CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
皆川
今月の俳句(令和2年5月) (05/27) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和2年5月) (05/25) 荒川 健三」
今月の俳句(令和2年5月) (05/25) 荒川 健三
陣馬山(5) (04/30) 菊間敏夫
陣馬山(5) (04/29) 皆川
景信山(1) (04/28) 荒川健三
景信山(6) (04/23) ミセスミヤ
景信山(6) (04/23) 荒川健三
令和2年 奥多摩湖の春(4) (04/09) ミセスミヤ
令和2年 奥多摩湖の春(4) (04/08)
最新トラックバック
月別アーカイブ
正月の浅草寺 (1)  [2020年01月12日(Sun)]
正月の浅草寺 (1)


2020年1月10 日金曜日数人の仲間と浅草寺をお詣りしました。
浅草寺は東京の名所として海外にも知られているらしく、欧米や東南アジアからの観光客や小中学校の団体旅行で溢れていました。
浅草寺の境内をゆっくり見て回りましたが、あちらこちらに傷ついた公孫樹があるのが目にとまりました。
考えてみれば、昭和20年3月9日から10日未明に至る深夜の東京大空襲はB29爆撃機300機で、下町に対して焼夷弾による絨毯爆撃が行われ、浅草は焦土と化したのです。傷ついた公孫樹はその傷跡です。
伝法院通りの鎮護堂に推定樹齢400年を超える公孫樹(銀杏の木)がありましたが、この木が大空襲の際、鎮護堂を焼失から守ったということで、根元も焼けたのに、よく生きてるものだと感心しました。
浅草寺も五重塔も国宝の建物でしたが、みんな焼けてしまいました。だから現在の建物はすべて戦後再建されたものです。


1_1100001.jpg



2_1100002.jpg



3_1100004.jpg



4_1100005.jpg



5_1100006.jpg



6_1100008.jpg



7_1100009.jpg



8_1100010.jpg



9_1100011.jpg



10_1100012.jpg



11_1100014.jpg


続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/4834
コメントする
コメント
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml