CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
北九州の紅葉 (2) (12/02) 菊間敏夫
北九州の紅葉 (2) (12/02) 荒川 健三
北九州の紅葉 (1) (12/02) 皆川
北九州の紅葉 (1) (12/01) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/21) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14)
最新トラックバック
月別アーカイブ
瀬戸内二島の旅(1) [2018年12月03日(Mon)]
瀬戸内二島の旅(1)


瀬戸内海の島「淡路島」と「小豆島」の二島をめぐる旅をしてきました。
主たる目的は鳴門海峡“うず潮”の見学と小豆島のほぼ中心にあって、日本三大紅葉の一つに挙げられる“寒霞渓”紅葉の鑑賞です。
瀬戸内海は古代最後の、そして中世最初の内乱と言われる「源平合戦」の舞台となりました。平安末期の治承4年(1180)、高倉天皇の兄宮以仁王(もちひとおう)と頼朝が平家打倒の挙兵したのを発端に、以後元暦2年(1185) に壇ノ浦の決戦で平家滅亡に至るまで6年もの間戦乱が続いた内海です。

源平の死闘は歌舞伎・浄瑠璃。琵琶などで語られ謡われて後代まで絶えることなく伝えられていますが、現代の瀬戸内海を往来するフェリーは定員500名、全長70m、速力20ノット、自家用車積載60台前後の能力を有する船で縦横に各島間を往来しています。
900年前、源平時代に瀬戸内に生きていた人々が今の様子を目にしたらどんな感想をもつでしょうか。
二島を巡る旅は以下の順序で行いました。

羽田空港→徳島空港→淡路しま福良港→鳴門大橋下(渦潮見学)(南淡温泉 泊)
→淡路島花さじき→四国霊場屋島寺→高松東港→小豆島坂手港→苗羽小学校田浦分校
→(小豆島温泉 泊)→寒霞渓→土庄町(エンジェルロード・港公園‣土渕海峡)→
オリーブ公園→池田港→高松港→高松空港→羽田

鳴門うず潮-1

1_DSC1417.jpg



2_DSC1419.jpg



3_DSC1420.jpg



4_DSC1421.jpg



5_DSC1423.jpg



6_DSC1424.jpg



7_B110003.jpg



8_B110001.jpg



9_B110002.jpg



10_B110004.jpg



続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml