CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
r令和2年三井台南窓会新年会(1) (01/17) 皆川
r令和2年三井台南窓会新年会(1) (01/16) 荒川 健三
元旦風景(3) (01/04) ミセスミヤ
元旦風景(3) (01/04) ミセスミヤ
元旦風景(3) (01/04) 荒川 健三
元旦風景(2) (01/04) 皆川
元旦風景(2) (01/03) 荒川 健三
川越散歩 (4) (01/01) 荒川 健三
新年のご挨拶(令和2年元旦) (01/01) 皆川
川越散歩 (4) (12/31)
最新トラックバック
月別アーカイブ
慶良間諸島 (4) [2020年01月15日(Wed)]
慶良間諸島 (4)

高月展望台と阿佐集落


34_DSC9300.jpg



35_DSC9301.jpg



36_DSC9302.jpg



37_DSC9303.jpg



38_DSC9305.jpg



39_DSC9306.jpg


古代、船の操作に巧みな船長には“船頭殿”の称号が与えられ、遣唐船の操作を任され石垣を巡らした邸にすみました。

40_DSC9319.jpg



41_DSC9323.jpg



42_DSC9326.jpg



43_DSC9327.jpg



44_DSC9328.jpg



45_DSC9329.jpg



46_DSC9331.jpg



47_DSC9332.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
慶良間諸島 (3) [2020年01月08日(Wed)]
慶良間諸島 (3)


那覇泊港から座間味島まで-3


23_DSC9285.jpg



24_DSC9287.jpg



25_DSC9288.jpg



26_DSC9291.jpg



27_DSC9292.jpg



28_DSC9293.jpg



29_DSC9295.jpg



30_DSC9296.jpg



31_DSC9297.jpg



32_DSC9298.jpg



33_DSC9299.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
慶良間諸島 (2) [2020年01月07日(Tue)]
慶良間諸島 (2)


那覇泊港から座間味島まで-2





12_DSC9254.jpg



13_DSC9255.jpg



14_DSC9256.jpg



15_DSC9258.jpg



16_DSC9262.jpg



17_DSC9266.jpg



18_DSC9269.jpg



19_DSC9272.jpg



20_DSC9274.jpg



21_DSC9276.jpg



22_DSC9278.jpg





Posted by wild river at 09:00
慶良間諸島 (1) [2020年01月06日(Mon)]
慶良間諸島 (1)


慶良間諸島は那覇市泊港から西へ約40kmの東シナ海にあって、20ほどの島から成り、那覇からフェリー約2時間で座間味島の港に着くことができます。
諸島の中の外地島(フカジシマ)に慶良間空港がありますが現在は休止中で船便利用のみです。
私たちは昨年12月8日(日曜日)に羽田から沖縄へ飛んだのですが、現地案内人の話では前日7日まで海が荒れてフェリーが運休していたそうで、ツイてるねと言われました。
慶良間諸島には無人島が多く、最初に安慶名敷島(アゲナシク)という無人島を小型船で訪れ上陸したのですが、波で船が揺れ飛沫を浴びちょっぴり怖い思いをしました。後日この海・・阿護浦・・は昔中国からくる冊封船(さくほうせん)が海の荒れたときの避難場所だときき、東シナ海は荒れる海だと思いました。


慶良間諸島の見学コース以下の通りです。


座間味島高月山展望台→阿佐集落(昔の船長の屋敷跡)→チシ展望台→アカハゲ→
ウハマビーチ→阿護ノ浦クルージング→安慶名敷島→阿真ビーチ
座間味島→嘉比島→ニシハマビーチ→外地島展望台→慶留間島集落→阿嘉大橋→
座間味港ヘ帰りフェリーで那覇泊港へ


慶良間諸島の中核座間味島は古代倭国と中国間交流の航路中継地で遣唐船や中国からの冊封舟のルートで,阿護ノ浦は海が荒れたときの避難場所であったという。

沖縄の海はすべてキレイな海ですが、慶良間諸島の海は格段に美しいと思いました。
慶良間ブルーの海と呼ぶそうですが、多色の青に見えます。沖縄本島の案内人も慶良間の海がベストですとおっしゃっていました。

那覇泊港から座間味島まで-1


1_DSC9242.jpg



2_DSC9243.jpg



3_DSC9244.jpg



4_DSC9245.jpg



5_DSC9246.jpg



6_DSC9247.jpg



7_DSC9248.jpg



8_DSC9249.jpg



9_DSC9250.jpg



10_DSC9252.jpg



11_DSC9253.jpg


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (22) [2019年12月27日(Fri)]
北九州の紅葉 (22)

仁比山神社-2


61_B230347.gif



62_B230348.gif



63_B230349.gif



64_B230351.gif



65_B230352.gif



66_B230353.gif



67_B230354.gif



68_B230355.gif



69_B230356.gif


THE END



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (21) [2019年12月26日(Thu)]
北九州の紅葉 (21)

仁比山神社-1



仁比山神社(にいやまじんじゃ)は天平元年(729) の創建、その後承和11年(844) 仁明天皇の勅命で江州坂本(現在の滋賀県)日吉宮の御分神を合祀しました。
仁比山の仁は仁明天皇の仁、比は比叡山の比を意味します。


九年庵と仁比山神社(日吉宮)は山上の同じ高さに並んでいて、山の下からみて左が九年庵 右が仁比山神社で、私たちは左から右まわりに九年庵から仁比山神社と見学しまじた
出だしは一本道で途中で左右に分かれます。どちらも紅葉の名所です。


51_B230331.gif



52_B230332.gif



53_B230334.gif



54_B230336.gif



55_B230337.gif



56_B230338.gif



57_B230342.gif



58_B230344.gif



59_B230345.gif



60_B230346.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (20) [2019年12月24日(Tue)]
北九州の紅葉 (20)

九年庵-2


36_B230314.gif



37_B230315.gif



38_B230316.gif



39_B230317.gif



40_B230318.gif



41_B230319.gif



42_B230320.gif



43_B230321.gif



44_B230322.gif



45_B230323.gif



46_B230325.gif



47_B230327.gif



48_B230328.gif



49_B230329.gif



50_B230330.gif


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (19) [2019年12月23日(Mon)]
北九州の紅葉 (19)

九年庵-1


九年庵は佐賀の大実業家伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と、明治33年から9年の歳月をかけて築いた6800 uの庭園(九年庵の由来)からなり、紅葉の名所で、毎年紅葉の時期に9日間一般公開されます。

21_B230297.gif



22_B230298.gif



23_B230299.gif



24_B230300.gif



25_B230302.gif



26_B230303.gif



27_B230304.gif



28_B230306.gif



29_B230307.gif



30_B230308.gif



31_B230309.gif



32_B230310.gif



33_B230311.gif



34_B230312.gif



35_B230313.gif


続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (18) [2019年12月22日(Sun)]
北九州の紅葉 (18)

別格本山 雷山千如寺大悲王院-2


11_B230275.gif



12_B230277.gif



13_B230278.gif



14_B230281.gif



15_B230284.gif



16_B230286.gif



17_B230288.gif



18_B230289.gif



19_B230291.gif



94840383[1].jpg


実際の観音像は色彩が施されていて、狭い本堂内では非常に大きくみえ、開帳の瞬間圧倒されます


20_B230294.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (17) [2019年12月21日(Sat)]
北九州の紅葉 (17)

別格本山 雷山千如寺大悲王院-1


当山の開創は成務天皇の178年、雷山の地主神 雷大権現の招きでインドから渡来した天竺霊鷲山の僧清賀上人が天皇の勅願を受けて開山したものと伝えられ、一丈六尺の本尊十一面千手千眼観世音菩薩は同上人が一本の白椿の木を謹刻したものだそうです。
約1300年の歴史をもつ雷山千如寺は最盛期、雷山全体に300もの僧坊があったといわれ、
鎌倉期の元寇に対する最前線祈祷寺院になった歴史を有します。


11月23日土曜日は十一面観世音菩薩御開帳の最終日のため、例年見られる混雑、渋滞を避けるため午前7時の朝食、ホテル7時40分出発、佐賀唐津から福岡糸島市雷山へ8時25分に到着したら9時開門に備えた行列がすでにできていました。
10時20分頃見学を終えて山を下るときには100台を超えるかというマイカーが行列していました。本尊十一面千手千眼観世音菩薩は狭い本堂内では大層大きく見え、かつ素晴らしさに圧倒されました。
樹齢400年の大楓も見事でした。


1_B230261.gif


佐賀県の唐津から福岡県の千如寺へ向かう時、早朝、唐津の “虹の松原” を通りましたが、天然記念物の松原はチャンスがあれば後日再訪して、車ではなく徒歩でゆっくり見てみたいと思いました、


2_B230263.gif



3_B230264.gif



4_B230265.gif



5_B230266.gif



6_B230267.gif



7_B230268.gif



8_B230270.gif



9_B230272.gif



10_B230274.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (16) [2019年12月16日(Mon)]
北九州の紅葉 (16)

榮久山壽福寺-3


110_B220247.gif



111_B220248.gif



112_B220249.gif



113_B220251.gif


佐世保市の壽福寺から唐津に帰る途中、有田町のポーセリンパークで夕食を摂るために寄ったところ夕焼け空が目について撮影してみました。ここにはドイツのツヴィンガー宮殿のイミテーションがあり、それも撮影しました

114_B220252.gif



115_B220253.gif



116_B220255.gif



117_B220259.gif



118_B220260.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (15) [2019年12月15日(Sun)]
北九州の紅葉 (15)

榮久山壽福寺-2


101_B220231.gif



102_B220232.gif



103_B220233.gif



104_B220234.gif



105_B220236.gif



106_B220237.gif



107_B220238.gif



108_B220239.gif



109_B220242.gif


続く


文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (14) [2019年12月14日(Sat)]
北九州の紅葉 (14)

真言宗智山派 榮久山壽福寺


佐世保市にある榮久山壽福寺は天生10年(1582) 平戸藩主松浦鎮信により佐世保市早岐に
“長福寺”として創建された後、寛永12年(1635) 松浦藩主の祈願所として現在地に移築されました。
九州88ヶ所の76番札所で紅葉の名所として知られ、“逆さ紅葉”も有名です。
逆さ紅葉とは本堂内から見える紅葉を座敷に設けたアクリル反射板に投影させるもので、考案した住職松園光基(まつぞのこうき)氏に偶然お会いすることができました。


92_B220218.gif



93_B220219.gif



94_B220220.gif



95_B220221.gif



96_B220222.gif



97_B220223.gif



98_B220224.gif



99_B220225.gif



100_B220230.gif


続く



文責 荒川



Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (13) [2019年12月13日(Fri)]
北九州の紅葉 (13)

柳川川下り-3


83_B220195.gif



84_B220196.gif



85_B220197.gif



86_B220200.gif



87_B220201.gif



88_B220202.gif



89_B220207.gif



90_B220210.gif


続く



文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (12) [2019年12月12日(Thu)]
北九州の紅葉 (12)

柳川川下り-2


73_B220183.gif



74_B220184.gif



75_B220185.gif



76_B220187.gif



77_B220189.gif



78_B220190.gif



79_B220191.gif



80_B220192.gif



81_B220193.gif



82_B220194.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (11) [2019年12月11日(Wed)]
北九州の紅葉 (11)

柳川 川下り


柳川市は福岡市の南50km筑後地方南西部に位置して商業の中心都市、西に筑後川 南東を矢部川の1級河川が流れ、矢部川の支流 沖端川、二つ川、塩塚川が市内を貫流して有明海に注ぎ込む。各河川から分流する掘割が縦横に走り水の都を形成する。
柳川市の有名人として、近代では北原白秋 旧くは柳川藩主立花宗茂がいる。
関ヶ原の役で西軍についた柳川藩ですが、敗者大名のなかで宗茂が唯一旧領に復帰した大名です。
立花家の邸宅庭園のお花は高級ホテル料亭として明治以来柳川市の看板となっている存在で、そのすく近いところに川下りの乗下船場があり、30分コースに乗りました。
掘割は400年前柳川城を築造するときに整備されたものだそうです・


63_B220173.gif



64_B220174.gif



65_B220175.gif



66_B220176.gif



67_B220177.gif



68_B220178.gif



69_B220179.gif



70_B220180.gif



71_B220181.gif



72_B220182.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (10) [2019年12月10日(Tue)]
北九州の紅葉 (10)

西渓公園-3


54_B220159.gif



55_B220160.gif



56_B220161.gif



57_B220162.gif



58_B220164.gif



59_B220165.gif



60_B220166.gif



61_B220167.gif



62_B220168.gif


続く



文責 荒川




Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (9) [2019年12月09日(Mon)]
北九州の紅葉 (9)

西渓公園-2


45_B220150.gif



46_B220151.gif



47_B220152.gif



48_B220153.gif



49_B220154.gif



50_B220155.gif



51_B220156.gif



52_B220157.gif



53_B220158.gif


続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (8) [2019年12月08日(Sun)]
北九州の紅葉 (8)

西渓公園


佐賀県多久市多久町にある西渓公園は佐賀藩龍造寺四家の一つ多久鍋島家の家老屋敷跡を多久出身の炭鉱王高取伊好が自費で整備して当時の多久村に寄贈した庭園で、紅葉の名所です。
私たちが訪れたとき、佐賀テレビのカメラマンが紅葉の録画に走りまわっていました。


36_B220140.gif


シュガー街道は佐賀鹿嶋市から多久市に移動するときに通った旧街道です。

37_B220141.gif



38_B220143.gif



39_B220144.gif



40_B220145.gif



41_B220146.gif



42_B220147.gif



43_B220148.gif



44_B220149.gif


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
北九州の紅葉 (7) [2019年12月07日(Sat)]
北九州の紅葉 (7)

祐徳稲荷神社-3


21_B220122.gif



22_B220123.gif



23_B220124.gif



24_B220125.gif



25_B220126.gif



26_B220127.gif



27_B220128.gif



28_B220129.gif



29_B220130.gif



30_B220131.gif



31_B220132.gif



32_B220133.gif



33_B220135.gif



34_B220136.gif



35_B220137.gif



続く



文責 荒川








Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml