CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
統合失調症 薬の上手な減量 [2015年06月14日(Sun)]
 6月12日の西日本新聞の「元気日和」に、統合失調症の
薬の適量について、違う種類の薬を合算する換算法を活用し、
医者と対話しながら自分の薬の適量を探ろうと提案している
医師やNPOの活動が紹介されています。

 統合失調症は、幻覚や妄想といった症状を伴う精神疾患で、
症状を抑える抗精神病薬の服用が、治療の重要な柱です。

 欧米では、薬は1剤が基本ですが、日本では、入院患者の
42%、外来患者の19%が3剤以上の処方を受けている
という調査もあります。多剤併用は薬の量も多くなりやすく、
薬の反作用(副作用)も心配です。

 服薬管理の大切さは、松本ハウスさんの講演を聞くと、
よくわかります。

 ☆「統合失調症がやってきた」に行ってきた

 「患者の側からのも薬の上手な減量を考えよう」と啓発して
いるのは、NPO法人「地域精神保健福祉機構(略称コンボ)」
です。

 一日の薬の目安量を計算できる換算表を、ホームページで
公開しています。

 ☆薬の量を計算してみましょう(CP換算値)

 コンボ共同代表の伊藤医師は、CP換算は、患者が
自分の薬の内容や量を知り、医療者と対話するのに
有効なツール、活用してほしいと語っています。

☆元気日和(西日本新聞)
https://www.dropbox.com/s/6sthuh0y9eqa1pm/%E8%96%AC%E3%81%AE%E9%81%A9%E9%87%8F%E3%80%80%E5%8A%B9%E3%81%8D%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%8F%9B%E7%AE%97%E8%A1%A8.pdf?dl=0
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ