CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川健三
昭和記念公園(1) (03/07) ミセスミヤ
昭和記念公園(1) (03/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年二月) (02/26) 荒川 健三
緊急連絡・新型コロナウイルス関連 (02/25) 皆川
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
奄美大島 (3) (02/08) 皆川
奄美大島 (3) (02/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年一月) (01/24)
最新トラックバック
月別アーカイブ
METオペラ「ジュリアス・シーザー」 [2013年05月26日(Sun)]
METオペラ「ジュリアス・シーザー」

メトロポリタン・オペラ(MET)ライヴ・ビューイングの今シーズン最終上演作品が、ヘンデル作曲のバロック・オペラ「ジュリアス・シーザー」というので、新宿ピカデリーで見てきました。
バロックオペラは16世紀から17世紀半ばまでに作られたオペラで、日本では上演されることも少なく、TVでもめったに放映されることもありません。私は今までバロック・オペラを見たり聞いたりしたことがありませんでしたが、欧米では最近人気があるそうです。
この作品は1726年の初演ですので、約300年前です。バロックオペラでは一番人気があるそうです。

ストーリーは、ジュリアス・シーザー(イタリア語では、ジュリオ・チェザーレ)がポンペイウスを追ってエジプトに遠征した時の出来事です。ポンペイウスがエジプト王の策略で殺害され、一度は恭順を示したエジプト王(トロメオ王)でしたが、シーザーの暗殺を謀り、シーザーは、そこで出会ったクレオパトラ女王(トロメオの姉)と協力してトロメオ王と戦って勝利するという話です。史実と虚構を取り混ぜてあります。
s-Hendel.jpg

幕があがり、まず驚いたのは、髭面のむくつけ男のシーザーが、女性のような裏声で歌い始めたことです。カウンター・テナーでした。日本では、米良美一、岡本知高しか知りませんが、世界的に有名な歌手のデイヴィッド・ダニエルズということです。慣れない私にはやはり異様に感じます。この歌劇の上演された当時は、女性の役だけでなく、男性役もカウンターテナーが歌っていたのでしょう。ほかに、エジプトのトロメオ王も、クレオパトラの侍女もカウンター・テナーでした。

もともとオペラでは、歌詞の繰り返しが多いのですが、バロックオペラでは特に繰り返しがしつこい程多いと思いました。メロディーも耳に快いのですが、単調なところもあります。そのために、時々眠くなります。また、ほとんどがアリア(独唱)で、二重唱、三重唱がほとんどなく、音楽的には変化が少ないと思いました。当時は、オペラは宮廷での上演でしたので、これでよかったのでしょう。これを劇的に変えたのはモーツアルトで、民衆のためのオペラを書き、ストーリーも音楽も革命的によくなりました。やはりモーツアルトは天才であったと再認識しました。

単調になりがちなバロック・オペラですが、このMETのオペラでは演出家デイヴィッド・マクヴィカーの遊び心いっぱいの思い切った演出のお蔭で面白い舞台となりました。音楽はそのままですが、舞台や衣装を19世紀に変えて、コミカルな踊りを入れたり、アクション場面を加えたりして、一大エンタテーメントに変化させました。私はもとの舞台を知らないだけに、これで十分面白いと思いました。
s-img_3.jpg

主役のナタリー・デセイは世界的に有名なソプラノですが、彼女が軽々と踊る姿にびっくりしました。ヨガで体を鍛え、踊りの猛特訓を受けた成果だそうです。ニューヨークでの公演でも観客が大喜びだったようで、カーテン・コールではスタンディング・オベーションでした。オペラ歌手は、演技だけでなく踊りも必要のようです。
s-desay.jpg

4時間半と長い作品で、眠くなる場面はありましたが、全体には飽きずに楽しく見られました。
デセイの踊りや歌の映像は、下記で見ることができます。

http://met-live.blogspot.jp/2012/09/blog-post.html

(文責:皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml