CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
「チーム療育」と保護者の関わり [2009年03月31日(Tue)]
 ゆとりすとブログに、3月20日の「ケアするひとをケアする」
イベントの報告が掲載されています。

 福岡県小郡市の社会福祉法人こぐま学園
理事長 大熊 猛氏の話の中で

「チーム療育」「保護者の絶対的なかかわり」

という言葉が、特に印象的だったとのこと。

 こぐま学園には、総勢100余名の人員がいて、

大野城市などの行政が開設した療育センターに
スタッフが出向いて療育に携わっている。


と紹介されています。

 鬚爺は、宮崎との違いを嘆いていましたが、
私は、行政の人間として、前例があるなら
可能性はゼロじゃないと思いました。

 民間団体と教育機関と行政の協働事業として、
企画してみる価値があると思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント


せとぽん さぁ〜ん(^o^)丿

こんばんは。
了解しました。

メールがあり次第にご連絡を
差し上げまぁ〜す(^_^)v

その前に、登録しているメールアドレスは
あまりにもジャンクメールが多いために、
一時閉鎖しているので、

新しいメールアドレスを連絡しておきます。

ZZZ
Posted by:髭爺  at 2009年04月01日(Wed) 00:10
 髭爺 様

 平成20年度は、4月18日に、
「県民との協働」提案公募型事業の公募が始まりました。

 県からのメールでの連絡を希望したNPO法人には、
直接、募集案内のメールが届くはずです。
気がついたら、私にも、連絡してくださいね。 
Posted by:せとぽん  at 2009年03月31日(Tue) 22:57

せとぼん さぁ〜ん(^o^)丿

早速の突っ込みありがとうございます。

確かに嘆いていますが、
現時点の状況に対してであって、
可能性がゼロだなんてこれっぽっちも
考えていませんよぉ〜〜びっくり

それだからこそ、
何とかしなければと動いているのでは
ないですかびっくりびっくり

可能性がないのならば、
あのような企画ごとすらしないと
おもいますよぉ〜〜(^o^)丿




Posted by:髭爺  at 2009年03月31日(Tue) 13:21
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ