CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
場所、人、ケアを変えない「小規模多機能居宅介護」 [2015年01月17日(Sat)]
 1月15日の西日本新聞の「結んでひらいて」欄に、
「小規模多機能」の居宅介護が紹介されていました。

 「小規模多機能」は、介護保険を使って利用できる
地域密着型サービスです。

 一つの建物(事業所)の中から「訪問」「通い」「宿泊」
という三つの機能を、一体的に提供できる強みを持っています。

 根底には、「場所を変えない」「人を変えない」「ケアを
変えない」という三つの「変えない」へのこだわりがあります。

 認知症の方がショートステイを利用するたびに、おかしく
なって帰ってくる。記憶が曖昧な中、「なぜ自分がここにいる
のか」「目の前のこの人は一体誰なのか」「なんで自分がここに
寝泊まりしなくてはならないのか」という漠然とした不安が
あり、認知症を悪化させる強いストレスの引き金になります。

 通いなれた場所に宿泊できる宅老所の実践をモデルに制度設計
され、さらに「訪問」の機能を加え、顔なじみのスタッフが自宅
に赴き、日々の暮らしをサポートします。

 介護事業所内だけで利用者の生活を完結させるのではなく、
自宅や地域の中で、安心して過ごせる時間が増えるように
チャレンジする仕組みになっています。

 私が、宮崎市内で見学させてもらった事業所では、
デイサービスに行くのをいやがる認知症の方が、
ボランティアという理由で来られ、スタッフと一緒に、
花の水やりをされていました。
おだやかな雰囲気が、とてもいいなと思いました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ