CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
障害者差別 事例(地域) [2017年01月18日(Wed)]
横浜市は、28年4月の「障害を理由とする差別の解消
の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行に向けて、
27年1月26日から2月28日まで、障害者差別に関する事例を
募集し、寄せられた全ての事例を市ホームページ等で公表しました。

 障害者差別を受けたと思った事例、適切な配慮がなくて
困った事例など(差別を受けたと思ったこと、嫌な思いを
したこと、適切な配慮がなくて困ったこと、又はそれらを
見かけたこと)を、11の場面別に整理しています。

「障害者差別に関する事例の募集」の実施結果(横浜市)

 地域の場面で、精神障害の当事者等の応募で、
気になった7つの事例を掲載します。

@市内の消防団に加入したいと思ったところ、病気を理由に
 断られた。病気が回復したと伝えても病歴を理由に断られた。

A守秘義務のある民生委員の方が「あの人は知られたくない病気
 なのよ」など言うのを聞いて、民生委員の方や自治会の役員の
 方々も知っているのではと疑念を持った。せめて民生委員の方
 には精神の勉強と個人情報のことをもっと深く考えてほしい。

B福祉サービス活動のため部屋を借りたが、周囲の反対で使用の
 開始が数か月遅れた。そのため役員たちが家賃の立替をしな
 ければならなかった。

C「ああいうの(精神疾患の人)が住んでいると、マンションや
 土地の値が下がる。迷惑、疫病神」などという言葉もよく耳に
 します。身内、親戚から「身内に精神疾患がいると結婚や就職
 の妨げになる」、「親類中のお荷物だ」と言われる。

Dグループホームの反対運動に関して、ウェブサイトに差別に
 関する文章が掲載された。

E健常者たちのサークル活動に参加したことがあります。何も
 知らない健常者の人が特に意地悪でした。笑いながら「年金
 もらっている精神障害者でーす!」と言われ、今でもトラウマ
 が残っています。

Fボランティア活動で知り合いになった方と付き合ったりして
 いたのですが、私はその人に親切に接していて、サークルの
 情報などを教えていました。ですが、その人は、裏では私の
 ことを馬鹿にして差別と偏見の目で見ていました。バスで一
 緒のときに、他の友達に「あの人、精神疾患よ」とみんなに
 聞こえるように言っていました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ