CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年二月) (02/26) 荒川 健三
緊急連絡・新型コロナウイルス関連 (02/25) 皆川
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
奄美大島 (3) (02/08) 皆川
奄美大島 (3) (02/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) ミセスミヤ
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19) 藤戸 紘子
令和2年三井台南窓会新年会(3) (01/19)
最新トラックバック
月別アーカイブ
北海道東部周遊(14) [2017年11月26日(Sun)]
北海道東部周遊(14)

能取湖-1


ノトロコ(能取湖)、名前の由来はアイヌ語の“ノッ・オロ”岬の所からきている。本来は能取岬を意味していて能取湖は能取岬にある湖ということになります。
アッケシソウ(サンゴ草)の群生地として知られていますが、明治24年(1891)椙山清利により厚岸湖カキ島で発見され、北海道大学宮部金吾により発見の地名に因んでアッケシソウと命名されました。
アッケシソウは塩生植物の中でも特に塩の耐性が強く、塩に依存的な植物で環境にデリケートな植物です。
2011年、能取湖環境改善のための土砂搬入でアッケシソウは激減し絶滅の危機に瀕しましたが北大農学部の努力などで2015年の8月までに以前の8割まで回復しました。


夕方の能取湖風景

1_DSF7480.jpg



2_DSF7492.jpg



3_DSF7494.jpg



4_DSF7495.jpg



5_DSF7496.jpg



6_DSF7497.jpg



7_DSF7498.jpg



8_DSF7500.jpg



9_DSF7502.jpg



10_DSF7504.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/3498
コメントする
コメント
皆川さま
コメントを有難うございます。
余談ですが、MS BANKの今度の支店長は最初の支店長拝命が函館でそのとき余暇を見ては道内を見て歩き、オホーツク沿岸にもいったそうですが、能取湖のサンゴ草を知らなかったそうで、私の話をきいてとても残念がっていました。
Posted by:荒川 健三  at 2017年11月27日(Mon) 19:27

荒川様 
   サンゴ草が一面に広がる雄大な風景、すばらしい場所ですね。
日本には、まだまだ美しい風景が沢山あることを教えていただきました。有難うございました。皆川眞孝
Posted by:皆川  at 2017年11月27日(Mon) 16:15

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml