CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
北九州の紅葉 (2) (12/02) 菊間敏夫
北九州の紅葉 (2) (12/02) 荒川 健三
北九州の紅葉 (1) (12/02) 皆川
北九州の紅葉 (1) (12/01) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/21) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14)
最新トラックバック
月別アーカイブ
菊花展 (2) [2019年11月07日(Thu)]
菊花展 (2)


太管(ふとくだ)・間管(あいくだ)・細管(ほそくだ)


16_DSC9130.jpg



17_DSC9132.jpg



18_DSC9133.jpg



19_DSC9136.jpg



20_DSC9137.jpg



21_DSC9138.jpg



22_DSC9141.jpg



23_DSC9143.jpg



24_DSC9144.jpg



25_DSC9146.jpg



26_DSC9149.jpg



27_DSC9147.jpg



28_DSC9150.jpg


江戸菊


この菊の起原は元禄年間といわれますが、定かではありません。江戸菊の特徴は「抱え咲き」といわれる咲き方にあります。先ず「咲き下ろし」といって各花弁が十分に伸びると次に平弁がよれ始め、やがてそのよれた弁が花芯を包み込むように「抱え込み」ます。
この咲き下ろしから抱え込みにいたる過程の花弁の変容にこの菊最大の魅力があるといわれます。
この「狂い咲き菊」をみていると、したたかに奔放に生きた江戸庶民とその文化の底流にふれる思いがするのは考えすぎでしょうか。



29_DSC9151.jpg



30_DSC9155.jpg


続く



文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/4688
コメントする
コメント
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml