CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年01月31日

選挙はスタートではない!? 政治参画とは何か

NPO大学では、毎月若手NPOの代表をゲストに招き、活動内容についてお話してもらっています。話を聞いた受講生は、各自が「おもしろい!」と思った内容を600文字ほどで記事化します。
今回は、ゲストにNPO法人YouthCreate代表の原田謙介さんを招き、「18歳選挙時代の若者の政治参画」と題して講義してもらった内容を、葛原南美さん(栃木県宇都宮大学3年)の視点で振り返ります。



f7292223f520ea5b814ee7fd0aaf0b34-400x400.jpg

「若者と政治をつなぐ」をモットーとして活動するYouth Create(ユースクリエイト)代表の原田謙介氏。だが、「選挙に行こう」とは呼びかけない。政治参画とは何か、原田氏の考えを聞いて改めて考えた。

今夏の参院選で18歳の投票率が20代と30代のそれよりも高かった件に関してはユースクリエイト)としても、日本社会全体としても喜ばしいことだったと思う。しかしユースクリエイトが目指す若者の政治参画は「政治=選挙に行く」といった単純な方程式ではない。

選挙に行くことも、もちろん政治参画の一つではある。だが、年に何回かしかない選挙を中心に政治を考えることは、「そこまで重要ではない」(原田氏)。

政治参画の方法はいくらでも身近に存在している。例えば、自分が住む市のHPにあるご意見フォームに意見や質問を投稿してみたり、気になる政党のTwitterアカウントをフォローして質問してみたり、Voters Bar(ボーターズバー)に参加してみるなどもそうだ。

ボーターズバーとは、ユースクリエイトが主催している政治家との交流会。去年の11月、筆者が住んでいる栃木県宇都宮市でも開かれた。このイベントに参加して、原田氏を一度お見かけしたことがあるが、とても30歳には見えない若さとパッションを感じた。

「(政治参画の)結果として選挙に行ってくれれば」。そう考えるユースクリエイトを知ること、そして、活動に参加してみることも、社会改革につながる第一歩ではないだろうか。

皆さん、「若者」と「政治」という単語を聞いたとき、何を思い浮かべるだろうか。単純な私がまず思い浮かべてしまうのはやはり18歳選挙権である。今夏の参院選は自分にとって、20歳にして初めての選挙であった。18歳の妹が母親と期日前投票に行ったことも嬉しかった。


執筆者:葛原南美
栃木県宇都宮大学3年の葛原南美(くずはらみなみ)です。出身は青森県で、大学では社会学を専攻しています。インドの女性と子どもを支援するサークルに所属していて、宇都宮市をフェアトレードタウンにするための活動にも携わっています。将来ジャーナリストになるべく人を惹きつける文章を書く力を養いたいです好きなものはお酒とカラオケどうぞよろしくお願いします
タグ:政治 NPO大学
posted by 池田 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治参画
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック