CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
募集締切で終わらない 差別解消 [2016年01月13日(Wed)]
 パブコメの募集が終わったら、条例(案)がホームページから
消えた。そんな自治体に、違和感を感じていました。

 横浜市は、障害者差別解消法が施行される1年以上前に、
差別事例を募集し、寄せられた全ての事例を公表しています。

 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者
 差別解消法)が、平成25年6月に制定され、平成28年4月
 に施行となります。この法律は、民間事業者や行政機関を
 対象に、障害を理由とする不当な差別的取扱いの禁止や、
 障害のある方への配慮の実施(合理的配慮の提供)などを
 定めています。また、国民の責務として、障害を理由とする
 差別の解消の推進に努めなければならないことを定めています。
 そこで横浜市では、今回、法律の施行に向けて、「どのような
 ことが障害者差別になりうるのか」、また、「障害のある方に
 とってどのような配慮が必要なのか」を多くの方々に知って
 いただき、みんなで考えていくために、障害者差別を受けたと
 思った事例や、障害のある方への配慮に関する事例などを広く
 募集することにしました。
寄せられた事例は、障害者差別解消の今後の具体的な取組の
 検討資料にもさせていただきます。これまでに経験したこと
 や、見かけたことなどの事例をお寄せください。ご協力を
 お願いします。


 ☆「障害者差別に関する事例の募集」の実施結果

月曜日に、宮崎市で行われたタウンミーティングに参加する
まで、私は、事例募集の意味を理解していませんでした。
ミーティングでグループワークが始まった時も、事例の重さに
気づきませんでした。

 私たちのグループは、最初の事例に多くの時間を費やしまし
た。途中でわかったのですが、その事例は、グループの当事者
も体験したことでした。

 法律には抜け穴があります。民間企業の合理的配慮は、努力
義務です。法に実効性を持たせるためには、差別解消を地域の
文化にする必要があります。

 目の前の差別が解消されなければ、法律は無意味だと思いま
す。各県が条例を制定する意味は、法律だけでは実現できない
共生社会を、地域で現実のものにするためです。

 条例は、議会で審議されます。募集が終わってすぐ、条例の
骨子案をホームページから消してしまった自治体は、法律の実効
性を持たせるために条例を制定しようとする意志がないので
しょうか。

 いくら予算がなくても、他県の半分以下のスタッフしかいなく
ても、あきらめたら終わりです。当事者が参画する組み立てを
考えれば、できることはあります。

 パブコメの募集終了で、終わりにしない責任は、住民にもあり
ます。私も、住民のひとりとして、これから行動します。 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ