CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年二月) (02/26) 荒川 健三
緊急連絡・新型コロナウイルス関連 (02/25) 皆川
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
奄美大島 (3) (02/08) 皆川
奄美大島 (3) (02/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) ミセスミヤ
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19) 藤戸 紘子
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19)
最新トラックバック
月別アーカイブ
慶良間諸島 (1) [2020年01月06日(Mon)]
慶良間諸島 (1)


慶良間諸島は那覇市泊港から西へ約40kmの東シナ海にあって、20ほどの島から成り、那覇からフェリー約2時間で座間味島の港に着くことができます。
諸島の中の外地島(フカジシマ)に慶良間空港がありますが現在は休止中で船便利用のみです。
私たちは昨年12月8日(日曜日)に羽田から沖縄へ飛んだのですが、現地案内人の話では前日7日まで海が荒れてフェリーが運休していたそうで、ツイてるねと言われました。
慶良間諸島には無人島が多く、最初に安慶名敷島(アゲナシク)という無人島を小型船で訪れ上陸したのですが、波で船が揺れ飛沫を浴びちょっぴり怖い思いをしました。後日この海・・阿護浦・・は昔中国からくる冊封船(さくほうせん)が海の荒れたときの避難場所だときき、東シナ海は荒れる海だと思いました。


慶良間諸島の見学コース以下の通りです。


座間味島高月山展望台→阿佐集落(昔の船長の屋敷跡)→チシ展望台→アカハゲ→
ウハマビーチ→阿護ノ浦クルージング→安慶名敷島→阿真ビーチ
座間味島→嘉比島→ニシハマビーチ→外地島展望台→慶留間島集落→阿嘉大橋→
座間味港ヘ帰りフェリーで那覇泊港へ


慶良間諸島の中核座間味島は古代倭国と中国間交流の航路中継地で遣唐船や中国からの冊封舟のルートで,阿護ノ浦は海が荒れたときの避難場所であったという。

沖縄の海はすべてキレイな海ですが、慶良間諸島の海は格段に美しいと思いました。
慶良間ブルーの海と呼ぶそうですが、多色の青に見えます。沖縄本島の案内人も慶良間の海がベストですとおっしゃっていました。

那覇泊港から座間味島まで-1


1_DSC9242.jpg



2_DSC9243.jpg



3_DSC9244.jpg



4_DSC9245.jpg



5_DSC9246.jpg



6_DSC9247.jpg



7_DSC9248.jpg



8_DSC9249.jpg



9_DSC9250.jpg



10_DSC9252.jpg



11_DSC9253.jpg


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml