.jpg


山彦の滝を終り、次はえんがる公園へ続きます


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北海道東部周遊(6) [2017年11月01日(Wed)]
北海道東部周遊(6)

山彦の滝-1

山彦の滝は、別名を“裏見の滝”と言い、高さ28mの滝の裏側に入っても飛沫を浴びることはありません。
裏側岩窟に不動明王がまつられています。滝は現地の説明では勇壮とありますが、実際に見た感じでは、優美で裏側に入ると絹の幕を見るようです。山彦の滝の命名は大正13年だそうですが、それ以前の蝦夷地であったときの名前はなんといったのでしょうか。


所在地は紋別郡遠軽町丸瀬布(まるせっぷ)上武利というところで、JR北海道石北本線丸瀬布駅の近辺から南に延びる北海道道1070号を武利川沿いに辿ると車で約30分で着けます。滝のある山道の入口にヒグマに注意の看板がありました。

1_DSF7271.jpg



2_DSF7272.jpg



3_DSF7273.jpg



4_DSF7276.jpg



5_DSF7285.jpg



6_DSF7289.jpg



7_DSF7291.jpg



8_DSF7293.jpg



9_DSF7294.jpg



10_DSF7296.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml