CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
王会長の心配り [2012年10月10日(Wed)]
10月9日の西日本新聞で紹介されていました。
ホークスの小久保選手の引退セレモニーの記事です。

 「泣かないと思ってたんだけどな」。試合後の引退
セレモニー。盟友の松中を皮切りに秋山監督、師と仰ぐ
王会長から花束を受け取ると、せきを切ったように涙が
あふれた。

「王会長に『人生はまだ半分。これからもっともっと野球界
のために頑張ってほしい』と言われてね」

 涙はあの時以来だった。王会長に今季限りの引退を告げた
8月14日。号泣し、王会長から差し出された白いハンカチで
拭った。

驚いたのは王会長が二つハンカチを持っていたことだ。「常に
相手を思う心配りの表われ」に感動した。
引退後は自らも「ハンカチ二つ」を実践すると決めている。


 実は私、直接、王選手の心配りを受けたことがあります。

 35年以上前の話になりますが、3人兄弟の末っ子の大学
入学式に参加するために、父は上京しました。

 宮崎で飲食業を営んでいた父は、巨人軍のキャンプの賄いを、
公的にも私的にも担当していました。

 台湾生まれの父は、特に、王選手を支援していました。宮崎
限定の親交が父のスタイルでしたが、唯一の例外として、末っ子
の私の大学入学の時、東京で、王選手と会いました。

 六本木のステーキハウスで、王選手からご馳走していただいた
のですが、王選手の隣に座った19歳の私は、固まっていまし
た。当時は、宮崎には、目の前でステーキを焼いてくれる店は
ありませんでした。

 テーブルに並んだタレや薬味をみても、私は、どうしていいか
わかりませんでした。その時、王選手が、「これ、どうやって
食べるの」と聞いたのです。私は、やっと、箸を動かすことが
できました。

 食事が終わってから、ようやく気づきました。会計をすませて
いる王選手が、この店の作法を知らないはずがありません。
私のために、しかも、私が恥ずかしくないように、代わりに質問
して、やってみせてくれたのです。

 若い時に、そういう経験をしていながら、小久保選手のように
自分もハンカチを2枚持つようにしようとは思わなかった
私ですが、これから、考えてみようと思います。

 田中康文さんの講座に、2回続けて参加して、「私ごと」を、
「他人ごと」とつないで、「自分たちごと」にするために、必要
な心配りだと思いました。
 
 ☆「みやざきつながり」で宮崎のNPOへの寄付を東京で集めた講師

 もう一度、NPOに関わる可能性は低いかもしれませんが、
まだ、終わってはいません。プロボノを目指す可能性もあります。

 ☆プロボノから生まれる「新しい公共」

 人生を、学びなおしていきたいと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ