CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
障害者差別 事例 (お店など) [2017年01月18日(Wed)]
横浜市は、28年4月の「障害を理由とする差別の解消
の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行に向けて、
27年1月26日から2月28日まで、障害者差別に関する事例を
募集し、寄せられた全ての事例を市ホームページ等で公表しました。

 障害者差別を受けたと思った事例、適切な配慮がなくて
困った事例など(差別を受けたと思ったこと、嫌な思いを
したこと、適切な配慮がなくて困ったこと、又はそれらを
見かけたこと)を、11の場面別に整理しています。

「障害者差別に関する事例の募集」の実施結果(横浜市)

 「お店など」の場面で、精神障害の当事者等の応募で
気になった9つの事例を掲載します。

@アパート探しをしていたとき、気に入ったアパートに申し
 込みました。「精神障害」と書類に書いたら何の連絡も
 よこさずに「NO」となりました。不動産屋にも親にも
 私にも一切連絡は入らず、不動産屋の方が確認した返事でした。

Aアパートを契約する際の確認が、親兄弟に対して。職場までも
 病気の詳しい症状、過去のことまでも電話で厳しい問合せが
 あった。退院して充分アパートでの生活が可能と医師が診断
 していることを全く理解していない住宅保険会社がありました。

B生命保険等に加入を希望したが、統合失調症の方は加入でき
 ないと断られた。

Cアパートを借りるとき、不動産屋さんを10軒以上回ったが、
 精神障害者と言うと物件を紹介してもらえず大変苦労した。
 1軒古いアパートを紹介してくれて入居できた。

Dグループホームを通過して、沿線でアパートを借りようと
 したとき、11軒不動産屋を回り、9軒で物件がないと言わ
 れた。店の扉などにはアパート物件が貼り付けてあったが
 ないと言われた。あると言われた2軒の不動産屋でもオーナー
 から断られ、1軒でようやく古いアパートが借りられた。

E当事者が一人暮らしのために、病気をオープンにして近くの
 不動産屋で物件(アパート)を仮契約したが、最終的に大家
 の許可が下りず、入居できなかった。

F退院後、行きつけの美容室で整髪し、そのとき自分の病気の
 話をした。次回予約に行った際、断られた。病気の説明をし、
 抗議したところ、謝られ整髪してもらった。

G美容院。たくさんの中にいることが苦手なので、事前に電話
 して精神科に通っているので配慮してほしいと伝えたら、
 ハサミを扱っているので精神科に通っている方はお断りします
 と言われた。

H独り暮らしをしようとアパートを探したら、不動産屋に「自殺
 されると困る」と言われ断られた。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ