CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
北九州の紅葉 (2) (12/02) 菊間敏夫
北九州の紅葉 (2) (12/02) 荒川 健三
北九州の紅葉 (1) (12/02) 皆川
北九州の紅葉 (1) (12/01) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/21) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14)
最新トラックバック
月別アーカイブ
菊花展 (1) [2019年11月06日(Wed)]
菊花展 (1)


例年11月にはいると高幡不動尊境内で「菊花展」が開かれ、七五三とも重なって境内は華やかにも微笑ましく、そのうえ秋の好天に恵まれるとあっては近郷近在から訪れる善男善女の賑わいは頂点に達します。

「菊」は古来親しまれてきた伝統的な花で気品に満ちた花ですが、菊づくりに専念する人には“職人気質”の人が多いらしい感じがします。
菊花展「江戸ギク」のコーナーに福生にお住いのTさん(女性)が見え、出展した江戸菊の手入れをされていました。Tさんは美空ひばりと同年だそうですから82才、20代後半から菊づくりに挑戦し、手がける人の少ない江戸菊で、これまでに3回「厚生大臣賞」を受賞されたそうです。

私が菊づくりをする人の職人気質について尋ねると肯定し、競走心がつよく頑固で仲間同士で親しくする機会はまずないということでした。
Tさんも菊づくり男性からかなり“イジメ”にあったらしいと話の様子から想像しました。


1_DSC9231.jpg



2_DSC9109.jpg



3_DSC9110.jpg



4_DSC9111.jpg


厚物


大菊の代表的花型で、数百枚の花弁が中央の花芯に向かって鱗状に組みながら球状に丸く盛り上がり、盛り咲き菊ともいわれます

5_DSC9112.jpg


以下“厚物”

6_DSC9113.jpg



7_DSC9114.jpg


8_DSC9115.jpg



9_DSC9116.jpg


厚走り


厚物の花頭最下部から管状の長い走り花弁が四方に咲く花型で、袋状の真直ぐで長い走り弁が放射状に付いたものが良くて大きく見えます。



10_DSC9119.jpg


以下“厚走り”

11_DSC9120.jpg



12_DSC9122.jpg



13_DSC9123.jpg



14_DSC9126.jpg


一文字


別名 ご紋章菊ともいわれ、幅の広い船底型平弁で14〜16枚の花弁が水平に丸く咲きます

15_DSC9128.jpg


続く




文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/4686
コメントする
コメント
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml