CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
ボランティア・マネジメントの極意 その2 [2009年12月22日(Tue)]
12月19日(土)に、宮崎県立図書館で開催されたNPOマネジメント
講座で、東京おもちゃ美術館の多田館長が、
「ボランティア・マネジメントの極意」を教えてくれました。

○ボランティアが人を育てる

 1 不特定多数の場という偉大なる実習で人間力が身に付く

 2 立場が人を育て、判断力が身に付く 

 3 勇気ある失敗を称えられ、イノベーション力が身に付く

 4 自己肯定、他者肯定で、セルフコントロール力が身に付く

 5 若手、女性、高齢者を大事にし、多文化共生力が身に付く

 6 師匠を見つけて目標にし、ポジティブインパクトが身に付く

 7 立ち話、世間話など地域語という第2外国語が身に付く

 8 多彩なコミュニケーションで、聞き上手、話し上手になれる

 9 多世代交流で人間関係マネジメントが身に付く


 パワーポイントの画面を、メモしきれなかった方のために、
全文を掲載しました。

 ひとつひとつを、三谷幸喜さんみたいな軽妙なトークで、
具体的なエピソードを添えて話してくれました。

 多田さんは、出番をつくれない「ボランティア養成講座」は
ありえないと言います。

 宮崎では、災害ボランティア養成講座の修了者が、実際の
災害の現場には、ほとんど来れなかったこともありました。

 12月19日の講座では、自治体職員の方が、私も聞きたかった
ことを質問してくれました。

 ボランティアのスタッフのコーディネートは、どうやっているのか?

 ボランティアが、自発的に意見を言う場は?

 どんな時間、どんな形で、具体的にやっているのか?

 多田さんは、ていねいに答えてくれました。
 学芸員(ボランティア)は、コーディネートがつくるシフトで
動いています。

 元保育士の方が責任者。部下は、昨年、大学を卒業した男性、
27歳の女性、あわせて3名が、ボランティアコーディネーター部門。

 毎日、9時半から朝礼で、申し送り事項を伝え、学芸員の要望も聞く。

 年2回、学芸員が、「館長を囲む会」を開く。

 囲む会では、どんな大きな質問にも、細かい質問にも、真剣に
答える。

 おもちゃ学芸員の運営委員会は10名で、偶数月に開催します。
名刺のアイデアも、運営委員会で出たものです。

 大切なことは、言われたことは「すぐやる」ことです。
ボランティアの方が発言したことを、翌日にはやっている、
それがまた、次の発言につながります。

 そして、日々の開館時間内に、なるべく3人のコーディネーターは、
世間話、立ち話をしています。

 ボランティアの方から、ヒアリングをしています。
「館長を囲む会」より、いい情報が集まるそうです。

 週1回、コーディネーター3人で、学芸員からのヒアリング調査の
結果の報告会をしています。

 宮崎で、コーディネーターという名札をつけている方も、
こんなことを、すればいいのにと思いました。

 東京おもちゃ美術館のボランティアコーディネーターは、
事務室に座っているヒマはない、座ってちゃいけない
そうです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ