CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
障害者差別 事例 (病院等) [2017年01月19日(Thu)]
横浜市は、28年4月の「障害を理由とする差別の解消
の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行に向けて、
27年1月26日から2月28日まで、障害者差別に関する事例を
募集し、寄せられた全ての事例を市ホームページ等で公表しました。

 障害者差別を受けたと思った事例、適切な配慮がなくて
困った事例など(差別を受けたと思ったこと、嫌な思いを
したこと、適切な配慮がなくて困ったこと、又はそれらを
見かけたこと)を、11の場面別に整理しています。

「障害者差別に関する事例の募集」の実施結果(横浜市)

 「病院等」の場面で、精神障害の当事者等の応募で
気になった9つの事例を掲載します。

@医師に病状を聞いたら、声をひそめ「本人に聞こえますよ」
 と言われて何だろうと不審に思った。そのときは病名を言わ
 れず「長くかかりますよ」とだけ告げられた。近くの医療
 機関に変わったら、前の先生と同じく“統合失調症”ですと
 言われ、非常にショックでした。医師の中にも、この病気に
 対する偏見を感じた。

A悩み事、相談事が多くて診療時間が長くなると(それでも
 5分以内)、先生が貧乏ゆすりをして無言の圧力、嫌悪感を
 示す。

B生活保護を受けている方で、なおかつ精神障害者手帳を持って
 いる方が、精神科専門の病院のディケアルームの担当の職員
 さん方から、斜めの目で見られつつあり、いい加減嫌気が
 さしてきています。

C保護室での生活は人間の尊厳を踏みにじるものであり、非常に
 辛い。自傷他害の恐れありとはいえ、他に方法があるはず!

D入院時。手足拘束、施錠、面会時の柵越しの対面。安全を考え
 てのことなのだろうが、ここまでしなければいけないのか。
 本人は恐怖でいっぱい、親もその状況を目にし、衝撃。耐える
 のみで仕方がないことなのでしょうか。多剤服薬、しばらく
 して副作用なのか本来の本人の姿とは別人になってしまい、
 その姿が当たり前になってしまった現実、恐ろしい。

E精神科入院病棟では、一般病棟の1/3、看護師は半数の配置
 でよいとされている。明らかに精神障害者に対する医療制度
 上の差別である。

F精神障害者であることが分かると、それを理由に他科の病院
 で身体疾患の治療を拒否されることがある。

G夜間や休日に急激に発症したり症状が悪化したりした場合に、
 緊急の往診や入院に対応する医療機関が見つからない。

H原因不明の身体的不調があまりにひどかったので、救急病院に
 行ったときに、精神科の薬を飲んでいることを伝えた途端に
 受診拒否されてしまった。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ