CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
「ひきこもり」の家族支援のQ&A [2009年04月19日(Sun)]
 去年は、4月18日に募集が始まった「県民との協働」推進
提案公募型事業は、宮崎県が実施するNPO提案公募型事業です。

 宮崎県では、平成18年度から、NPO提案公募型事業がスタート
しました。当時は、「NPOパートナーシップ創造事業」でしたが、
平成18年度の事業実績報告は、県のホームページで公表されています。

 若者自立支援施設設置・運営事業は、宮崎県内に若者自立
支援施設を設置するという事業でしたが、見事に、翌年度、
厚生労働省の事業指定につながりました。

 「ひきこもり」の支援についての相談機関などの社会的資源が
少なかった宮崎県に住む「ひきこもり」の家族にとって、
NPO法人として、継続的な事業に取り組む存在は、心の支えになりました。

 そんな家族の心の変化が、「ひきこもり」当事者に伝わり、
本人の新しい行動が始まったケースもあります。

 宮崎県内でも、親の会や訪問診療をしてくれる精神科医は
いたのですが、「そこしかない」と、どうしても、家族が、「すがる」
感じになって、本人に、プレッシャーを与えてしまうことも
あります。

 NPO法人フロンティア会は、3ヶ月間の宿泊研修を行う
「若者自立塾」のほか、相談・訪問支援事業も実施しています。

 NHKのドラマで放映された「スロースタート」(レンタルお姉さん
みたいなことです。家族だけで問題を抱え込んでしまった家庭に、
劇的な変化をもたらすこともあるようです。

 あなたのまわりで、もしかしたら…という家族の方に
気づかれたら、まずは、NPO法人のホームページに
よくある質問Q&A」があることを、知らせてあげてください。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ