CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川健三
昭和記念公園(1) (03/07) ミセスミヤ
昭和記念公園(1) (03/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年二月) (02/26) 荒川 健三
緊急連絡・新型コロナウイルス関連 (02/25) 皆川
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年二月) (02/24) 荒川 健三
奄美大島 (3) (02/08) 皆川
奄美大島 (3) (02/07) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和二年一月) (01/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和二年一月) (01/24)
最新トラックバック
月別アーカイブ
うまくいっている人の考え方 [2017年11月05日(Sun)]
51ft8oFLZvL._SX316_BO1,204,203,200_.jpg


人生がうまくいっている人の特徴は「自尊心」が高いことだと著者はいう。
自尊心とは、自分を大切にしようとする心だ。
自尊心のある人は常に自信に満ちあふれ、失敗やまちがいを犯しても、
それを前向きにとらえて次のステップの土台にする心の余裕がある。
人生のほとんどすべての局面に自尊心は大きな影響を与えることになる。

本書で著者は自尊心を高める方法を100項目紹介している。
これを読めば、自信を身につけ、素晴らしい人間関係を築き、毎日が楽しく過ごせるはずだ。どこから読んでもいい。そして、できることから実践しよう。
昨晩一気に読みました。面白かったです。 明平暢男

Posted by 明平暢男 at 08:41
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/3494
コメントする
コメント
皆川さま
ぼくは中学時代、師事したのがドイツ人でした。彼から読めと言われたのが「チボー家の人々」でした。前にお話したように敗戦後に父の仕事の関係(当時は日本の領土でした)で北朝鮮にいて、敗戦後歩いて38度線まで歩き、米軍のテント村にたどり着いた経験があります。逃亡中声を出した子どもたちは親と一緒にロシア人や北韓国人に殺されました。こういう経験をしたことが今の自分の芯になっていると思います。それにしても奇跡的に生きているのだと思うと、懸命に生きないといけないと思っています。ぼくの小説の特徴はすべて、ハッピイエンドです。それしか書けません。
Posted by:明平暢男  at 2017年11月05日(Sun) 17:53

明平様
   著者はアメリカ人なのでしょうね。日本人でもアメリカ人でも、同じような考えが必要だと実感しました。
若い時に、デイル・カーネギーの教室に通ったことがあります。
人生を前向きに生きる方法を教わりました。確かに、実行は難しいですが。
皆川眞孝
Posted by:皆川  at 2017年11月05日(Sun) 17:28

荒川さま
作者はこう言っています。
◯ミスをした時に自分にやさしくしよう。

◯長所に意識を集中すれば、それはもっと伸びる。

◯自分の責任でないことを引き受ける義務はない。

どれもこれも、身にしみました。
Posted by:明平暢男  at 2017年11月05日(Sun) 12:42

明平さま
失敗成功体験の繰り返しが人生だと思っていますが、その荒波をくぐり抜けるのに大切なものが“自尊心”とは意識していませんでした。
自分では自尊心は持っていないと思ってるのですが自覚してないのに
これまで生きて来られたのは人並みに持っているのでしょうか。
私は失敗体験は必須の体験だと思っていますが、そのとき自尊心が必要なんですね。
Posted by:荒川 健三  at 2017年11月05日(Sun) 11:04

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml