CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
官製NPOの理事の皆様へ [2008年02月10日(Sun)]
  「官製NPO」の社員の方からコメントをいただきました。
宮崎県内の方だろうかと気になります。
県内でも、同じような相談を受けたことがあるからです。

 「NPO法人に図書館業務を委託する」というより、
「図書館業務を委託するためにNPO法人をつくらせる」
ことが、実際に行われているようです。

 その図書館で働く人は、NPO法人の社員(正会員)でしょうか。
いいえ、NPO法人に雇用された人です。
もし、理事が、雇用の際に、NPO法人の正会員になることを強要したら、
それは、「社員の資格の得喪に不当な条件を付さない」という
NPO法人の定義(NPO法第2条)に反することになります。

 本来なら、そのことを指摘するべきなのは、
そのNPO法人の監事なのですが、
監事の方に相談できるようなら、悩まないでしょう。

 どうすればいいでしょうか。
まず、同じ悩みを持ち、同じ志しを持つ仲間を見つけることです。

 宮崎県内の方でしたら、宮崎県がNPOの経営相談業務等を
委託している宮崎県NPO活動センターにご相談ください。
とても素敵なおいちゃんが話を聞いてくれます。 

 NPO法には「行政指導」はないので、所轄庁は、役に立ちません。
監事の職務(NPO法第18条)として、法令違反の相談を受けた場合は
別ですが…

 でも、宮崎県庁に来られた場合は、お話を伺って、
一緒に考えるところまでは、させていただいてます。 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
なんとな〜く理事との個人面接終わりました。
気合をいれてつくった資料やせとぽんさんのお話、労働基準監督署に電話相談した結果等の出番もないくらい、さら〜っと。前回の話し合いとはうってかわって、カウンター業務以外の事業は「できる範囲で」「結果はともかくみんなでやろうという意識をもとう」ということを言われるにとどまりました。
しかし、次に面接されたかたには、違うふうにいってあったらしいのですが…。
面接のなかでも1人の理事も言われてありました、理事も気持ちが揺れていて常に悩んでいる状態だと。
今回の面接で理事が私に1番言いたかったことは、NPOをどうもっていくか?ではなく前回の話合いの時、理事の他の職員にたいしての発言に対して反発したことについて、「私はきちんとした考えをもって○○さんを批判したのだからあなたにあれこれ言われる筋合いはない」ということにつきたようでした。
自分の意見は正しいと自信をもってあったようでしたし、これ以上何を言っても聞かれないようでしたので、それ以上はいいませんでした。
人を批判するのなら、自分も人からの批判を受け入れる度量をもつべきではないでしょうか?とはおもいましたが…。その件で時間をほとんど使った感がありました。
私たちも強制という形でないのなら、こうしたい、ああしたいという思いは個人個人もっています。来年度はそれを、出し合って実現する方向でがんばっていきたいと思います。
ところで、市長・理事長ともに先日から「宮崎のNPOを視察に」といっているので、来年度宮崎に視察にくるかもしれません(理事だけかもしれませんが)。その時は、よろしくお願いします。
今回、色々勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by:つるりん  at 2008年02月13日(Wed) 21:45
 つるりん 様

 私の話を使っていただいてもかまいませんが、
気になるのは、今日の面接は、
NPOの理事と会員の面接ではなく、
雇用者と従業員の面接ということ。
定款の問題ではなく、雇用条件の問題だと思います。

 NPO法の所轄庁ではなく、労働基準監督署から
おとがめがありそうな気がします。
Posted by:せとぽん  at 2008年02月13日(Wed) 08:05
せとぽん様

ありがとうございます。しかし、残念ながら私たち宮崎県内のものではありません…。県内のNPOボランティアセンターに問い合わせてみます。
明日はカウンター従事者と理事長、副理事長との個人面談があります。何を言われるものか不安ではありますが、理事長たちの意見に反論できるように資料を準備しました。
とりあえず、定款から、目的・活動・事業をぬきだし、現在やっていることとどう違うのか、理事が私たちに「何もしていない」というだけの根拠がどこにあるのか→定款にあるのは日常の図書館業務ですることばかりです。
理事と正会員の位置づけ。定款から正会員の項目と理事の選任のところを抜き出して、理事は正会員の中から選任するということを言う。→立場の違いなんてないのでは?
一年間の勤務状態を表にし、休日にNPO活動をーというのが現実的にできる状態なのかを考えてもらう。
これに、せとぽん様からの意見を「県外のNPOに詳しいかたに聞いたところ…」と使っていいですか?
Posted by:つるりん  at 2008年02月12日(Tue) 08:15
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ