CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
宮城県PTA連合会 奈須野毅
宮城県PTAの話 (11/13)
宮城県PTAの話 [2011年11月13日(Sun)]
昨日、11月12日(土)の午後。宮城県加美町にある「加美町文化会館」通称<バッハホール>で、宮城県PTA連合会の会がありました。

「東日本大震災からの復興会議」です。

本来は、記念すべき第60回の宮城県PTA連合会の研究大会が、東松島町で計画されていました。しかし、東松島町は、みなさんもご存じの通り、津波で大きな被害を受けました。
開催そのものの危機もありましが、宮城県PTA連合会の皆様は、形を「復興会議」と変更し、種々の表彰やパネルディスカッションを行われました。



席上、三行詩コンクールの表彰がありました。その中で、震災に関連する三行詩をご紹介します。

  しんさいで大切な物うしなったけど きぼうだけはもっている(小学5年生)
 
  大津波 父さんの店をのみこんだ 父さん負けるな 私がつぐその日まで(小学4年生)

  地震きた。停電になった。 テレビも電気もみんな消えた。
          でも、家族みんなの心に思いやりの火が灯った。(中学1年生)

  津波 来て 何もかもを失っても 
     ぼくたち家族のために いつもがんばるお父さん(小学6年生)

  大黒柱が星となり 家の支えを失った。大丈夫
       うちには強い母がいるから。(中学3年生)


また、善行・篤行児童生徒表彰には、5人の中学生(当時)が表彰されました。


彼らは3月11日の震災当日、避難所となった中学校に連れてこられた「溺れた地域住民」3人に対して、人工呼吸をおこなうなどの救命活動を行ったり、津波に流された瀕死の消防署員に対して、自分たちの服を脱ぎ、マッサージをしたり体温で温め、命を救ったそうです。

日ごろから救命救急講習を受けていても、いざ実践となるとなかなかできないものです。
心から拍手を送りたい活動です。

形こそ変化しても、復興会議として有意義な会議を開催された宮城県PTA連合会にも敬意を表します。

仙台市も一緒に、前を向いて歩いて行きましょう・・・

仙台市PTA協議会

内田 幸雄
プロフィール

日P震災対応委員会さんの画像
日P震災対応委員会
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/npta/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npta/index2_0.xml