CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
受動喫煙ゼロの おもてなし [2014年11月17日(Mon)]
 11月15日の西日本新聞の社説の見出しは、
「受動喫煙対策 法規制を論議する好機だ」でした。

 ☆西日本新聞 社説

 受動喫煙の対策が2020年に五輪・パラリンピック
を開催する東京都の大きな「宿題」となっています。
世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会
(IOC)が「健康なライフスタイルに関する協定」
を結び、開催都市に対策推進を求めているからです。

 東京五輪を契機に受動喫煙の法規制を実現しようと、
超党派の国会議員連盟が設立されました。
国民の健康増進や医療費削減につながる点も強調する
ようです。

 海外では禁煙を公共施設から職場へと広げ、最終的
には飲食店も従業員には職場であるとの考え方から
禁煙が実現した例もあります。

 日本では健康増進法に受動喫煙防止が盛り込まれて
いますが、公共施設などでの努力目標にすぎません。
東京五輪の開催は、法規制の在り方を論議する好機。
東京だけの問題にしないで、国民的な論議を深めて
いきたいとうのが社説のはしめくくりです。

 このブログでは「受動喫煙ゼロ」の記事の目次を
つくっています。

 ☆【目次】受動喫煙ゼロ

 全面禁煙の飲食店の紹介の記事が多い
のですが、逆にならないかなと思います。

 まだ全面禁煙を実現できていないので、
受動喫煙のおそれがある。喫煙される方は、
できるだけの配慮を… という記事です。

 宮崎県には、受動喫煙防止キャンペーン
サイトがあります。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーン

 今、できることを続けることも大事です。
私は、近所のスーパーの喫煙コーナーの移動で、
ひとり受動喫煙防止キャンペーンに取り組みました。

 ☆「お客様の声」が届いた
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ