CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
皆川
今月の俳句」(令和2年7月) (07/21) 荒川 健三
7月昭和記念公園(5) (07/20) 藤戸 紘子
今月の俳句」(令和2年7月) (07/20) wild river
今月の俳句」(令和2年7月) (07/20) ミセスミヤ
7月昭和記念公園(5) (07/19) 皆川
今月の俳句(令和2年6月) (06/25) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和2年6月) (06/25) 荒川健三
今月の俳句(令和2年6月) (06/25) 荒川健三
2020 花菖蒲(4) (06/18) ミセスミヤ
2020 花菖蒲(4) (06/18)
最新トラックバック
月別アーカイブ
読書感想「弱者の戦略」 [2015年02月18日(Wed)]
読書感想「弱者の戦略」
稲垣栄洋著(新潮選書)2014年6月 

jakusha.png

自然界は「弱肉強食」といわれているが、一見弱そう生物も生き残っている。どのような戦略を使って生き延びているか、というのが本書のテーマである。
著者の専門は雑草生態学とのことだが、植物だけでなく動物についてもよく研究して、具体例が多くて面白く読めた。

生物にとって、子孫を残すことが最大の課題であり、使命である。そのため、弱いと思われる生物が生き延びるためには、@食われないこと A他の生物との競争に勝つこと(種間競争) B同じ種内での競争に勝つこと(種内競争)が必要となる。生き残るのはその世界でのナンバーワンだけである。ナンバーワンとなれる場を求めて(生物学ではニッチという)死にもの狂いの争いがある
たとえば、イワシは群れになって泳ぐので、大きな魚が目標を定め難い(群れる)。蝶々は、ヒラヒラと鳥が捉えにくいように飛ぶ(逃げる)。ナマケモノは、天敵ジャガーに見つかりにくいスローな動きでエネルギーを使わないようにし、他の生物が食べない毒のある植物を食べ、生き延びる(隠れる)。
thAS0WH551.jpg
ナマケモノ

サバンナの草食動物達は、シマウマは草の先端を食べ、ヌ―はその下の茎を食べ、ガゼルは根に近い部分を食べる等、同じ場所にいながらも食べる部分を変えて棲み分けている(ずらす)。このように、弱い者の戦略を、「群れる」「逃げる」「隠れる」「ずらす」と分類して説明しているのも分かりやすい。

我が家の庭で見かけるのはほとんどが西洋タンポポなので、日本タンポポが西洋タンポポに追いやられたと思っていた。ところが、西洋タンポポは他の植物が多い場所では夏に光を浴びることが出来ず枯れてしまうという。日本タンポポは春の早い時期に花を咲かせ「夏眠」で暑い夏をやり過ごすという。この「ずらす」戦略で、他の植物が多い場所では日本タンポポの方が強いというのは、新しい知識だ。
s-tannpop.jpg


この本の中で面白かったのは、強者の力を利用する「擬態」という戦略だ。ヨナグニサンという蛾の仲間は、羽の先端の模様が蛇のようになっていて、鳥から身を守っている。
thH6HM1FG5.jpg
ヨナグニサン(蛾)

最後にでてくる「飼い犬の戦略」は、私が娘の犬を散歩につれていく時、いつも感ずることだ。何もしなくても餌をあげ、散歩に連れ出して、糞の始末をきちんとしてあげる、これでは人間が犬の奴隷ではないか。犬が人間を利用して生き延びているという考えは、確かに納得できる。

自然界では「強い者が勝つのではない、勝ったものが強いのである」という。ビジネスの世界でも、「ニッチ市場」という言葉がある。ニッチというのは、もともと隙間を意味するが、大企業が手を出しにくい狭い特殊な市場を意味し、その市場で成功している中小企業もある。弱者がどのような戦略を使って勝っているかを知ることは、私達の人生のヒントにもなる。この本は、それらの戦略を沢山の例をあげて面白く優しく書かれているので、お薦めできる。
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nsk/archive/2398
コメントする
コメント
藤戸様
   ご丁寧な読後感想を有難うございます。
このような知識が実生活で役に立つかどうか分かりませんが、子の本は面白く書かれています。
希望者には、いつでも本をお貸ししますので、連絡ください。
皆川眞孝
Posted by:皆川  at 2015年03月09日(Mon) 09:30

皆川様
大変興味深く一気に読了いたしました。
自然界の厳しい弱肉強食の世界で、様々の戦略で生き延びている弱い生物たちの知恵に驚きました。生き物の世界は「歯を食いしばって頑張れば何とかなる」といった甘い考えは通用しない、との作者の言に納得した次第です。
弱者である私もニッチの世界で、頑張らず利巧に豊かにこれからの人生を過ごそうと考えています。
良い本をご紹介くださいましてありがとうございました。
一人でも多くの方にこの本を読んでいただきたく思います。
Posted by:藤戸 紘子  at 2015年03月07日(Sat) 10:55

皆川さま
「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いのである」人が犬を利用してるものとばかり思い込んでいたら、犬が人を利用してるという見方もできるとは!!  厳しい生存競争に勝ち残る「弱者の戦略」の巧妙なカラクリ満載の本、人生のヒントを発見できる本を紹介していただき有難うございます。
Posted by:荒川 健三  at 2015年02月18日(Wed) 16:22

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml