CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
生活保護の先にあるもの [2016年06月04日(Sat)]
2008年末に「年越し派遣村」の村長になった湯浅誠氏
(元内閣府参与)の2008年3月10日収録のインタビュー
が、NHK福祉ポータルサイトで閲覧終了になったので、
記録として残すために、ブログに掲載します。

【生活保護の先にあるもの】

生活が成り立たなくなった人が持つ権利として、生活保護は
受けてよい。しかし本当に大事なのは、そこからの「回復」
である。受け止めるだけのセーフティー「ネット」ではなく、
もう一度バネの力を得させて復帰させることのできる
「トランポリン」のような社会が今求められている、
と湯浅さんは語ります。

――もやいは連帯保証人になるということですが、生活保護
受給者が失踪した場合は、当然連帯保証人に責任がかかって
くるわけです。リスクはどうなのですか?

この活動を始める前は、絶対うまくいかないから止めておけ
とさんざん言われましたし、私も10%くらいは覚悟が必要と
思っていました。ですが、実際始めてみて、今1400世帯の人
に保証人提供しているのですが、トラブルは5%です。

95%の人は保証人に面倒をかけることもなくアパート生活を
されている。ですからアパート生活をしたくないとかできない
と言うことではなく、できるのです。社会がサポートして
こなかっただけなのです。

――生活困窮者へのサポートとして、生活保護は第一ステップ
としてあって、その後はどういう社会復帰のプロセスになって
いくのですか?

基本的には生活保護から抜けて、自ら収入を得る方法を模索し
ますよね。しかしそれは、生活保護を受けるまでがどういう
状態だったかによって、道のりも変わってきます。

ずっと大丈夫で、少し生活が落ち込んだだけの人はすぐに社会
復帰することもできるでしょう。しかし、その前の過程でいろ
いろなことがあって、落ち込みが深くなってしまっている人の
場合は、復帰までのプロセスも長くなります。

ですから生活保護から抜けるのに時間がどれくらいかかるかは、
人によって違ってきます。たとえば、19歳の男の子が生活保護
を受けることになったのですが、彼は高校に行っていなかった
ので、夜間の定時制の高校に通いたいということで、今、定時制
の試験を受けています。そういう場合は、定時制の高校を出る
までは生活保護で、ということになります。

このように学歴やスキルを身につけることもそうだし、他には
メンタルな部分の回復ですね。病気を持っていたり虐待を受けて
育ってきた人は、いろいろ困難を抱えているので、生活保護を
受けた翌日から24時間戦えますか、と言えばそうではなく、
ある程度時間をかけていかないといけない。その意味で、実は、
生活保護を受けた後のプロセスをいかにスムーズにもっていける
かに力を注がないといけないわけですが、それがまだなかなか
できていないのが現状です。

イギリスでは生活保護をセーフティー「ネット」ではなく
セーフティー「トランポリン」と位置づけているそうです。

受け止めるだけはなくて、そこからバネの力をその人に得させて
社会へと帰していかなくてはいけない。日本の場合、そういう
運用がまだできていない点が問題だと思います。

――生活的に自立できるようになって、もう生活保護は受け
なくて良いという判断は誰がするのですか?

基本、福祉事務所のケースワーカーが行います。その人の状態を
見ながら、ケースワークをやっていく。これが生活保護制度が
指定しているやり方なのですが、さっき言ったように、ひとりの
ケースワーカーがキャパシティ以上に抱えてしまうと、そういう
ことができない。だからこれは悪循環になっている向きがあります。

――生活保護を受けないとやっていけないんじゃないかという
人たちへメッセージをお願いします。

生活保護を受けることを、あまり恥ずかしいとは思わないでほしい
ということですね。偏見が強い制度ですが、収入が足りない時に
ちょっと利用して抜けることもありだと思います。

失業手当をもらうのに抵抗感がある人ってあまりいないですよね。
それと変わらないと思って利用してもらいたい。それが憲法25条に
書かれた「生存権保証」、健康で文化的な最低限度の生活が保証
されるという、国民の権利だと思っていますから。

(2008年3月10日 インタビュー収録)

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ