CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
「イスラム国」日本が選択すべきもの [2015年02月15日(Sun)]
 2月15日の西日本新聞の「提論 明日へ」は、
姜尚中さんの「イスラム国」です。

 ☆西日本新聞 「提論 明日へ」

 力によるイスラム国の消滅は可能だろうか。
 結論から言えば、それは不可能だ。模造である
 彼らに対する恐怖は、テロとそれに対する報復、
 そしてテロの連鎖を通じて限りなく増殖し続ける
 からだ。


 姜氏は、イスラム国を、米国をはじめとする西側
諸国の暴力的な部分の模造と言います。

 高校の世界史の時間に、第2次世界大戦で、ユダヤ人
にイスラエル国家の建設を約束し、イスラムの領土を
奪ったから、イスラム問題が起きたという話を聞きました。
(教科書に載っていない話だと思います。)

 では、何が日本の選択であるべきか。
 ペシャワール会がアフガニスタンで実施してきたような、
 生命と大地と水を主題にした大規模な人道・復興支援を
 政府が率先することである。
 日本の立ち位置をそこに定めてイスラム国に向き合う
 しか道はないと確認すべきだ。

 それは日本が、イラク戦争の失敗に学ばず、さらに力に
 よる殲滅へ前のめりになる米国と、ハッキリ異なる姿勢
 を取ることを意味する。


 「日本が選択すべきもの」は、NGOが実践し続けている
ことだと、私も思います。
 
 

 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ